「goo」でポータルサイト初のトップページでの "動画広告メニュー"を提供開始 ~ 第一弾はHondaの新型SUV「エレメント」動画広告 ~

平成15年5月21日

お知らせ

株式会社NTT-X
株式会社サイバー・コミュニケーションズ

「goo」でポータルサイト初のトップページでの
"動画広告メニュー"を提供開始
~第一弾はHondaの新型SUV「エレメント」動画広告~

 インターネットポータルサイト「goo」(*1)を提供する株式会社 NTT-X(*2、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中嶋 孝夫)は、ポータルサイトとして国内で初めて(※)トップページでの動画広告配信をメニュー化し、本年4月より提供を行っていますが、その第一弾としてこの度、株式会社サイバー・コミュニケーションズ (以下CCI、本社:東京都中央区、代表取締役社長:新井 敏夫)による動画配信技術の提供により、本田技研工業株式会社様 (以下Honda、本社:東京都港区、代表取締役社長:吉野 浩行)の新型SUV (Sports Utility Vehicle:スポーツタイプ多目的車)「エレメント」の販促プロモーションとして、インターネット配信専用に制作された動画広告の配信を5月12日(月)から5月19日(月)の期間で行いました。
 本取り組みの結果が良好であったことも踏まえ、NTT-XではCCIをはじめ、広告代理店各社と協力して、ブロードバンドを活用したプロモーションの先駆けとなる「goo」トップページでの動画広告販売営業を今後積極的に展開し、インターネット広告市場に新たな価値を提供していきます。
 ※ISP系ポータルサイトおよびテレビ局サイトを除く。

1. 背景

(1) ADSLやFTTHなど、ブロードバンド環境でのインターネット利用者が平成15年3月時点で前年度比2.4倍増の約939万7000回線となり、ブロードバンドユーザは急激に増加しています(※)。
 ※総務省「インターネット接続サービスの利用者数等の推移」(平成15年4月30日発表)より
(2) また、家庭でのネット利用者のメディア接触時間から見ると、インターネットは「テレビに次ぐ第2のメディア」となっています。特にブロードバンド加入世帯におけるインターネットのメディアシェアは20%を超え、さらに男性20~34歳のブロードバンドユーザに限定すれば、テレビを超え50%に近いシェアを示す時間帯が出てきています(※)。このような状況に加え、ブロードバンド環境の進展に伴って広がる広告表現・配信方法の多様化への期待も相まって、広告効果の最大化を求める企業(広告主)のインターネットへの期待・要求は高まっています。
 ※株式会社 ビデオリサーチ 「MCR(メディア環境調査)2002」より

2. 動画広告配信の概要

 NTT-Xでは、これら広告ニーズの変化に対応するため、トップページのメイン広告枠である「トップスポンサーシップ」にて、印象度向上を求める企業(広告主)のブランディング型広告需要へお応えすべく新たに動画広告(ストリーム型)への対応を図り、その第一弾としてHondaの新型SUV「エレメント」の動画広告を配信しました。
【広告主】
 本田技研工業株式会社様
【広告配信期間】
 平成15年5月12日(月)~ 平成15年5月19日(月)
【掲載面】 
 ・トップページ (http://www.goo.ne.jp/)
 ・目的別検索トップページ (http://dsearch.goo.ne.jp/)
 ・カテゴリ検索トップページ (http://dir.goo.ne.jp/)
 ・教えて!gooトップページ (http://oshiete.goo.ne.jp/)
【基本仕様】
 ・ページ立ち上げ後、自動的に動画および音声を15秒間配信。
  ※音声を必要としない場合は、広告枠右下音声Muteボタン(スピーカーマークで表示しております)を押下することでオフにできます
 ・回線自動判別機能により、ナローバンドユーザ(実視聴環境として100kbps以下)の方へはgif画像を配信。
【推奨スペック】
 ・OS: Windows 98、ME、2000、XP
 ・ブラウザ: Microsoft Internet Explorer 5.0以降
 ・プラグイン: Windows Media Player6.4以降、Real Player G2以降(Windows Media Player優先で判別)
 ・Java Script: ON
  ※上記以外のバージョンのOS,ブラウザもしくはMacintosh端末をご利用の方についてはgif画像配信

3. 「エレメント」動画広告について

 本動画広告作品は、以下の2社の取り組みによりその配信を行いました。
・NTT-X:動画広告枠の設定および「エレメント」キャンペーンサイトへの誘導
・CCI :「goo」トップ面での動画広告配信のニーズや価値等の市場把握および動画広告配信を担当

4. 今後の展開

 NTT-Xでは、本取り組みの成果をもとに広告代理店などと連携し、動画広告の販売強化を図ります。
以上
《本件に関する問合せ先》
NTT-X 広報室
E-mail:pr@nttx.co.jp
株式会社サイバー・コミュニケーションズ IR室
Tel:03-3524-9115
E-mail:ir-div@cci.co.jp
《 補足 》
(*1)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
 株式会社NTT-Xが運営する『goo』は、1か月あたり約1,800万人を超えるユーザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルサイトです。サービスの中核である「検索エンジン」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報の多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。その他、「コンテンツ」「パーソナルツール」「コミュニティ(約325万会員)」等の幅広いサービスを提供しています。また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス