インターネット・ショッピングに関する調査結果について ~利用経験者が半数を超える ~

平成11年7月7日

お知らせ

株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー情報流通
株式会社 三菱総合研究所

インターネット・ショッピングに関する調査結果について
~利用経験者が半数を超える ~

 株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー情報流通(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田 茂)と株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、取締役社長:高橋 貞巳)は、平成11年5月12日から5月25日にわたり、2社が共同で運営するインターネット・アンケート・サイト「gooリサーチ」の一般参加型調査として「インターネット・ショッピングに関するアンケート」調査を実施しました。回答者数は2,744名でした。

【 総評 】
 インターネット・ショッピングの利用経験者が、回答者の約半数を突破するに至った。購入商品は「パソコン関係」「書籍・CD・ゲームソフト」が多く、それぞれ4割を超えているが、「食品」「オンライン予約」「ファッション関係」も2割を超え、購入分野は拡大傾向にある。
 インターネット上のショッピングモールの利用理由については、特定の商品を買うために訪れるといった、目的の明確な利用が3分の1にとどまる一方、「面白そうなものが売っていないか見に行く」「プレゼントや特別バーゲンなど得になりそうな情報をさがすため」の比率が高くなっている。
 モールを利用する際に重視する点としては、「出展している店の信頼性」が90.1%でトップ。以下「商品の探しやすさ」「品揃え」「手続きの簡便性」など、モールの基本的な機能が続いている。

【調査対象】
 gooユーザ

【調査方法】
 「goo」上で実施されたオンラインサーベイ(Web上での自記入チェック式調査)

【調査実施期間】
 平成11年5月12日(水)~5月25日(火)

【有効回収サンプル数】
2,744名

以上
ページTOP

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス