「企業におけるソーシャルメディア活用状況」に関する調査結果 ~ソーシャルメディア(Twitter・Facebook・mixi・YouTube・ブログ・Ustreamなど)活用割合は着実に増加、ガイドライン・人員・予算などの活用体制の社内整備が進む~


平成23年1月20日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社
株式会社ループス・コミュニケーションズ


「企業におけるソーシャルメディア活用状況」に関する調査結果

~ソーシャルメディア(Twitter・Facebook・mixi・YouTube・ブログ・Ustreamなど)
活用割合は着実に増加、ガイドライン・人員・予算などの活用体制の社内整備が進む~

インターネットアンケート・サービス「gooリサーチ」(*1)を提供するNTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中嶋孝夫)とソーシャルメディア・コンサルティングで日本有数の実績を持つ株式会社ループス・コミュニケーションズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:斉藤 徹、以下「ループス・コミュニケーションズ」)は、「gooリサーチ」登録モニターの中からTwitter企業アカウントを保有し、通常業務でTwitterを運用する立場にある企業の担当者を対象に「企業におけるソーシャルメディア活用状況」に関する調査を実施しました。
2010年7月に行った調査「企業におけるTwitter活用調査」(※)の第2回目調査として位置づけ、有効回答者数は480名でした。

※2010年7月発表「企業におけるTwitter活用状況」に関する調査結果
URL:http://research.goo.ne.jp/database/data/001219/

■総括

今回の調査は、日本の企業で広がりをみせつつあるソーシャルメディア活用の実態を明らかにし、前回調査との変化を観察することを目的としました。調査結果から、以下のポイントが明らかになりました。

(1)活用割合は上昇傾向 – 平均すると1割弱、特にYouTubeは2割弱の増加
Facebook・mixi・YouTube・ブログ・Ustreamの活用有無を質問したところ、前回調査と比較すると、すべてのサービスにおいて活用者割合が上昇している。とりわけYouTubeはこの4ヶ月で19.6ポイント、活用割合が増加し、57.7%となった。その他の増加率はそれぞれFacebook(9.7ポイント)、mixi(8.8ポイント)、ブログ(7.3ポイント)、Ustream(8.2ポイント)となり、活用の度合いが進んでいることがうかがえる。

(2)製品・サービスよりも、「企業全体のブランディング」「広報活動」に重点
活用目的を各ソーシャルメディア別(Twitter・Facebook・mixi・Youtube・ブログ・Ustream)に聞いたところ、全体では「企業全体のブランディング」と「広報活動」という回答がそれぞれ3割前後を占め目立った回答項目となった。製品の販促やキャンペーン利用よりも、認知してもらうためのPR・広報活動のほうに重点を置いている傾向にある。
「キャンペーン利用」ではTwitterやブログ、Ustreamが多く、「個々の従業員のブランディング」ではFacebookやmixiが多いなど特徴をあらわした違いも見られた。

(3)大企業において運用ガイドラインの整備が進む
前回調査と比較すると、特に大企業において、社内体制の整備が進んでいることが明らかとなった。従業員1000人以上の企業における運用ガイドライン制定状況は、「すべきことや禁止事項は文書化されている」は前回調査の41.7%から58.6%に増加し、「教育体制がある」は16.7%から20.7%へとそれぞれ増加し、活用の支援が進んでいることが伺える。

(4)チームでTwitterアカウントを運用する企業が増加、大企業において予算の確保が進む
Twitter企業アカウント運用チームの所属人数は、「1人」という回答が前回調査から7.7ポイント減少の30.7%となっている。一方、「2~3人(31.9%)」「4~5人(19.9%)」が増加しており、複数人でチーム編成を行う傾向にある。
ソーシャルメディア関連の予算は、従業員100人以上の企業の8割が確保している。特に1000人以上の大企業では、「予算なし」は11.5%にとどまり、300万円以上の予算を確保している企業の割合が前回調査31%に対して、今回は50%以上となった。とりわけ、予算額「300万円以上~500万円未満」の増加が目立ち、前回調査から12.4ポイント増加し、20.7%となっている。

(5)活用の課題 – 「効果測定」「担当者が不足」がそれぞれ約3割を占める
各ソーシャルメディア別に活用の課題を聞いたところ、Twitter・mixi・YouTube・ブログの4項目において、「効果の測定が難しい」が最多となった。Facebookでは、「営業上の効果が見えない(30.6%)」、Ustreamでは「担当者数が不足している(24.4%)」がそれぞれ最多の回答であった。
Twitter運用に関する課題を、前回調査と比較すると、最も変化が見られたものが「効果の測定が難しい」で、40.0%から31.5%に減少している。一方、「担当者数が不足している」が22.5%から29.0%に増加しており、運用が活性化しているきざしがみられる。

(6)今後の意向 – Facebookが5.7ポイント増加
今後、さらに積極的に活用していきたいと思うソーシャルメディアとして、最も多かった回答は、「Twitter(78.3%)」で、以下、「ブログ(58.1%)」「YouTube(28.3%)」「Facebook(20.4%)」「mixi(17.7%)」「Ustream(13.5%)」と続いた。前回調査では最下位だったFacebookは、今回調査では「mixi」と「Ustream」を抜いて「YouTube」の次に活用意向が高いという結果となった。また、従業員規模が大きくなるほど、Facebookの活用意向が高まる傾向にある。

■調査概要

1. 調査対象     : gooリサーチ・消費者モニター
(Twitter企業アカウントを保有し、通常業務でTwitterを運用する立場にある企業の担当者を対象)
2. 調査方法     : 非公開型インターネットアンケート
3. 調査期間     : 平成22年11月11日(木)~平成22年11月15日(月)
4. 有効回答者数 : 480名
5. 回答者の属性 :

【企業規模】: 10人未満 :34.2%、10人以上100人未満:20.8%、
100人以上1000人未満:26.9%、1000人以上:18.1%、わからない:0.0%
【対象顧客】   : 「どちらかといえば消費者向け」(64.0%)、
「どちらかといえば企業・官公庁向け」(23.5%)、
「消費者と企業・官公庁の両方」(12.5%)

■調査結果データ

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス