『大相撲』のチケットがオンライン決済で簡単・便利に購入可能に ~『大相撲』観戦に関する情報提供を行う国技館サービスのホームページ「相撲案内所」をリニューアル~

平成15年8月25日

報道発表資料

国技館サービス株式会社
財団法人日本相撲協会
株式会社NTT-X

『大相撲』のチケットがオンライン決済で簡単・便利に購入可能に
~『大相撲』観戦に関する情報提供を行う国技館サービスの
ホームページ「相撲案内所」をリニューアル~
URL:http://www.kokugikan.co.jp/

 国技館サービス株式会社(*1、以下 国技館サービス、本社:東京都墨田区、代表取締役:西ノ内 彌寿雄)は、財団法人日本相撲協会(以下 日本相撲協会、東京都墨田区、理事長:北の湖 敏満)とインターネットポータルサイト『goo』(*2)を提供する株式会社NTT-X(*3、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中嶋 孝夫)の協力を受け、本日、『大相撲』観戦に関する各種情報を紹介するホームページ「相撲案内所」について、東京・国技館で開催される『大相撲』本場所(毎年1月、5月、9月)桝席観戦チケットや、人気の『大相撲』観戦記念みやげをクレジットカードで簡単・便利に購入できるサービスの提供などのリニューアルを行います。

1. 概要

 日本相撲協会とNTT-Xは、1人でも多くの方に日本固有の国技『大相撲』への関心を持っていただけるよう、魅力ある情報の提供やファン拡大に向け『大相撲』の情報発信環境の充実を図る目的で、「大相撲ホームページ」(*4、開設:平成8年大相撲九月場所開催時、URL:http://www.sumo.or.jp/)とiモード公式サイト「大相撲」(*5、開設:平成15年大相撲一月場所開催時)を共同プロジェクトにて提供しています。また、国技館サービスは、独自に運営するホームページ「相撲案内所」にて『大相撲』の観戦チケット購入申込の受付や本場所内での観戦記念みやげ販売等のサービスに関する情報を提供してきました。
 この度3者は、これら取り組みに対する相撲ファンからの要望に応え、利便性向上に向け以下の取り組みを行います。
(1)『大相撲』観戦チケットの本格的なオンライン販売を開始
 これまで『大相撲』の観戦チケットは、国技館サービスが提供するホームページ「相撲案内所」で購入申込可能でしたが、申込後は現金書留もしくは事務局での支払いのみでした。
 この度のホームページリニューアルでは、「gooショッピング」(*6) のオンライン決済ASP機能を利用することで、クレジットカードでの決済を可能とし、リアルタイムにチケットの在庫確認ができるなど、大幅に利便性を改善しました。
 また、インターネット上では「相撲案内所」のみの取り扱いとして、人気の『大相撲』観戦記念みやげも購入可能です。
(2) サイトデザイン変更等のリニューアル
 ホームページ「相撲案内所」の情報提供内容について、「大相撲ホームページ」宛にいただいたご意見なども参考にしながら大幅に見直しました。
 リニューアル後の「相撲案内所」では、”見やすさ”と”わかりやすさ”をポイントに『大相撲』の観戦チケットの案内・購入から、交通の案内、お土産品情報、当日の観戦ガイドまで、観戦までの一連の流れに沿った役立つ情報を提供しています。
 また各説明は、漫画家・俳優の 蛭子 能収氏オリジナル書き下ろしの親しみやすいイラストにて、楽しみながら『大相撲』観戦の醍醐味を理解いただくことができます。
(3) 「大相撲ホームページ」、ポータルサイト「goo」との連携
 昨今のオンラインショッピング利用者の増加に伴い、「大相撲ホームページ」に対して、「ホームページ上で観戦チケットを購入する方法を教えてほしい」といったチケット入手方法や価格に関する問い合わせが多数寄せられるようになっています。
 3者は、「大相撲ホームページ」やポータルサイト「goo」から「相撲案内所」へのリンクを設け、観戦チケット購入希望者への適切な情報提供と、ホームページ閲覧者増加による『大相撲』観戦チケット販売拡大を図り、1人でも多くの方が本場所に足を運んでいただくことで、日本の国技である「相撲」を広く知っていただけるよう、観戦チケットをより購入しやすい環境を整えます。

2. 3者の役割

 新たにリニューアルするホームページ「相撲案内所」の運営は国技館サービスが行い、「gooショッピング」のオンライン決済ASPサービスによるオンラインチケット販売機能を含むリニューアルは、これまで「大相撲ホームページ」を共同プロジェクトにて運営してきたノウハウを活かしNTT-Xが行います。また、日本相撲協会は今回の計画を全面的に支援しアドバイスを行います。

3. 『大相撲』観戦チケット購入方法について

 この度販売する観戦チケットは、毎年1月、5月、9月に東京・国技館で開催される『大相撲』本場所桝席(4人桝)になります。上記本場所の観戦チケットは、開催初日の約1ヵ月前から購入可能となります。
※販売開始日は毎回変わりますのでホームページでご確認ください
[購入方法]
(1)「相撲案内所」ホームページ(http://www.kokugikan.co.jp/)へアクセス
(「gooショッピング 相撲案内所」http://shop.goo.ne.jp/store/sumo/ からも購入可能です)
(2) ご希望のチケットを選択し、クレジットカード等を利用した簡単・便利なオンライン決済もしくは一般(現金書留のみ)にて購入
※オンライン決済利用の際は事前に「gooパスポート」(*7)への登録が必要です

4. 今後の予定

 国技館サービスと日本相撲協会およびNTT-Xは、今後も積極的に『大相撲』の情報提供におけるIT化を進め、充実した情報発信を行っていきます。
以上
《本件に関する問合せ先》
国技館サービス株式会社
Tel:03-3625-2111
財団法人日本相撲協会
広 報 部
Tel
:03-5608-3012
NTT-X 広報室
E-mail:pr@nttx.co.jp
《 補足 》
(*1)【 国技館サービス株式会社 】
 日本相撲協会の主催する『大相撲』興行において、チケット販売の主たる業務を遂行し、大相撲観戦および物販に関する各種サービスの提供を行っています。
(*2)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
 株式会社NTT-Xが運営する『goo』は、1か月あたり約2,000万人のユーザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルサイトです。サービスの中核である「検索エンジン」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報の多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。その他、「コンテンツ」「パーソナルツール」「コミュニティ(約325万会員)」等の幅広いサービスを提供しています。また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。
※日本リサーチセンターのWWW視聴率調査レポート(JAR Report vol.53:調査期間 2003/1/27~2003/2/23)による視聴率52.6%(NAR:4週間に1度以上の訪問者の比率)をもとに,日本におけるパソコンでのインターネット利用ユーザを約3,800万人として算出
(*3)【 NTT-X 】http://www.nttx.co.jp/
 NTT再編に先立つ1999年4月、NTTのマルチメディア推進本部および研究所のスタッフ201名(平均年齢29.5歳)によってスタートした、NTTグループのインターネットサービス会社。国内ネット人口の半数以上が利用するナビゲーションサイト「goo」(www.goo.ne.jp)や、国内最大の本格的e-ラーニングサービス「E-cube」(e-cube.ne.jp)、日本のITカルチャを牽引するWebマガジン「HotWired JAPAN」 (www.hotwired.co.jp) 、国内でベスト10に入る売上高を誇るオンラインPCストア「NTT-X Store」(store.nttx.co.jp) など、数々のネットビジネスを“市場の先陣”としてみずから営みつつ、リーディングカンパニーとして培った技術・ノウハウ・経験をもとに、多くの企業・団体にITコンサルティングやソリューションサービスを提供しており、このユニークなビジネスモデルを「Media X(クロス) Solution」というフレーズで表現しています。
(*4)【 大相撲ホームページ 】
 平成8年の大相撲九月場所開催時に開設した「大相撲ホームページ」は、日本相撲協会の公式ホームページとして、日本固有の国技『大相撲』の取組速報を中心に各種の情報を提供して参りました。今までの約7年の間に提供情報の拡大や、インターネットによるストリーミング(映像配信)をはじめとしたマルチメディア・コンテンツの提供をいち早く行い、月間1000万アクセスの日本有数のスポーツ系情報サイトになっております。また、幕内・十両力士を中心とした英語版ページの提供も当初から行っており、そのアクセスは海外より150カ国以上、全体の15%を占めるに至っております。
(*5)【 iモード公式サイト「大相撲」 】
 iモード公式サイト『大相撲』は平成15年大相撲初場所開催時に開設しました。インターネット上の「大相撲ホームページ」で提供してきた「番付取組速報」や「観戦のご案内」といった基本的な大相撲に関する情報のほか、携帯電話ならではのサービスとして日本相撲協会の持つ膨大な素材から厳選した太鼓の「着メロ」や、現役の幕内・十両力士の「待受画像」など、初めての提供となるオリジナルコンテンツを中心に、エンターテインメント系のコンテンツも提供しています。
(*6)【 gooショッピング 】http://shop.goo.ne.jp/
 「gooショッピング」は、gooショッピングECパッケージ店舗(以下、gooパスポート対応店舗)と、商品情報を登録している複数のショッピングサイト(以下、商品登録店舗)から提供された、「パソコン」「お花」「ファッション」「食べ物」など、幅広いジャンルをカバーした豊富な種類と品数を誇る商品情報を掲載し、商品の決済・購入まで一元的に行えるショッピングサイトです。また、「goo」ならではの高速・高精度の検索機能、gooオリジナルのクレジット決済「gooパスポート決済」をご用意し、gooパスポート対応店舗のストア様にも、初めてオンラインショッピングを楽しむお客様にもご好評をいただいております。
(*7) 【 gooパスポート 】
 「goo」で提供する会員サービスをご利用いただくために必要な「ID」の総称です。「gooパスポート」に申し込みをすると、「gooパスポートID」が発行され、「goo」が提供するフリーメールなどの「ベーシックメニュー」と、商品やコンテンツの購入ができる「プレミアムメニュー」の2つのサービスメニューにアクセスできます。それぞれのメニューは1つのパスポートIDでご利用いただけますが、メニューごとのパスワードの登録が必要です。なお、お支払いはプレミアムパスワードのお申し込みの際にご登録頂いたクレジットカード払いとなります。
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス