「Linked Open Data チャレンジ Japan 2011」のPlatinumスポンサー賞 「goo賞」受賞者決定について ~「goo賞」は「Yokohama Art Spot」が受賞~


2012年3月8日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社


「Linked Open Data チャレンジ Japan 2011」のPlatinumスポンサー賞
「goo賞」受賞者決定について

~「goo賞」は「Yokohama Art Spot」が受賞~

 NTTレゾナント株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役社長:中嶋 孝夫)は、「Linked Open Data チャレンジ Japan 2011(http://lod.sfc.keio.ac.jp/challenge2011/)」(所在:慶應義塾大学環境情報学部萩野研究室、実行委員長:慶應義塾大学環境情報学部教授 萩野 達也 )のPlatinumスポンサーとして設定した「goo賞」の受賞者を決定しました。

応募総数73件の中から「goo賞」は、横浜市内の芸術関連施設とそこで開催されるイベントを案内するアプリケーション「Yokohama Art Spot」が受賞しました。

1.審査結果

「goo賞」
アプリケーション名:「Yokohama Art Spot」(http://lod.ac/apps/yas/)

<審査員のコメント>
複数のLinked Open Dataを活用したアプリケーションであり、ビジュアル表現や操作性の完成度も高く、アート情報の提供を中心に他の地域への展開等、今後のサービスの発展が期待される。

2.「Linked Open Data チャレンジ Japan 2011」実施概要

■応募作品 データセット部門、アイデア部門、アプリケーション部門の、3部門で募集
■応募期間 2011年10月11日~2012年1月31日
■授賞賞金・賞品総額 100万円
※詳細は「Linked Open Data チャレンジ Japan 2011 」ホームページをご参照ください。(http://lod.sfc.keio.ac.jp/challenge2011/

3.選考委員

Lined Open Dataチャレンジ実行委員会

4.受賞式

2012年3月8日に開催される「セマンティックWebコンファレンス2012」(主催:慶應義塾大学SFC研究所)内で授賞式を行います。
※ 授賞式の詳細は、「セマンティックWebコンファレンス2012」ホームページをご参照ください。 (http://s-web.sfc.keio.ac.jp/conference2012/

以上

【本件に関するお問合せ先】

NTTレゾナント株式会社 広報担当

E-mail:pr@nttr.co.jp

ページTOP
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス