gooリサーチ結果 (No.197)「中古品・レンタル・修理品など商品・サービスの共有(シェア)に対する意識」調査結果発表


2011年5月17日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社


gooリサーチ結果 (No.197)
「中古品・レンタル・修理品など商品・サービスの共有(シェア)に対する意識」
調査結果発表

~中古購入された商品・サービスでは、「本、雑誌、漫画」「ビデオ・DVD」「衣料品関連」が多い。中古品やレンタル(共同利用)することへの抵抗感は、
以前に比べ約2割程度の方でうすまりつつある~

 NTTレゾナント(本社:東京都港区、代表取締役社長:中嶋 孝夫)が運営するインターネットアンケートサービス「gooリサーチ」(*1)は、消費者モニターの主に関東圏に在住の男女20代以上の方を対象に、商品・サービスの共有(シェア)に対する意識について調査を実施しました。有効回答者数は1,074名でした。

■調査の背景と目的

2011年3月11日の東日本大震災以降、世の中の消費行動や価値観・ライフスタイルが大きく変化していることが想定されます。
今回、主に下記について、現状・今後の生活者意識や課題を明らかにすることを目的に、調査を実施致しました。

・商品・サービスの共有(シェア)に関する生活者意識の変化について

不要不急の商品は購入が手控えられる中、節約やエコ意識を考慮し今後商品・サービスを共有(シェア)していく動きがより高まる可能性があることから、特に「中古品」「レンタル(共同利用)」「修理品」への意識について詳細を確認致しました。
*本調査での商品・サービス共有(シェア)については上記3点を示しています。

◇主な調査項目

・過去2年間(現在)の中古品購入/レンタル(共同利用)/有料で修理した商品・サービス⇒購入金額
・今後中古品購入/レンタル/有料での修理(長持ちしたい)と思う商品・サービス⇒メリット・デメリット

■調査結果について

1.調査対象:gooリサーチ・消費者モニター
(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県に在住である20代以上の男女)
2.調査方法:非公開型インターネットアンケート
3.調査期間:平成23年4月28日(木)~平成23年5月5日(木)
4.有効回答者数:1,074名
5.回答者の属性:

20110517_research_m

■総括(調査結果のポイント)

1.現状での商品・サービスの共有(シェア)状況は、約30~40%。今後の意向もほぼ同様。商材や性年代別で違いがみられるものの、よりニーズは高まりつつあると考えられる。

(1)女性20代~40代での現在の中古品購入率は約半数に及ぶ。今後の中古品購入意向をみると、男性の20代~40代でも4割を超えニーズは高まっている。
⇒中古購入された商品・サービスでは、「本、雑誌、漫画」「ビデオ・DVD」「衣料品関連」が多い。
今後の意識では、「住まい関連」「生活家電」「乗り物」への購入意向がやや高くなる。

(2)現状の商品・サービスのレンタル(共同)利用率は、男性20代・30代で約3~4割と高い。
今後の利用意向では、女性20代・30代と男女50代で特に高くなる。
⇒今後レンタル(共同利用)意向のある商品・サービスでは「衣料品関連」「自動車」が高まる。

(3)有料で修理することに対する今後の利用意向は、女性40代・50代で半数近くに達する。
⇒今後、有料で修理を行うことへの関心は、中古品購入やレンタル(共同利用)に比べ高い。
「住まい関連」「生活家電」「乗り物」等の耐久消費財でその傾向が顕著。

2.中古品やレンタル(共同利用)することへの抵抗感は、以前に比べ約2割程度の方でうすまりつつある。

3.商品・サービスの共有(シェア)に関するメリット:主に「環境への配慮」「お試し感覚利用」「新品より良いものが買える」こと。男女や年代別で意識も異なる。商品・サービスの共有(シェア)に関する主な不安・不満点:「品質面」「誰が使ったかわかること」「アフターサービス」等。女性20代での不安・不満が特に高く、「入手先の不明瞭さ」も問題。

■調査結果データ

※以下をご参照下さい。
「中古品・レンタル・修理品など商品・サービスの共有(シェア)に対する意識」調査結果

≪補足≫

(*1)【 gooリサーチ 】http://research.goo.ne.jp/
ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントが企画・実査・集計を行う、高品質で付加価値の高いインターネットリサーチ・サービスです。
キーパーソンのビジネスマンを中心とする「gooリサーチ・ビジネス」モニター(8.5万人)、携帯電話でアンケートに答える 「gooリサーチ・モバイル」モニター(13.2万人)、団塊世代・シニア層、ならびに若年層を中心とした郵送調査手法で回答する「郵送調査専属モニター」(3.4万人)を含め、総計566万人の登録モニターを擁し、消費者向け調査から、法人向け調査、グループインタビューまで、様々な市場調査ニーズに対応しています。
(モニターの人数は2011年5月現在)

以上
<本調査に関するお問合せ先>
NTTレゾナント株式会社 広報担当
E-mail:pr@nttr.co.jp<gooリサーチに関するお問合せ先>
NTTレゾナント株式会社 リサーチ部門
E-mail:research@goo.ne.jp

ページTOP

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス