「gooリサーチ」新商品「iモード」専用のアンケートサービス 「gooリサーチ i 」を開始!

平成12年8月10日

(お知らせ)

株式会社エヌ・ティ・ティ エックス
株式会社三菱総合研究所

「gooリサーチ」新商品「iモード」専用のアンケートサービス
「gooリサーチ i 」を開始!

 株式会社エヌ・ティ・ティ エックス(以下、NTT-X、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田 茂と株式会社三菱総合研究所(東京都千代田区大手町2-3-6、取締役社長 谷野 剛)は、両者が共同運営するインターネット・アンケート・サービス「gooリサーチ」の一環として、「iモード」専用のアンケート・サービス「gooリサーチi」を7月より開始しました。
【サービスの特徴】
 「gooリサーチ」では、「gooリサーチ」で培ったインターネット・アンケートシステムの技術、運営ノウハウをベースに、新たな調査バリエーションとして「iモード」専用のアンケートサービス「gooリサーチi」の販売を開始しました。
 調査の方法としては、インターネット・アンケートと同様、モニターに対して調査専用URLをメールにて通知し、それを受けたモニターは「iモード」のブラウザ上にアンケート画面を表示して、選択肢または自由記述式の質問に回答します。そして、当該回答を収集・集計、分析した後、顧客企業に納品致します。
 6月に実施した「iモードに関する調査」では、全体母数の約70%を5時間程度で回収、フリーアンサーの記入率が9割以上、10代後半層の回答者比率が37.3%という結果が得られております。iモード・モニターがあらゆる場所にいても、リアルタイムに調査が可能であることの機動性、インターネット上では取りにくい10代後半層の捕捉が可能なであるため、市場トレンドを迅速に把握し、かつ、若年層ユーザをターゲットにした調査には非常に有効的なサービスといえます。
 また、従来のインターネット・アンケート調査との結果比較や、他の調査手法との組み合わせにより、多様なマーケティングソリューションが提供可能です。
 モニターについては、既存の「gooリサーチ」モニターの中からiモード利用者を抽出し、再モニター化すると同時に、外部のiモード用のメーリング・サービス等を活用して、新たな「iモード」専用モニターの募集も進めております。現在のiモードリサーチ・モニター会員数は、約4千名、年度内に5万人達成を目標としております。
【想定される用途について】
 この「iモード」専用調査の想定される主な用途は、
・パソコンを使っていない「iモード」専用の中高校生などの若年層ユーザーに対する調査
・特定の日時に特定の場所にいる「iモード」ユーザーを対象にしたリアルタイムな調査
・最近増えつつある各種の「iモード」上の各社サービスに対するユーザーの満足度、ニーズ調査などを想定しています。
【価格体系】
 調査費用については、メール配信数及び質問数等に応じた価格設定となっており、「1,000人に案内メールを配信して12問の質問に回答していただく」場合で税別80万円となります。
 なお、配信対象ターゲットの抽出や、データ結果のグラフ作成、分析レポート等は、別途オプションとしてご提供しております。
【サービス開始の背景】
 昨年4月より、日本最大級のポータルサイト「goo」で募集したモニター会員を対象としたアンケート調査サービス「gooリサーチ」を運営しております。インターネット調査市場は、拡大速度を上げつつあり、見通しは明るいですが、競争者の数も約50を超え、今年度は選別の年となることが考えられます。従って、他社との差別化を図る為に、多様なサービス提供をすることは必須条件となります。昨今の「iモード」ユーザーの急3激な増加に伴い、通常のインターネットだけでなく、「iモード」上でも市場調査を要望される企業ニーズに対応するため、今回、新たなサービスとして商品化致しました。
*「iモードに関する調査」結果は、こちらをご覧下さい。
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp