NTT-X と eBay Incがポータルサイトで提携 -ポータルサイト「goo」ホットチャネルで「eBay」コンテンツを提供-

平成11年8月2日

報道資料

株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー情報流通
eBay Inc

NTT-X と eBay Incがポータルサイトで提携
-ポータルサイト「goo」ホットチャネルで「eBay」コンテンツを提供-

 株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー情報流通(*1) (以下NTT-X、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田 茂)とeBay Inc(*4)(以下 eBay(イーベイ)、本社:カリフォルニア州サンノゼ、Chairman and Founder Pierre Omidyar)は、相互に協力して、平成11年8月2日(月)より、NTT-Xが運営するポータルサイト「goo」(*2)(http://www.goo.ne.jp/)上で、gooホットチャネル(*3)の新メニューとして、「ch11.オークション」をオープンします。
 世界最大のオークションサイトである「eBay (イーベイ))」(*4)<http://www.ebay.com/>とロボット型検索サイトで国内第1位の「goo」の提携により、「eBay(イーベイ)」にとっては米国サイトへの日本人利用者の拡大、「goo」にとっては、コンテンツの拡充を行っていくものです。
 今回オープンするホットチャネルの内容は以下のとおりです。

◆「ch11.オークション」
<http://channel.goo.ne.jp/auction/>
 米国「eBay(イーベイ)」サイトで売買されている多種多様なオークション品をガイドする新しいチャネルです。gooの新しいオークションチャネルはeBayから独占的に情報提供されます。(チャネルはeBay専用です)日本のeBayユーザがより使いやすいよう、わかりやすい製品毎のカテゴリーに分類されており、ヘルプやサポート情報も提供しています。
 日本のインターネットユーザは、gooを通じてより簡単に、500万人を超えるユーザを抱え240万アイテムが取り引きされているワールドワイドなコミュニティ”eBay”にたやすくアクセスできるようになります。

◆eBay Incアジア担当副社長のサム・オーハシ氏の言葉「NTT-X及びgooと提携でき、とても喜んでいます。私達は、日本のeBayユーザがオンラインオークションをできるだけ容易に楽しめるようにしました。」
(参考)
*1. 株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー情報流通(通称NTT-X):
 設立:平成11年1月(営業開始:平成11年4月1日)、資本金:115億円。社員数:200名。マルチメディア分野における本格的な事業展開を行うため、設立されました。
 平均年齢29歳というNTTグループ内でも際立って若い会社です。
*2. goo:<http://www.goo.ne.jp/>
 日本最大規模のウェッブのデータベースに加えて、ニュース・書籍情報など専門データベースの一括検索も可能な検索サービスと、ニュースからエンターテイメントまでの最新情報、手軽で便利なWebメール、ショッピングモール、日経goo、リサーチなどを提供するポータルサイトです。7月末現在のアクセス数は約1000万 PV/日です。
*3. gooホットチャネル:
 ニュースからエンターテイメントまでジャンル別の最新情報を提供するサービスです。現在提供中のチャネルは、「ch1.ニュース&天気」「ch2.マネー」「ch3.コンピュータ&通信」「ch4.スポーツ」「ch5.ゲーム」「ch6.トラベル&地域情報」「ch7.エンターテイメント」「ch8.就職&転職」「ch9.カーライフ」「ch10.住まい」に加えて「ch11.オークション」の11チャネルになります。

 

*4. eBay(イーベイ):<http://www.ebay.com/>
 eBay とは、世界最大のオンライン個人売買のコミュニティーです。eBay は、Web 上で開かれるオークション方式のフリーマーケットです。個人ユーザーによって、eBay では 240万アイテムが取り引きされ、1日に200万件以上のオークションが行われています。
 また、eBayでは、500万人を超えるユーザを抱え共通の関心を持っている世界中の人々と知り合うことができる世界のコミュニティの中心サイトです。
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス