gooリサーチ結果 (No.193)「住民満足度に関する調査結果」発表 ~暮らしやすさ、地域への愛着、今後の定住意向について 最も高いのは北海道地方、最も低いのは北関東地方。 また、市区役所・町村役場の満足度は北関東地方に次いで北海道地方~


平成22年11月11日

報道発表資料

NTTレゾナント株式会社

gooリサーチ結果 (No.193)
「住民満足度に関する調査結果」発表

~ 暮らしやすさ・地域への愛着・今後の定住意向について、
最も高いのは北海道地方、最も低いのは北関東地方~

インターネットアンケート・サービス「gooリサーチ」(*1)を提供するNTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中嶋孝夫)は、「gooリサーチ」の登録モニターの中から国内在住の20歳以上の男女を対象に「住民満足度」に関する調査を実施しました。有効回答者数は1,855名でした。

今回の調査は、現在住んでいる地域の市区町村役場窓口やホームページに対する満足度、インフラ等個々の施設・サービスに対する満足度、そして今後の定住意向やその地域への愛着等を、地域・年代・性別に明らかにすることを目的として実施しました。
■総括

調査の結果、「地域に対する満足度が最も高い地域」は南関東地方(埼玉、東京、千葉、神奈川)であり、以下、北海道地方、近畿地方と続いている。一方、「最も満足度が低い地域」は北関東地方(茨城、栃木、群馬)となった。「暮らしやすさ」「地域への愛着」「今後の定住意向」に関しては、最も高い地域は、北海道地方であり、最も低い地域は、満足度同様に北関東地方であった。

また、満足度向上に向けた最重要改善項目を探ったところ、「経済活動の振興」「出産・子育てしやすい環境」「高齢者の福祉」「医療の充実」といった項目が抽出された。
■調査結果のポイント

(1)市区役所、町村役場の窓口担当者に対する満足度は半数以下

「役所・役場の窓口担当者に対する満足度」は、全体でみると満足(「満足」+「どちらかといえば満足」の合計)が43.9%、不満(「不満」+「どちらかといえば不満」の合計)が16.1%であった。地域・性別でみると大きな差異は見られなかったものの、年代別にみると年代が上昇するにつれ、満足度が高くなる傾向にあり、60代以上は20~30代に比べて約20ポイント高い、65.9%であった。

(2)市区町村のホームページの閲覧頻度は南関東地方で高く、沖縄地方で低い

「現在住んでいる市区町村のホームページの閲覧頻度」を尋ねたところ、地域別にみると、半年に数回程度以上の閲覧者は、唯一南関東地方だけが半数を超えており53.2%であった。他の地域は概ね4割程度であったが、沖縄地方は3割を切っていた。また、「ホームページの満足度」について尋ねたところ、閲覧頻度と同様に南関東地方が最も高く、沖縄地方が最も低かった。

(3)暮らしやすさ・地域への愛着とも、北海道地方が最も高く、北関東地方が最も低い

「現在住んでいる地域の暮らしやすさ」を尋ねたところ、北海道地方が最も高く77.7%、次いで南関東地方、九州地方となった。最も低いのは北関東地方であり、トップの北海道地方より20ポイント以上低い57.3%であった。一方、「住んでいる地域への愛着」は、暮らしやすさ同様に北海道地方が最も高く75.6%、次いで南関東地方、東北地方と続いている。最も低い地域は北関東地方であり、54.6%と唯一6割を切っている。

(4)今後の定住意向は56.2%、最も高いのは北海道地方、最も低いのは北関東地方

「今後の定住意向」について尋ねたところ、全体では、「今の地域に住み続けたい」と回答した者が56.2%と半数を超えている。地域別にみると、「暮らしやすさ」「愛着」でトップであった北海道地方が最も高く63.6%となっていた。以下、近畿地方、中国・四国地方、東海地方、南関東地方と続いている。一方、最も低い地域は北関東地方であった。

(5)満足度向上に向けた最重要改善項目は「産業・サービス業による経済活動の振興」

「現在住んでいる地域に対する満足度」を尋ねたところ、全体では、約半数が満足、約2割が不満と答えている。地域別にみると、南関東地方が最も高く約6割、次いで北海道地方、近畿地方となっている。最も低い地域は、北関東地方であり36.8%であった。また、満足度向上に向けた最重要改善項目を探ったところ、「産業・サービス業による経済活動の振興」「出産・子育てしやすい環境」「高齢者の福祉」「医療の充実」といった項目が上位に挙がった。
■調査概要

1. 調査対象     : 「gooリサーチ」登録モニター

2. 調査方法     : 非公開型インターネットアンケート

3. 調査期間     : 平成22年9月30日~平成22年10月5日

4. 有効回答者数 : 1,855名

5. 回答者の属性 : 下記の属性を元に10×3×2=60セグに28~33名ずつ

【地域(*2)】北海道、東北、北関東、南関東、北陸・甲信越、東海、近畿、

中国・四国、九州、沖縄の10セグメント

【年代】20~30代、40~50代、60代以上の3セグメント

【性別】男女の2セグメント


(*2)本調査での地域区分は以下の通り

北海道地方:    北海道

東北地方:     青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県

北関東地方:    茨城県、栃木県、群馬県

南関東地方:    埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県

北陸・甲信越地方:新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県、山梨県

東海地方:     静岡県、岐阜県、愛知県、三重県

近畿地方:     滋賀県、京都府、兵庫県、大阪府、和歌山県、奈良県

中国・四国地方:  岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県、香川県、愛媛県、高知県、徳島県

九州地方:     福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県

沖縄地方:     沖縄県
■調査結果データ

※以下をご参照下さい。

gooリサーチ結果 (No.193)「住民満足度に関する調査結果」発表

≪補足≫


(*1)【 gooリサーチ 】http://research.goo.ne.jp/

ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントが企画・実査・集計を行う、高品質で付加価値の高いインターネットリサーチ・サービスです。

キーパーソンのビジネスマンを中心とする「gooリサーチ・ビジネス」モニター(8.4万人)、携帯電話でアンケートに答える 「gooリサーチ・モバイル」モニター (12.7万人)、団塊世代・シニア層、ならびに若年層を中心とした郵送調査手法で回答する「郵送調査専属モニター」(3.5万人)を含め、総計499万人の登録モニターを擁し、消費者向け調査から、法人向け調査、グループインタビューまで、様々な市場調査ニーズに対応しています。

(モニターの人数は2010年10月現在)

 

以上

 

 

<本発表資料に関するお問合せ先>

NTTレゾナント株式会社 広報担当

E-mail:pr@nttr.co.jp

<gooリサーチに関するお問合せ先>

NTTレゾナント株式会社 ビジネスプラットフォーム事業部 リサーチ部門

E-mail:research@goo.ne.jp

 

ページTOP

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス