「gooラボ」で、ユーザが探している情報により早く辿りつくためのサポート機能「Searchなび」の実証実験を開始 ~検索ワードを入力すると「教えて!goo」の質問データを利用して自然文を表示。クリックだけでより早く、欲しい情報に辿りつける~


平成23年2月22日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社


「gooラボ」で、ユーザが探している情報により早く辿りつく
ためのサポート機能「Searchなび」の実証実験を開始

~検索ワードを入力すると「教えて!goo」の質問データを利用して自然文を表示。
クリックだけでより早く、欲しい情報に辿りつける~
「Searchなび」のURL:http://navi.search.goo.ne.jp/

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中嶋 孝夫)は、インターネットポータルサイト「goo」が提供する実証実験サイト「gooラボ」にて、ユーザがいち早く欲しい情報に辿りつくためのサポート機能「Searchなび」の実証実験を開始します。
「Searchなび」は、「goo」が提供するQ&Aサービス「教えて!goo」の質問文データを利用し、ユーザが入力した検索キーワードに合わせ、探していると思われる情報をナビゲーションとして自然文のサジェストを表示します。表示された自然文の中からユーザが欲しいと思う情報を選択することで、その情報に必要な検索結果を表示します。これにより、ユーザは検索キーワードを複数入力することや、複数の検索サービスを使って調べる手間を省くことができ、探している情報にいち早く辿りつくことができます。
例えば、ユーザは、「富士山への行き方」や「富士山のオススメのお土産」を知りたい場合、「富士山」とだけ入力する傾向があります。その結果、探している「周辺情報」や「お土産」の情報に辿りつくまでにサイトを横断するなど、いくつかの過程を踏まなくては辿りつかない場合があります。「Searchなび」では、ユーザが「富士山」と入力した場合、「教えて!goo」でやり取りされている「富士山への行き方」や「富士山のオススメのお土産」などの質問の文章を要約してサジェスト表示します。ユーザが「富士山への行き方」を選択すると、必要な情報を検索結果に表示します。また、「富士山」にあわせて「goo」の画像検索やgoo地域(地図情報)などの専門検索結果も合わせて表示します。

NTTレゾナントは、本実証実験から得たユーザの利用動向や意見を踏まえ、今後、スマートフォンでの快適な検索サービス提供などに役立てます。

1.「Searchなび」特徴

①ユーザがキーワードをひとつ入れると、「教えて!goo」の質問データを利用し、サジェストを自然文として表示します。欲しい情報をクリックすることで簡単に検索出来ます。

<例:「富士山」と入力した場合>

・「教えて!goo」の質問データより「富士山」に関する質問文章を読み取り、自然文をサジェスト表示。<図1>

<図1>

20110222_searchnavi_1

・「富士山への行き方」を選択すると、関連する情報を検索結果に表示します。<図2>

<図2>
20110222-2

②「goo」専門検索結果を表示

選択されたワードに合わせて「goo」の以下の検索結果をまとめて表示します。
※キーワードによっては表示されない専門検索もあります。

 「ウェブ検索」
「地図検索」
「画像検索」
「ニュース検索」
「ブログ検索」
「買い物(ショッピング)検索」
「人名検索」

2.利用方法について

<アクセス方法>

「goo」のトップページ(http://www.goo.ne.jp/)から「gooラボ」をクリック
→「Searchなび」をクリック

※以下のURLから直接アクセスすることも可能です
URL:http://navi.search.goo.ne.jp/

3.今後について

本実験期間中に「gooラボ」において、本実験に関するユーザからの声を反映しつつ更なるサービス改善を図ると共に、本実験の成果とユーザからの声を基に、今後のスマートフォン上での快適な検索サービスなど商用サービス展開の可能性を検討します。

以上

【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント株式会社 広報担当
E-mail:pr@nttr.co.jp

ページTOP

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス