2010年を振り返るランキング!gooランキングにて、「2010年ドラマ特集」を発表


平成22年12月24日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社
2010年を振り返るランキング!
gooランキングにて、「2010年ドラマ特集」を発表

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中嶋孝夫)が提供する「gooランキング」は2010年12月1日に発表した「2010年間ランキング」内の「テーマ別特集」にて、本日、「2010年ドラマ特集」を発表します。

20101224ranking

<2010年は『ゲゲゲ』で決まり!>

検索数1位を獲得したのは『ゲゲゲの女房』でした。漫画家水木しげるの妻・武良布枝の自伝を元に制作されたNHKの連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』は、放送を重ねるごとに人気が高まり一躍ブームに。最終回の平均視聴率は23.6%と非常に高い数値を記録したそうですが、検索数も視聴率同様、最終回が放送された9月にピークを記録しています。
注目すべきは、『ゲゲゲの女房』と共に今年大ブレイクを果たした俳優・向井理の検索数。『ゲゲゲの女房』以外にもドラマでは『ホタルノヒカリ2』、さらに映画『ハナミズキ』『BECK』など人気作品の多くに出演した向井理は、2010年最も話題を集めた俳優と言っても言い過ぎではないはず。
彼の検索数は『ハナミズキ』が公開された8月に最高値を記録し、その後いったん落ち着きを見せてはいますが、来年も大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』への出演や『Paradise Kiss』の公開が決まっており、今年同様各方面から引っ張りだこの年になりそうです。
(gooランキング コメントより)

■検索キーワード推移グラフ

今年注目された「ゲゲゲの女房」「龍馬伝」「ホタルノヒカリ2」「泣かないと決めた日」「向井理」「松下奈緒」「福山雅治」の検索キーワード推移グラフ

20101224graph

<夜ドラに負けてない「昼ドラ」>

ドラマの検索数ランキングには民放ドラマから『ホタルノヒカリ2』や『泣かないと決めた日』が上位にランク・インする中、昼ドラ枠で大健闘したのが『娼婦と淑女』。『真珠夫人』や『牡丹と薔薇』などでおなじみの東海テレビ発“ドロドロ愛憎劇”の最新作として、今年の4月から7月にかけて放送されていた本作。安達祐実が紅子と凛子の一人二役を演じていますが、意外にも安達自身はこれが初の昼ドラ出演だったのだとか。ハラハラ・ドキドキの展開に多くの人が引きこまれたようです。
(gooランキング コメントより)

■特集で紹介する過去のランキング

<2010年ドラマに関するランキング>
「ゲゲゲの女房」に関するランキング
「龍馬伝」に関するランキング
「爽やかさんNo.1俳優、1人選ぶなら?」
「声が格好いい俳優といえば?」
「生電話で声が聞いてみたい俳優は?」     など

■アクセス方法

「goo」(http://www.goo.ne.jp/)のトップページ左枠から「ランキング」 をクリック、「2010年間ランキング」バナーをクリック、「2010年間ランキング」バナーをクリック

※以下URLより直接アクセスも可能です。
2010年間ランキングURL: http://ranking.goo.ne.jp/sp/2010/

以上

【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント株式会社 広報担当
E-mail:pr@nttr.co.jp

ページTOP

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス