ポータルサイト“goo”の 検索機能を大幅に強化 ―3500万URL:圧倒的な規模の検索データベースに―

平成11年10月5日

(お知らせ)

株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー情報流通

ポータルサイト“goo”の検索機能を大幅に強化
―3500万URL:圧倒的な規模の検索データベースに―

 株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー情報流通(*1)(以下NTT-X、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田 茂)は、平成11年11月11日(木)より、同社が提供するポータルサイト“goo”(*2)(http://www.goo.ne.jp)の検索機能を大幅に強化します。
 検索の情報量、スピード、検索精度といった基本的な検索機能の全てにおいて大幅なサービス強化を行い、ロボット型検索サービスとしては日本国内の最大最速エンジンを目指します。また、併せてトップページデザインを一新して、よりユーザに親しみやすく利用しやすいインタフェースを実現します。
 主な強化内容は以下のとおりです。
(1)情報量の拡大
 登録可能な日本語検索データベースの規模を、現状の1700万URLから、2倍以上の3500万URLまで拡大しました。海外サイト1億数千万URLも検索可能であり、日本のサイト、海外のサイト共に日本国内の検索エンジンとしては最大級かつ圧倒的な規模の豊富なドキュメントデータベースを備え、多数の情報を提供します。
(2) 検索速度の向上
 検索システムの大幅な改善・拡張によって、検索速度の向上を図りました。ユーザの皆様に、より快適で安定した検索サービスを提供します。
(3)検索機能の向上
?仝〆・覯棉充┰臀・硫・?
 検索結果のランクづけに際し、「サイトの人気度」という指標を加えることで、従来以上に検索精度を向上しました。検索結果に表示される大量の情報の中から、目的のURLを、より早く見つけることができます。
??検索対象ディレクトリの指定
 絞り込み機能では、URLのドメイン(*3)だけでなくディレクトリ(*4)の指定も可能になりました。これにより、例えば、個人で開設しているサイトなど、限られた範囲のみを対象とした検索も可能になります。
?F鏞媾腑宗璽?
 検索結果の日付順ソートも新たにサポートしました。最新の情報を瞬時に検索できます。
?じ・哀汽ぅ班充?
 公共機関のURL、大手企業のURL等、利用頻度の高い代表的なURLを表示いたします。
 データベース規模の拡大による量的な増強のみならず、上記のような付加機能を拡充することにより、これまで以上に簡単かつ素早く必要な情報を見つけられます。
 今後も続々とサービスの充実を図るgooにご注目下さい。
<補足>
*1. 株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー情報流通(英社名:NTT-ME Information Xing, Inc. )
 コミュニケーションネーム:「NTT-X」。
 インターネットや企業内 IP ネットワークにおける、高付加価値情報流通プラットフォームの提供を中心としたマルチメディアビジネスを展開し、ポータルサイト「goo」を運営しています。
URL: http://www.nttx.co.jp/
*2. goo:<http://www.goo.ne.jp>
 日本最大規模のウェッブのデータベースに加えて、ニュース・書籍情報など専門データベースの一括検索も可能な検索サービスと、ニュースからエンターテイメントまでの最新情報、手軽で便利なWebメール、ショッピングモール、日経goo、リサーチなどを提供するポータルサイトです。平成11年10月現在のアクセス数は1000万 PV/日です。
*3. 及び*4. ドメインとディレクトリ
 ドメインは主にネットワーク環境におけるひとまとまりの管理単位を表し、ディレクトリはドメインの配下のファイル等を指します。例えば、「.goo.ne.jp」はgooのドメインを表し、「www.goo.ne.jp/help/」はgooのwebサーバ配下のディレクトリを表しています。
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス