情報流通実験の開始について ~"goo"のリニューアル~

平成10年5月20日
報道発表資料
日本電信電話株式会社
株式会社エヌ・ティ・ティ・アド

情報流通実験の開始について
~"goo"のリニューアル~

日本電信電話株式会社(以下 NTT、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮津 純一郎)は、インターネット上における情報の検索・閲覧から購入までをワンストップでスムーズに行える「情報流通プラットフォーム」を構築し、エレクトロニックコマース(電子商取引)市場の拡大を目指す実験を、平成10年5月23日(土)から開始します。
なお、本実験サービスは、株式会社エヌ・ティ・ティ・アド(以下NTTアド、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:西脇達也)が提供する国内有数の検索エンジン "goo"(*1)上で提供します。また、実験参加企業を募集します。

1.実験の背景
インターネットをベースにした電子商取引市場、特に一般消費者がネットワーク上で商品や情報を購入する市場は潜在需要があるにもかかわらず、その利用に伸び悩みが見られているのが現状です。
NTTではこれまでのユーザ動向調査やコンテンツ企業との共同実験を通じ、電子商取引市場の飛躍的拡大には、商取引に関わるプロセスをワンストップでサービスする必要性があると考えました。

2.実験の概要
本実験では、膨大なインターネット情報の中から、消費者が欲している情報・商品を的確に検索し、選択・閲覧し、最終的には購入までをワンストップで行える実験サービスをNTTアドが運営する検索エンジン"goo"上で提供していきます。
(1)実験期間平成10年5月23日(土)~平成11年1月31日(日)
(2)提供場所 インターネット(WWW)の検索サイト"goo"
       URL:http://www.goo.ne.jp

3.サービスの内容、及び検証技術
(1) バリューサーチ
情報の検索から購入までをワンストップで提供するサービスで、NTTが開発した自動分類技術(*2)、課金システム(*3)等により実現しました。

○サービス概要
●検索エンジン"goo"に登録されている1700万ホームページの中からユーザの利用頻度が高い300万ホームページを厳選し、この中からの検索結果を表示します。

さらに、本実験参加企業が提供する企業情報や新聞・専門紙等のオンラインデータベース情報(無料・有料共)についても、横断的な検索が可能になります。

検索された情報は、自動分x類技術を用いることによって、その検索キーワードに関連する分野別にリアルタイムかつ自動的に分類され、複数のカテゴリフォルダに格納された形で表示されます。
【例】「車」という検索ワードを入力すると、「車」「自動車免許」「保険」「キャンプ」「スキー」など、関連したカテゴリフォルダが表示されます。自動車の保険について調べたい場合は、その中から目的に合った「保険」をクリックして更に絞り込んでいくことで、素早い検索が可能です。

検索された情報のプレビューを見て購入希望がある場合は、クレジットカード課金、銀行口座振替、電話料金に含めて同時徴収、の3つの決済方法の中から購入方法が選択できます。

(2) ホットチャネル
ニュース、スポーツ、エンターテイメント、ショップ等のジャンルの情報を持つ企業が本実験に参加し提供する各種情報を、ワン・トゥ・ワン・マーケティングシステム(*4)を用いることにより、個別ユーザーのニーズにあわせて組み合わせ、リアルタイムかつ自動的に提供します。なお、開始当初は、上記ジャンルの中からニーズの高い情報を個々に提供します。

(3) フリーメール
ワン・トゥ・ワン・マーケティングシステムと電子メールサービスを組み合わせることで、ユーザニーズに合わせた情報の自動送信を行う予定です。

なお、エヌ・ティ・ティ・インターナショナル株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:橋本了)が、本実験に参加し、Web上で無料で利用できる電子メールサービスを提供します。

4.各社の役割
(1) NTT
本実験で利用する技術及びプラットフォームを提供し、自動分類技術、ワン・トゥ・ワン・マーケティングシステムなどの検証を行います。
また、実験参加企業の募集、及び実験の運営も行います。

(2) NTTアド
NTTが行う実験にあわせて、"goo"のリニューアルを行います。なお、具体的な内容については、「"goo"のリニューアル内容」を参照下さい。

(3) 参加企業
参加企業の保有・運営するニュースやスポーツなどの情報を本実験プラットフォーム上で展開します。

5.今後の予定
本実験で検証される技術及びプラットフォームが商用可能であると判断される場合、 NTTはグループ企業を含め、技術ライセンスを供与する予定です。

*1 goo
素早く的確に思い通りのスタイルでホームページを検索できる検索エンジンサービスで、海外を含めると1億2千万ホームページ、日本語だけでも1700万ホームページという日本最大級の情報量を保持しています。

*2 自動分類技術
NTTヒューマンインタフェース研究所が開発した技術で、ユーザが投入した検索キーワードに関連する分野別にリアルタイムかつ自動的に分類され、複数のカテゴリフォルダに格納された形で表示されるため、利用ユーザは情報の鮮度、質の高い情報を入手することができます。

*3 課金システム
クレジット及び、銀行口座振替決済システムは、NTTにおいて開発され現在実験中のプラットフォームを利用する予定です。電話料金に含めて同時徴集する方法はNTTで開発し、現在NTTビジュアル通信株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:加田五千雄) が運営しているサービス(マルシェ)を利用する予定です。

*4 ワン・トゥ・ワン・マーケティングシステム
NTTが開発し、現在実験中のシステムで、アクセスログ情報やユーザーの希望による登録情報に基づき、個別ユーザーに対してそのニーズに合ったコンテンツを自動的に生成します。またアフターフォローメール等にて個別ユーザーニーズに合ったコンテンツの送信も行えます。

「"goo"のリニューアル内容」
 

NTTアドでは、従来からの検索エンジンを「パワーサーチ」として、情報量、新鮮さ、検索の高速化の面において、大幅にパワーアップさせます。
 
(1)提供情報量の増大従来、検索可能な情報量1200万ホームページから1700万ホームページへと日本で最大級の情報量を確保し提供します。
 
(2)更新頻度の短縮化従来、週単位の情報更新から、日・時間単位の情報更新が可能になり、より新鮮な情報を提供します。
 
(3)検索スピードの高速化等設備の増強により、検索スピードを大幅にアップしました。

(参考) 各サービスの主な参加予定企業一覧
(平成10年5月20日現在)
 

● バリューサーチ

メニュー 情報提供者 内容
ニュース・
雑誌記事
日経BP 1997年6月以降の国内ニュース
書籍情報 紀伊國屋書店 和書130万件の書籍情報
企業情報 帝国データバンク
アスキー
国内主要企業の所在地・事業内容・ホームページアドレスなど
 
● ホットチャネル
メニュー 情報提供者 内容
ニュース&
天気
産経新聞 速報、朝刊一面、総合/内政、経済、国際、社会の各ニュースと天気予報。
ビジネス&
ファイナンス
Bloomberg ファイナンスニュース、国内外市況。 為替レート計算機能(レートは20分毎更新)もあり。
マルチメディア アスキー
Hot Wired Japan
国内発および米国発のニュース。 Hot Wired Japan さらに企業インタビュー情報(国内)も 随時提供。
スポーツ 日刊スポーツ
GolfWeb Japan
速報から昨日のニュースまでを提供。野球ではイニング情報、GolfWeb Japanゴルフではスコア情報やランキング情報もあり。

ページTOP
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス