gooリサーチ結果 (No.195)お米と食生活に関するアンケート ~外食の回数減少から、1年前に比べてお米を食べる機会は増加傾向に。一方で、お米の「品種」や「生産地」に特にこだわりを持たない人が半数。~


平成22年12月14日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社

gooリサーチ結果 (No.195)
お米と食生活に関するアンケート

~外食の回数減少から、1年前に比べてお米を食べる機会は増加傾向に。
一方で、お米の「品種」や「生産地」に特にこだわりを持たない人が半数。~

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中嶋 孝夫)が運営するインターネットアンケートサービス「gooリサーチ」(*1)は、全国の男女を対象に、
食生活に関する調査を実施しました。有効回答者数は1295名でした。

■調査結果について

<調査概要>

1. 調査対象     : 「gooリサーチ」登録モニター
2. 調査方法     : 非公開型インターネットアンケート
3. 調査期間     : 平成22年11月15日(月)~平成22年11月18日(木)
4. 有効回答者数  : 1,295名
5. 回答者の属性  :
20101214research_png

■調査結果のポイント

(1)夕食の主食は「ごはん(お米)」が約9割。一食あたりのごはん(お米)を食べる平均的な量は「ちゃ椀一杯(150グラム)程度」が7割を超える。

(2)1年前に比べてごはん(お米)を食べる機会が増えた人(16.1ポイント)が、減った人(12.3ポイント)を超える。
ごはん(お米)を食べる機会が、増えた理由の1位は「家で食事をする時間が増えたため」、減った理由の1位は「ダイエット(減量)のため」。

(3)最も気に入っているお米の品種の1位は「コシヒカリ」、生産地の1位は「新潟県」。一方で、「特にこだわりはない」も半数近く。

(4)インターネットでの購入経験が最も高い食料品は「スイーツ」。直近1年以内での購入頻度の高さは「飲料」が1位。

■調査結果データ

※以下をご参照下さい。
gooリサーチ結果 (No.195) お米と食生活に関するアンケート

≪補足≫

(*1)【 gooリサーチ 】http://research.goo.ne.jp/
ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントが企画・実査・集計を行う、高品質で付加価値の高いインターネットリサーチ・サービスです。
キーパーソンのビジネスマンを中心とする「gooリサーチ・ビジネス」モニター(8.4万人)、携帯電話でアンケートに答える 「gooリサーチ・モバイル」モニター (12.7万人)、
団塊世代・シニア層、ならびに若年層を中心とした郵送調査手法で回答する「郵送調査専属モニター」(3.5万人)を含め、総計505万人の登録モニターを擁し、
消費者向け調査から、法人向け調査、グループインタビューまで、様々な市場調査ニーズに対応しています。
(モニターの人数は2010年12月現在)

以上
<本調査に関するお問合せ先>
NTTレゾナント株式会社 広報担当
E-mail:pr@nttr.co.jp<gooリサーチに関するお問合せ先>
NTTレゾナント株式会社 リサーチ部門
E-mail:research@goo.ne.jp
ページTOP

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス