検索サイト「goo」が広告枠取り扱いのチャネルを拡大

平成12年7月26日

(お知らせ)

株式会社エヌ・ティ・ティ エックス
株式会社サイバーエージェント
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

検索サイト「goo」が広告枠取り扱いのチャネルを拡大

 株式会社エヌ・ティ・ティ エックス(以下、NTT-X、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田 茂)デジタルアドバタイジングコンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:矢嶋弘毅 以下D.A.コンソーシアム)、株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:藤田晋)の3社は、株式会社エヌ・ティ・ティ エックスが運営する検索サイト「goo」(http://www.goo.ne.jp)の広告枠のうち、株式会社サイバーエージェントが販売権を保有する広告枠について、D.A.コンソーシアム株式会社が広告代理店に向けて販売する事で合意いたしました。
 このことにより、エヌ・ティ・ティ エックス、サイバーエージェント及びD.A.コンソーシアムの3社は共同して「goo」の広告枠セールスを強化していきます。

【主な取り扱いメニュー及びコンテンツ】
◆Run of goo(ロングバナー)
 ホットチャネル、目的サーチ、gooコミュニティのいづれかのページ(一部除く)に掲出されるクリック保証型メニューです。HTMLバナーにも対応しています。

◆ホットチャネル
 ニュース&天気、スポーツ、ゲーム、エンターテイメント、占い&グラビア、チャンスの各チャネルが掲載対象です。バッチバナー(1枠)とテキスト広告(2枠)のスポンサーシップ型メニューがあります。
◆コンピュータ&通信
 ITユーザーに対して効果的にリーチが可能なチャンネルです。コンピュータ&通信チャネル指定となるバッチバナー(4枠)をはじめ、テキスト広告(3枠)、ロングバナー(1枠)のスポンサーシップ型メニューがあります。
◆目的サーチ
 ダウンロード・英和辞典・和英辞典・国語辞典・プレゼント・メールマガジン・路線・書籍・人名辞典・パソコン価格・ネットニュース・法律・音楽・ペットといった質の高い情報の目的別の個別検索が可能なコンテンツです。バッチバナー(1枠)とテキスト広告(2枠)のスポンサーシップ型メニューがあります。
◆gooコミュニティ
 ご好評いただいているフリーメールサービスの他、掲示板・チャットといったコミュニティ機能並びにメモ・ブックマークといったPIM機能を提供しています。125万を超えるユーザにリーチが可能です。トップページロングバナー(3枠)をはじめトップページバッチバナー(2枠)、マイページバッチバナー(3枠)とトップぺージテキスト広告(3枠)のスポンサーシップ型メニューがあります。
◆gooショップ
 ”gooショップ”はポータルサイト初の直営ショッピングモールです。トップページバッチバナー(2枠)のスポンサーシップ型メニューがあります。
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp