gooリサーチ調査結果(No.12)

平成12年3月9日
(お知らせ)
株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー情報流通
株式会社三菱総合研究所

gooリサーチ調査結果(No.12)
「移動電話利用に関するインターネット・アンケート」調査結果

株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー情報流通(東京都千代田区大手町2-2-2、代表取締役社長 池田茂)と株式会社三菱総合研究所(東京都千代田区大手町2-3-6、取締役社長 谷野 剛)は、1999年12月20日から本年1月4日まで、2社が共同で運営するインターネット・アンケート・サイト「gooリサーチ」の一般参加型調査として「移動電話利用に関するアンケート」を実施しました。回答者数は11,547名でした。

要 旨

インターネットを利用して移動電話(携帯電話とPHS)の利用動向調査を実施した。回答者数は11,548名で、移動電話利用者比率は83%である。回答者が利用する移動電話サービスの割合は、市場シェアの実態をほぼ反映したものとなっている。調査結果の概要は以下の通りである。

■移動電話サービスの利用料金は急速に低下してきているが、経済的な負担を理由に利用しない層がまだ半数近くいる。
■移動電話サービスの利用満足度では、「つながりやすさ」・「通話断」に関して携帯電話とPHSで有意な差は見られないが、「音声品質」ではPHSが圧倒的な優位性を保持している。「音声ならばPHS」という状況はユーザー評価の面から変わっていない。
■携帯利用者の14%がi-modeのインターネット接続サービスを利用している。将来的に利用したいサービスを聞いたところ、ショッピングと金融サービスが高い支持を得る結果となった。

★なお、本調査結果の詳細は下記にてご覧いただけます。
URL:http://research.goo.ne.jp/database/data//000096/index.html

ページTOP
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス