ポータルサイト「goo」のgooID即時利用開始について

平成11年7月23日

(お知らせ)

株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー情報流通

ポータルサイト「goo」のgooID即時利用開始について

 株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー情報流通 (*1) (以下 NTT-X、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田 茂)では、同社が運営するポータルサイト「goo」(*2)(http://www.goo.ne.jp/)上で、gooIDの即時利用を開始しました。
 gooIDは登録費、会費等が一切無料で、IDを発行するサービスです。ユーザー情報、クレジットカード番号を登録していただくと、gooIDおよびパスワードを発行し、gooショップでの購入や日経goo、有名人情報等有料情報の購入が安全にかつ簡単に決済処理できるものです。
 従来はgooIDを申し込むと、パスワードを葉書により郵送していたため、実際に購入が可能になるまで若干の日数を必要としていました。今後はgooIDを画面上で申し込みいただいた後、パスワードを電子メールで送付するため、ご登録いただいてから数分(電子メールが届くまでの時間)で利用が可能になります。
 今回の変更は、欲しいものをすぐに購入したいというgooID即時利用に対するユーザからの強い要望により、実現いたしました。
 今後も続々とサービスの充実を図るgooにご注目下さい。
(参考)
*1 goo:
 日本最大規模のウェッブのデータベースに加えて、ニュース・書籍情報など専門データベースの一括検索も可能な検索サービスと、ニュースからエンターテイメントまでの最新情報、手軽で便利なWebメール、ショッピングモール、日経gooなどを提供するポータルサイトです。7月下旬現在のアクセス数は900万 PV/日です。
*2 株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー情報流通(通称NTT-X):
 設立:平成11年1月(営業開始:平成11年4月1日)、資本金:115億円。
 社員数:200名。マルチメディア分野における本格的な事業展開を行うため、設立されました。
 平均年齢29歳という、NTTグループ内でも際立って若い会社です。
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp