「goo」が大学入試センター試験受験者を強力にサポート!「ガンバレ受験生!徹底応援特集 2004」を開設 ~試験直前のネット模試やiモード対応の小テストなどの事前対策から、他に先駆けて提供する試験直後の解答速報・自己採点まで、受験生をトータルにサポート~

平成15年12月17日

報道発表資料

株式会社NTT-X

「goo」が大学入試センター試験受験者を強力にサポート!
「ガンバレ受験生!徹底応援特集 2004」を開設
~試験直前のネット模試やiモード対応の小テストなどの事前対策から、他に先駆けて
提供する試験直後の解答速報・自己採点まで、受験生をトータルにサポート~
特集のURL:http://season.goo.ne.jp/center2004/

 インターネットポータルサイト「goo」(*1)を提供する株式会社NTT-X(*2、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中嶋 孝夫)は、本日より平成16年1月30日(金)までの期間、2004年度版 goo「ガンバレ受験生!徹底応援特集」を提供します。
 本特集は、平成16年度の大学入試センター試験(以下、センター試験)受験生を対象に各種情報・サービスを提供するもので、試験会場や試験概要などの事前準備に役立つ情報の提供や、本試験対策として直前ネット模試、iモードに対応した小テストを提供します。
 また、センター試験直後の解答速報の提供および他の同様のサービスよりいち早く、試験当日の深夜より自動採点が可能な自己採点サービスを提供するなど、試験前から試験後まで、センター試験を直前に控えた受験生を幅広く支援します。

1. 背景

 平成16年度のセンター試験(平成16年1月17日・18日実施)は、387の私立大学と国公立大学を含め、全国543大学、志願者587,350人が参加し、多くの大学受験生にとって重要な試験です。
 NTT-Xでは、インターネットポータルサイトの中で唯一、センター試験対策の特集を提供しており、今年で3回目の特集開設となりますが、昨年度のセンター試験特集では、試験終了後最も早い段階から自己採点が可能であったことがクチコミで広がり、一昨年の5倍を越えるアクセスをいただくと共に、利用者から喜びの声を多数いただきました。
 NTT-Xでは、これを踏まえ、今年も引き続きセンター試験特集を提供することで、幅広く受験生をサポートするものです。

2. 概要

 本特集は、試験の事前準備に役立つ情報として、試験会場案内やセンター試験ガイドなどの関連情報の提供し、本試験対策として、センター試験のマークシートをリアルに再現した試験直前全国一斉ネット模試サービスおよび、iモード対応携帯電話機でも利用可能な直前対策用小テストを提供します。
 また、開運アイテム/必勝ジンクスの紹介およびランキングへの投票機能や、自分自身の開運アイテムやジンクスを投稿できるコーナーを提供し、受験生がほっと一息つきながらお手軽に楽しんでいただけるコンテンツを提供します。
 さらに、センター試験終了後のサービスとして、解答速報の提供および他の同様のサービスに先駆けてインターネットにて自動採点が可能な自己採点サービスの提供に加え、2次試験の受験先を決める参考に利用できる詳細な「個別診断表」を提供します。

3. goo「ガンバレ受験生!徹底応援特集」の特徴

【センター試験事前対策】
(1) 大学入試センター試験直前ネット模試(JC教育研究所提供)
 国内最大規模の大学入試問題データベースを有する株式会社ジェイシー教育研究所(*3、以下JC教育研究所、本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:御園 一成)と提携し、センター試験対策模試を「goo」上にて実施します。
 センター試験直前期に実施するため、学習の進捗度合いの最終チェックに活用できると共に、実施期間中いつでも参加できるため、より多くの方が参加しやすいものとなっています。また、自己採点後にはホームページ上で閲覧可能な2次試験の受験先を決める参考となる「個別診断表」を提供します。 (ご利用には会員登録が必要です)
・実施日時:平成15年12月24日(水)12:00 ~ 12月26日(金)12:00
 ※実施期間中は随時参加可能です
 ※解答送信の受付は26日の18時まで
・実施科目:「英語」「数学I」「数学I・A」「数学II」「数学II・B」「国語I」「国語I・II」以上7科目
<特長>
・本番の試験用紙がリアルに再現されており、試験直前期の予行演習に最適です。
・採点結果は12月27日(土)以降に科目毎・科目合計得点、順位、各設問の正答率および受験生平均との比較、診断結果グラフなどを「個別診断票」としてまとめ、会員専用ページにログインすることで迅速かつ手軽に結果を入手できます。
・大手予備校の大学センター試験模試が既に終了している中、全国規模での実力把握ができる最後の機会です。
(2) 大学入試センター試験対策小テスト(JC教育研究所提供)
 大学入試センター試験でぜひ押さえておきたいポイントを、日替わりの小テストとして提供します。iモード対応携帯電話機からも利用可能で、いつでもどこでも空き時間を利用して学習できるため、試験直前期の復習として最適です。 (ご利用には会員登録が必要です)
 ※iモードでのご利用は平成15年12月18日(木)からとなります。
・提供期間:本日~平成16年1月30日(金) 
・提供内容:「英文法」、「漢字」の2ジャンルを1日5問づつ4~5択方式で出題
<特長>
・問題解答毎に「採点」ボタンを押下すると、正解をはじめ他の受験者の正答率や間違えやすい選択肢などの情報も合わせて即座に表示されるため、弱点の確認に最適です。
・出題済みのバックナンバーの解答も可能です。
・iモードからもパソコンと同様の小テストを利用可能です。
【センター試験事前準備】
(3) できる受験生の直前対策
(a) 昨年のセンター試験
 前回の平成15年度センター試験問題を提供します。問題用紙をダウンロードして解答できるため、センター試験直前ネット模試と合わせ予行演習に最適です。また、昨年の本試験の結果データを詳細に紹介し、結果を比較しての自己分析に活用できます。
・提供期間:平成15年12月17日(水)~平成16年1月30日(金)
・提供科目:国語I、国語I・II、数学I、数学I・A、数学II、数学II・B、英語、物理IB、化学IB、生物IB、地学IB、世界史B、日本史B、地理B、現代社会、倫理、政治・経済  以上計17科目
(b) センター試験ガイド
 センター試験の仕組みと特徴、国公立大学および私立大学の入試情報やマーク式試験への心構えなどを情報提供しています。
(c) センター試験受験会場案内
 毎年大学入試センターが発表する「センター試験全会場(全693会場)資料」をいち早くデータベース化し、会場周辺の地図や天気情報などと組み合わせてインターネットならではの提供方法で会場案内を行います。なお、本情報はiモード対応携帯電話機からも利用可能で、外出先や下見の際などに便利です。(※i モードでの提供は12月18日(木)より)
(d) 準備カレンダー&持ち物リスト
 センター試験当日までのスケジュール管理に利用できるカレンダーの提供や、忘れて困る、またはあって便利な試験当日の持ち物について紹介します。
(e) 2次試験に泊まる宿
 全国の試験会場案内と連動し、全国の受験生向け宿泊施設(約1,000件)を紹介します。
(f) 各大学入試窓口リンク集
 国公立大学の各大学入試情報紹介ホームページについて、都道府県毎のリンク集を提供します。
【受験生息抜きコンテンツ】
(4) 受験生必見!開運・必勝情報
 受験生がほっと一息つける、息抜きのための情報を提供します。
(a) 開運アイテムランキング/必勝ジンクスランキング
 開運アイテムや必勝ジンクスを紹介するだけでなく、それぞれに投票することもできます。また、自分の周りや自分自身が信じているアイテムやジンクスを投稿することで、抽選でプレゼントを提供します。
 《 プレゼント商品 》
  ・京セラ Finecam SL300R  1名様
  ・JTB商品券 1万円  3名様
  ・大正製薬リポビタンD 10本  10名様
(b) 今日の学業運を占う
 今日の学業運を占う「開運ダーツ」を提供します。本ゲームはiモードでもご利用いただけます。
  ※iモードでのご利用は平成15年12月18日(木)からとなります。
【センター試験終了後利用できるサービス】
(5) 大学入試センター試験自動採点・速報(JC教育研究所提供)
 昨年も好評であったオンラインでのセンター試験自己採点サービスおよび解答速報を他の同様のサービスに先駆けて提供します。採点結果は、センター試験直前ネット模試同様に、科目毎・科目合計得点、各設問の正答率、診断結果グラフなどを「個別診断表」としてまとめ、会員ページにログインすることで手軽に結果を入手できます。 (ご利用には会員登録が必要です)
・提供期間:自己採点 平成16年1月17日(木)夜~平成15年1月30日(金)
 ※解答速報は平成16年1月17日(木)夜~平成16年1月30日(金)
 ※個別診断表は試験当日より会員ページにて提供し随時更新
・提供科目:国語I、国語I・II、数学I、数学I・A、数学II、数学II・B、英語、総合理科、物理IA、物理IB、化学IA、化学IB、生物IA、生物IB、地学IA、地学IB、世界史A、世界史B、日本史A、日本史B、地理A、地理B、現代社会、倫理、政治・経済  以上計25科目
<自動採点の特長>
 ・各自の解答を入力していくだけで即座に得点を確認できます。
 ・自分の得点だけでなく、問題ごとの正誤、正解、配点も知ることができます。
 ・模試受験者は受験者全体と比較した相対的な順位なども把握できます。

4. パソコンでの利用方法

(1)「goo」(http://www.goo.ne.jp)のトップページ「特集」から「ガンバレ受験生!徹底応援特集」へ、または特集のURL(http://season.goo.ne.jp/center2004/)を直接入力
(2) メールアドレス・パスワードを入力しログイン(※)
(3) 各利用者の「マイページ」から各コンテンツへ
 ※センター試験直前ネット模試、日替わり小テスト、解答速報、自動採点、掲示板の各サービスのご利用に当たっては、「ガンバレ受験生!徹底応援特集」のページから、あらかじめ会員登録が必要です。なお登録は無料です。

5. iモードからの利用方法

 本特集のセンター試験対策小テスト、センター試験受験会場案内、開運ダーツについては、iモードからのご利用も可能です。外出先などから便利にアクセスできる利便性を提供します。
 ※iモードでのご利用は平成15年12月18日(木)からとなります。
【ご利用方法】
 iモード公式サイト「まちgoo」にアクセス
 《まちgoo iモードへのアクセス方法》
   iメニュー>iエリア>グルメ/タウン情報>まちgoo
 [ドコモ中央契約の携帯電話]
   iメニュー>メニューリスト>タウン情報/行政>タウン情報>まちgoo
 [ドコモ中央以外契約の携帯電話]
   iメニュー>i地域別>関東甲信越>タウン情報/行政>タウン情報>まちgoo
以上
《本件に関する問合せ先》
NTT-X 広報室
E-mail:pr@nttx.co.jp
《 補足 》
(*1)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
 株式会社NTT-Xが運営する『goo』は、1か月あたり約1,000万人のユーザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。サービスの中核である「検索サービス」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。また、併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス(約370万会員)」等の幅広いサービスも提供しています。また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。
※2003年8月のNielsen//NetRatings「NetView AMS JP」における家庭からの視聴率23.9%、職場からの視聴率32.65%というデータをもとに、家庭、または職場からのインターネットユーザーを約 4096万人(NetRatings Japan「インターネット基礎調査」より)としてgooのユニークユーザー数を算出。
(*2)【 NTT-X 】http://www.nttx.co.jp/
 1999年4月、NTTの研究所およびマルチメディア推進本部のスタッフ201名(平均年齢29.5歳)によってスタートしたインターネットサービス会社。検索ポータル「goo」(http://www.goo.ne.jp/)や、国内最大の本格的eラーニングサービス「E-cube」(http://e-cube.ne.jp/)、日本のITカルチャを牽引するWebマガジン「HOTWIRED JAPAN」 (http://www.hotwired.co.jp/) 、国内ベスト10に入る売上高を誇るオンラインPCストア「NTT-X Store」(http://store.nttx.co.jp/) 等、数
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp