ポータルサイト"goo"2000年問題対応完了について

平成11年11月30日

(お知らせ)

株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー情報流通

ポータルサイト”goo”2000年問題対応完了について

 株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー情報流通(*1)(以下NTT-X、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田茂)が提供するポータルサイト”goo” (*2) (http://www.goo.ne.jp)では、2000年問題への対応が完了致しました。
 下記の対応を行うとともに重要なシステムについては、試験環境(機能的には商用環境と同等)にて2000年シュミレーションを行い、1999年12月31日~2000年1月1日の年越し時の動作確認と、2000年1月1日以降も継続して安定して動作することを確認しています。
 なお、1999年12月31日~2000年1月1日は待機して不測の事態に備えます。
対応状況について
■ハードウェアに関して
 各種サーバ、ネットワーク機器、周辺機器等全ての機器に対して各ベンダーにて動作状況を確認、一部必要なものに対しては1999年10月末までにファームウェア(*3)の更新(及び、旧式のためファームウェアの更新が困難な機器に対してはハードウェアそのものの入れ替え)を行ないました。
■オペレーティング(OS)に関して
 各種サーバに対して、各ベンダーから提供されているY2Kパッチを適用、1999年11月末までに作業を終え動作を確認しております。
■ミドルウェア(Webアプリケーション、DBシステム等)に関して
 既に製品が2000年対応済みであることを各ベンダーに確認しております。
■開発アプリケーションに関して
 日付データの型やその処理等のソースレベルでのチェックを行ない、問題がないことを1999年11月末までに確認しております。また、必要に応じ2000年シミュレーションを行ない、1999年12月31日から2000年1月1日に日付が切替った以降も安定して動作することを既に確認しております。
■外部サービスとの接続に関して
 各外部サービスについて対応状況確認済みです。
(補足)
*1:株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー情報流通(英社名:NTT-ME Information Xing, Inc. )コミュニケーションネーム:「NTT-X」。
 インターネットや企業内 IP ネットワークにおける、高付加価値情報流通プラットフォームの提供を中心としたマルチメディアビジネスを展開し、ポータルサイト「goo」を運営しています。
URL: http://www.nttx.co.jp/
*2:goo(http://www.goo.ne.jp/
 日本最大規模のウェッブのデータベースと豊富な検索機能を持った検索サービスを中心に、ニュースからエンターテイメントまでの最新情報、手軽で便利なWebメール、ショッピングモール、日経goo、リサーチなどを提供するポータルサイトです。11月現在のアクセス数は約1,000万 PV/日です。
*3:ファームウェア
 パソコン本体やモデムなどの周辺機器の中に保存されている、その機器を動かすのに必要なプログラムの一種。
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス