オン デマンド・サーチエンジン"goo" 新料金のお知らせ http://www.goo.ne.jp/

1997年7月22日
FOR IMMEDIATE RELEASE
報道関係者各位
株式会社エヌ・ティ・ティ・アド

オン デマンド・サーチエンジン"goo"
新料金のお知らせ
http://www.goo.ne.jp/

 株式会社エヌ・ティ・ティ・アド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:西脇達也)が提供するオン デマンド・サーチエンジン“goo”は、バナー広告を9月より新スタイル、新料金で展開することになりました。
 世界最大規模の豊富で新鮮なデータベースと、必要な情報がすばやく的確に見つかる便利さで話題を呼んでいる“goo”は、3月にスタートして以来1日当りのページビュー(以下PV)が4月に20万/日、5月に40万/日、6月に70万/日と急速に伸び、7月初旬には85万PV/日を突破しました。“goo”の有料バナー広告は6月にスタートしましたが、この9月よりメニューを細分化し、一層のターゲットの絞り込みが可能になります。
 例えば、予めキーワードを設定し、それを検索したユーザーに対してのみ情報を告知できる「キーワード広告」。また、ユーザーのドメインやPC環境を特定できる「スマート・ターゲット・プラス」など、マーケティング戦略に合わせた最適な広告展開が可能になります。

[goo基本広告メニュー]

1.ラン・オブ・サイト広告
検索トップページと検索結果ページの両方に、ランダム・ローテーションにより広告が掲載されます。gooのユーザー全般を対象とする、オールターゲット型の広告手法です。 (単位:円)

2.キーワード広告
ユーザーが検索したワードに対応して、検索結果ページ(上・下部)に広告が掲載されます。gooの利用者の中心がインターネットのアクティブユーザーということもあり、活きた情報の一部として確実にコアなターゲットに直結します。告知したい商品、サービスに関連の強いワードの自由な設定により、精度の高い広告効果が得られます。

3.キーワード・ジャック
特定語句を独占するタイプのキーワード広告です。ユーザーが検索したワードに対応して、検索結果ページ(上・下部)に広告が掲載されます。ワードから独占的に商品やサービスを連想させることができ、極めて高い広告効果が得られます。

4.スマート・ターゲット・プラス
ユーザーのドメインやPC利用環境を特定して、検索結果ページ(上・下部)に広告を掲載します。セグメントしたターゲット毎に広告内容を変えて露出させることもでき、ユーザーの属性を絞り込むことによった的確なターゲットへのアプローチができます。

5.スマート・キーワード広告
ユーザーが検索したワードに、ドメインやPC利用環境を特定して、検索結果ページ(上・下部)に広告を掲載します。キーワード広告にスマート・ターゲット・プラスを掛け合わせた広告手法です。告知したい商品やサービスに関連の強いワードとユーザーの特性を合わせることで、より的確でダイレクトなターゲットアプローチが可能です。

6.gooスペシャル
ご指定の日に広告を集中投下し、インプレッション効果を高める広告手法で、より高い広告効果が期待できます。検索トップページと検索結果ページの両方にランダム・ローテーションで広告が掲載されます。最も興味のある情報の対象として新商品・新サービスの紹介を挙げているgooユーザーに向けて、キャンペーン告知や新商品発売のタイミングに合わせてご利用いただけます。

7.ウィークエンドパック
週末の2日間に広告を集中投下し、インプレッション効果を高める広告手法です。1週末1社限定です。週末にアクセスするホームユーザーへのアプローチに威力を発揮します。

ページTOP
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス