「goo 巨人特集」の提供開始について ~有料会員限定の巨人OB取材特派員募集企画や観戦ペアチケットプレゼントを実施~

平成15年4月11日

報道発表資料

株式会社NTT-X

「goo 巨人特集」の提供開始について
~有料会員限定の巨人OB取材特派員募集企画や観戦ペアチケットプレゼントを実施~
特集のURL:http://e.goo.ne.jp/giants/

 インターネットポータルサイト「goo」(*1)を提供する株式会社 NTT-X(*2、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中嶋 孝夫)は、本日より、有料会員限定の読売巨人軍(以下巨人)OB取材特派員募集企画や観戦ペアチケットプレゼントなど、巨人に関する魅力的な企画や映像コンテンツが満載の『goo 巨人特集』を提供します。
 なお、今回『goo 巨人特集』の開設を記念して巨人グッズなどの特別プレゼントを実施します。

1. 『goo 巨人特集』概要

 「goo」ユーザにおけるスポーツ関連コンテンツへのニーズは高く、インターネットの会員制コンテンツ提供サービスでの興味のある分野として、スポーツは音楽と共に人気の高いコンテンツになっています。
 『goo 巨人特集』は、インターネットならではの双方向性を活かし、有料会員の中から選ばれた特派員が巨人のOBに直接インタビューできる企画や、ファン同士の情報交換のための掲示板、巨人戦観戦ペアチケットのプレゼントなど、魅力的な企画満載です。また巨人OBの中畑清さん、デーブ大久保さんこと大久保博元さんの協力による巨人戦の映像による解説を毎週更新にて提供します。
(1) 無料コンテンツ
 (a)Legends G Player
 伝説の巨人OBが月替わりで登場し、選手時代の楽しいエピソード、当時は知られる事の無かった真実を、テキストや写真に加え映像で紹介すると共に、OBのサイン入り色紙やボールのプレゼントも行います。第1回目は、巨人球団史上最強の時代といわれたV9時代にファンを魅了した名選手、高田繁さんです。
 (b)週刊巨人解説
 プロ野球解説でおなじみの中畑清さんが、メールにて受け付けたファンからの質問に対し、毎週の巨人軍の試合結果、活躍選手に対するコメントを交えながら、絶好調節でメッセージを送ります。
 (c)Party Talk(掲示板)
 巨人ファンを主な対象とした掲示板です。書き込まれた内容に対しては、中畑さん、デーブ大久保さんも書込みを行います。
 (d)G-Goods
 巨人の試合ユニホームや用具およびキャラクターグッズの製造・販売を行う株式会社スポーツマーケティングプロパティーズが通信販売で提供する巨人グッズを紹介します。
 (e)開設記念プレゼント
 『goo 巨人特集』の開設を記念して、G-Goodsコーナーで紹介の巨人グッズの中からジャビット人形などのキャラクターグッズを抽選でプレゼントするキャンペーンを平成15年4月24日(木)まで実施します。
(2) 有料コンテンツ
 以下のコンテンツを月額300円にて提供します。なお有料コンテンツについては、平成15年4月18日(金)より提供開始します。各コンテンツの利用にあたっては、あらかじめ「gooパスポート」(*3)への登録が必要です。
 (a)G-Wins
 シーズン中の巨人戦対戦結果(両チームの得点)を予想するコーナーです。的中者の方には抽選で巨人戦観戦ペアチケットなどをプレゼントします。
 (b)特派員募集
 有料コンテンツ会員の中から抽選で、『goo 巨人特集』の特派員として巨人OBなどのゲストへのインタビューに参加できます。また残念ながら特派員の抽選にはずれた方の中から更に抽選で、巨人戦観戦ペアチケットをプレゼントします。
 (c) Talk Live
 中畑清さんが毎回ゲストを招き、抽選で選ばれたファンの方も参加するトークショウを開催し、その模様を映像で提供します。なお、トークショウの参加者は本コーナーにて随時募集します。第1回目のゲストは、現役選手から「宮ちゃん」の愛称で親しまれている巨人OB宮本和知さんです。今年の巨人の順位予想や戦力分析等他では決して聞くことのできないオリジナル情報が盛り沢山です。
 (d) Dave Room
 西武ライオンズから巨人に移籍し、引退後も解説者ならびにプロゴルファーとして大活躍のデーブ大久保さんが、毎週更新の映像コンテンツを交えてお届けする巨人軍選手情報です。また、デーブ大久保さんからのオリジナルプレゼントもあります。
(3) 利用環境
 ・CPU:Pentium III 450MHz 以上 / Celeron 533MHz 以上
 ・メモリ:128MB以上
 ・画面解像度:800×600ドット以上
 ・OS:Windows XP、Windows 2000、Windows ME、Windows 98
 ・Webブラウザ:Microsoft Internet Explorer 5.5 以上、Netscape Communicator 4.7x、またはNetscape 6.2以上
  (Netscape 6.1以下では正しく表示・再生できないことがあります)
 ・プラグイン/プレーヤー(再生ソフトウェア):Windows Media Player 7.1以上

2. 今後の展開

 NTT-Xでは、Party Talk参加者を対象とした巨人戦応援ツアーの実施や『goo 巨人特集』オリジナルの巨人グッズ販売など、今後も魅力ある企画を提供します。
以上
《本件に関する問合せ先》
NTT-X 広報室
E-mail:pr@nttx.co.jp
《 補足 》
(*1)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
 株式会社NTT-Xが運営する『goo』は、1か月あたり約1,800万人を超えるユーザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルサイトです。サービスの中核である「検索エンジン」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報の多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。その他、「コンテンツ」「パーソナルツール」「コミュニティ(約325万会員)」等の幅広いサービ
スを提供しています。また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。
※日本リサーチセンターのWWW視聴率調査レポート(JAR Report vol.49:調査期間 2002/10/7~2002/11/3)による視聴率49.0%(NAR:4週間に1度以上の訪問者の比率)をもとに,日本におけるパソコンでのインターネット利用ユーザを約3,800万人として算出
(*2)【 NTT-X 】http://www.nttx.co.jp/
 NTT再編に先立つ1999年4月、NTTのマルチメディア推進本部および研究所のスタッフ201名(平均年齢29.5歳)によってスタートした、NTTグループのインターネットサービス会社。国内ネット人口の半数以上が利用するナビゲーションサイト「goo」(www.goo.ne.jp)や、国内最大の本格的e-ラーニングサービス「E-cube」(e-cube.ne.jp)、日本のITカルチャを牽引するWebマガジン「HotWired JAPAN」 (www.hotwired.co.jp) 、国内でベスト10に入る売上高を誇るオンラインPCストア「NTT-X Store」(store.nttx.co.jp) など、数々のネットビジネスを“市場の先陣”としてみずから営みつつ、リーディングカンパニーとして培った技術・ノウハウ・経験をもとに、多くの企業・団体にITコンサルティングやソリューションサービスを提供しており、このユニークなビジネスモデルを「Media X(クロス) Solution」というフレーズで表現しています。
(*3) 【 gooパスポート 】
 「goo」で提供する会員サービスをご利用いただくために必要な「ID」の総称です。「gooパスポート」に申し込みをすると、「gooパスポートID」が発行され、「goo」が提供するフリーメールなどの「ベーシックメニュー」と、商品やコンテンツの購入ができる「プレミアムメニュー」の2つのサービスメニューにアクセスできます。それぞれのメニューは1つのパスポートIDでご利用いただけますが、メニューごとのパスワードの登録が必要です。なお、お支払いはプレミアムパスワードのお申し込みの際にご登録頂いたクレジットカード払いとなります。
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス