gooショッピングで「逆懸賞サービス」を提供開始 ~ 期間を限定しない、恒常的な"ポイント還元サービス" ~

平成13年11月5日

株式会社エヌ・ティ・ティ エックス

アイ・クイズ株式会社

gooショッピングで「逆懸賞サービス」を提供開始
~ 期間を限定しない、恒常的な”ポイント還元サービス” ~

 国産最大のインターネットポータルサイト「goo」(*1)を運営するNTT-X(*2、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田 茂)は、ECモール「gooショッピング」(*3)において、他の大手ショッピングサイトに先駆け、エンターテイメント性が高く、期間を限定しない恒常的なポイント還元サービスを導入するべく、アイ・クイズ株式会社(*4、以下 アイ・クイズ、本社:東京都台東区、代表取締役社長:KEVIN KOH)と提携し、平成13年11月6日より、「逆懸賞サービス」(http://shop.goo.ne.jp/iquiz/)を開始します。

1. 背景

 インターネット上では、多くのWebサイトが、アクセス向上のための施策として「懸賞」を実施しています。また、それらの情報を集めた「懸賞(情報)サイト」も多く登場しており、ユーザの人気を博しています。ところが、ユーザからは「何度も挑戦しているが全く当選できない」との声や「欲しい商品が懸賞の商品に設定されていない」等の声が多く聞かれます。

2. サービス概要

 一般的に、懸賞の商品は”主催者が選定”しており、当選者は”抽選で決定”されていますが、「逆懸賞」では逆に、商品は”ユーザが選択”でき、当選者は抽選ではなく”クイズに全問正解した方すべて”としています。
 本サービスへの参加条件は、ユーザが、「goo直営モール」上の店舗の商品を、「gooID」(*5)で決済して購入した場合に獲得できる「gooIDショッピングポイント」(*6)100ポイントです。
 サービス開始当初の商品は、「goo直営モール」に出店している店舗の10カテゴリから参加者自身に自由に選択していただけます。今後は、「goo直営モール」の全てのカテゴリ(14カテゴリ/約1万アイテム)を逆懸賞対象商品として随時拡充していく予定です。

3. 今後の展開

 今回の”ポイント還元サービス”導入を皮切りに、他大手ECモールとの差別化を図り、リピータへのサービス向上および新規ユーザの参加拡大を実現するとともに、gooショッピングへの参加ストアにとっての営業機会を更に拡大していきます。NTT-Xでは、gooを構成する機能として、Navigation(検索)、Community(コミュニティ)、Communication(コミュニケーション)とともに、Commerce(コマース)を重要と考え、gooショッピングの一層の機能充実を図っており、近日中にも、さらなる新サービスを導入いたします。
【本件に関する問合せ先】
  NTT-X 広報室
  E-mail:info@nttx.co.jp
  アイ・クイズ株式会社
  iQuiz gooショッピング担当
   ケビン、相楽
  TEL:03-5825-3236
  E-mail:infogoo@iquiz-shopping.com
《補足》
(*1)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
 1ヶ月あたり約1,500万人以上のユニーク・ユーザー数(※)と、1日あたり2,300万ページビューという国内有数のアクセス数を有する、現在国内第2位の総合ポータルサイトです。世界初の”ハイブリッド型検索エンジン”を実装しての「WWWナビゲーション」サービスを核に、辞典や路線検索などの「便利ツール」、約230万会員を有する「コミュニティ」、豊富な「コンテンツチャンネル」、「ショッピング」、「リサーチ」等をサービスラインナップに揃え、環境専門の「環境goo」、地域情報の「まちgoo」、エンターテイメントの「Entertainment goo」、ビジネス情報の「日経goo」、こども向けの「キッズgoo」等、専門サイトを次々にスタートさせ、先ほど10月5日には、ブロードバンドユーザ専用の「gooゲームfor FLET’S」をスタートさせたばかりです。
(※)日本リサーチセンターのWWW視聴率調査レポート(JAR Report vol.35:調査期間 2001/9/10~2001/10/7)による視聴率57.2%(NAR:4週間に1度以上の訪問者の比率)をもとに、日本のインターネットユーザーを約2836万人(Nielsen//NetRatings調べ)として算出
(*2)【 NTT-X 】http://www.nttx.co.jp/
 NTT再編に先立つ1999年4月、NTTのマルチメディア推進本部および研究所から201名(平均年齢29.5歳)が集結し、NTTグループにおけるIT戦略会社としてスタート。Eラーニングで国内最大シェアの「イーキューブ・ラーニング」(http://e-cube.ne.jp/)や、国内第2位のポータルサイト「goo」(http://www.goo.ne.jp/)、Webマガジン「HotWired Japan」 (http://www.hotwired.co.jp/) 、オンラインPCストア「NTT-X Store」(http://store.nttx.co.jp/)等、数々のネットビジネスをみずから営みつつ、それらで培った技術/ノウハウ/経験をもとに、多くの企業・団体にITコンサルティング/ソリューションを提供しています。
(*3)【 gooショッピング 】http://shop.goo.ne.jp/
 gooショッピングは、14カテゴリ・直営店舗数120、登録サイト数476、商品数は約30万点(キャンペーン商品除く)で、パソコン、デジカメ、ファッションからお花、お米まで、質の高い商品を中心に、豊富な種類と品数を誇ります。また、gooオリジナルのクレジット決済「gooID」をご用意し、出店のストア様にも、初めてオンラインショッピングを楽しむお客様にもご好評
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス