検索サイト「goo」が大幅リニューアル! ―第一弾としてコンテンツ系サービス刷新―

平成12年9月29日
(お知らせ)
株式会社エヌ・ティ・ティ エックス

検索サイト「goo」が大幅リニューアル!
―第一弾としてコンテンツ系サービス刷新―

株式会社エヌ・ティ・ティ エックス(*1)(以下、NTT-X、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田 茂)では、同社が運営する検索サイト「goo」(*2)(http://www.goo.ne.jp)を10月から12月にかけて大幅リニューアルいたします。

今回のリニューアルを行うサービスは検索、コンテンツ、コミュニティ、ECとほぼgoo全体にわたり、昨年5月以来の大規模なリニューアルとなります。リニューアルの主なポイントは下記の通りです。

(1) ロボット型検索サービスの一層の強化ならびに新規検索サービスの導入
(2) コンテンツサービスのカテゴリー増強およびコンテンツ強化
(3) コミュニティサービスにおける掲示板・チャット機能の強化および無料ホームページ、スケジューラー、メッセンジャー等新サービスの導入
(4) gooショップの規模拡大ならびにショッピングエンジンの導入
(5) goo内の各サービス間のナビゲーション強化を目的としたページデザインの一新

gooは今回のリニューアルにより、ますます多くのお客様にご利用いただき、国内有数のアクセスを集める「メディア」としてのポジショニングを一層強化することを目指します。

【リニューアル第1弾:「gooチャンネル」&「goo便利ツール」】

◎10月1日(日)リニューアル予定

これまで「ホットチャネル」「目的別サーチ」として提供してきたコンテンツサービスのジャンルを再編成するとともにジャンルの増強を行い、新たに「gooチャンネル」「goo便利ツール」として提供いたします。

1. 「gooチャンネル」の概要
・gooチャンネルトップページのURL:http://channel.goo.ne.jp/index.html

■チャンネル数倍増
チャンネル数が倍増され、10月1日時点で以下の27チャンネルを提供します。

ニュース/マネー/スポーツ/TV&芸能/天気/占い/ランキング/
インターネット/PC&モバイル/メルマガ/ダウンロード/ストリーム/
オークション/懸賞/音楽/映画/ゲーム/本/トラベル/カーライフ/
グルメ/ヘルスケア/仕事/進学&資格/住まい/ペット/結婚&育児

新しいコンテンツジャンルとして「ヘルスケア」「結婚&育児」が加わります。さらに今後も随時、チャンネル数を追加する予定です。

■各チャンネルの内容を増強、「ニュースサーチ」を開始
例えば、ニュースチャンネルではニュース本数を3倍以上に増量し、気になるニュースは随時トピックスとしてピックアップされるとともに、関連ニュースだけをまとめ読みできるようになります。他のチャンネルでも今回それぞれ大幅に情報が追加され、今後も随時情報を追加していく予定です。
更に、各チャンネルを横断的に検索することができ、かつgooオールサーチの検索キーワードもシームレスに引き継ぐことができる「ニュースサーチ」を新たに開始します。

2. 「goo便利ツール」の概要
・ goo便利ツールトップページのURL:http://channel.goo.ne.jp/tool/index.html

■新ツール開始
新たに新語辞典、郵便番号、地図が加わり、10月1日時点で以下の10個の便利ツールを提供します。

英和辞典/和英辞典/国語辞典/新語辞典/法律辞典/人名辞典/
路線&時刻表/電話番号/郵便番号/地図

■各ツールの内容を大幅増強
路線ではこれまでの運賃、最速経路、乗換え案内といった機能に加えて時刻表の機能を追加します。また、電話番号では現在地へのデリバリー可能なお店のみのリストを表示する機能を追加します。他のツールでも今回大幅に機能を追加し、今後も随時機能を追加してまいります。

■goo新語辞典の概要
・goo新語辞典のURL:http://dictionary.goo.ne.jp/nw/

ご好評いただいている辞書サービスに新サービス「goo新語辞典」が加わります。
「goo新語辞典」は、株式会社三省堂発行の辞書「デイリー新語辞典」をベースにしており、新聞・雑誌・書籍・放送・インターネットなどのさまざまなメディアに登場する新語を広く取り上げています。
提供ジャンルについては、政治・経済・国際関係・医学・環境・生物・生活・コンピューター・ファッションなどあらゆる分野を収録しています。
毎月100語以上を更新及び新データに追加していく予定です。

ユーザーから入力されたキーワードの分析をもとに、新語を抽出し、三省堂が編集を行います。辞書データは毎月更新し、100語以上を追加していきます。更に、必要に応じて随時更新も行います。
WEB上で毎月更新し、新語を追加する最新語辞典としては、日本初のサービスとなります。

「goo新語辞典」は、既に提供している「goo国語辞典」(三省堂提供「大辞林」)と併用して利用すると、収録語数は約24万語を数え、最強の国語+百科語辞典として使うことができます。

(補足)
*1:株式会社エヌ・ティ・ティ エックス (NTT-X):http://www.nttx.co.jp/
NTT再編に先立つ1999年4月、NTTグループにおける「ネットビジネスのエキスパートカンパニー」として、スタート。国内最大級の検索サイト「goo」やWebマガジン「HotWired Japan」 (http://www.hotwired.co.jp) 、ITプロフェッショナル養成サイト「E3-leaning(イーキューブ・ラーニング)」(http://e-cube.ne.jp)など、数々のオンラインサービスを提供するほか、「NTTグループのASPサービス」の企画・設計・開発も担当しています。

*2: goo:http://www.goo.ne.jp/
日本語サイト3500万URL、海外サイト5億URLからなる日本最大規模のウェブのデータベースと豊富な検索機能を持った国内有数のアクセス数を誇る検索サイトです。検索サービスの他、ニュースからエンターテイメントまでの幅広いジャンルにわたるコンテンツ、会員数約140万を有しフリーメール、掲示板、チャットを提供するコミュニティ、ショッピングモール、日経goo、リサーチなどをサー

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス