「goo」でユーザの関心に応じてニュース記事見出しを表示するパーソナライズサービスに関する公開実験を開始

平成16年7月1日

報道発表資料

日本電信電話株式会社
NTTレゾナント株式会社

「goo」でユーザの関心に応じてニュース記事見出しを表示する
パーソナライズサービスに関する公開実験を開始

 日本電信電話株式会社(以下NTT、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和田紀夫)と、ポータルサイト「goo」を提供するNTTレゾナント株式会社(以下NTTレゾナント、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:資宗克行)は、NTTサイバーソリューション研究所が新たに開発した「高効率類似文書検索エンジン」を用いて、ユーザの関心に適合したニュース記事を表示する「ニュース記事表示高度化実験」を、平成16年7月1日より平成16年11月1日までの期間、「goo」上で共同公開実験として実施します。

1. 実験の概要

 「goo」をはじめとしたポータルサイトでは、ニュースコーナーを開設し、時々刻々と変化する様々なジャンルのニュースを提供しています。
 本実験では、ユーザがこれまで閲覧した記事全文に含まれる単語の中から、重要と思われるキーワードを自動抽出し、これを用いて検索を自動かつ即座に行うことで、ユーザの関心が高いと思われるニュース記事を個別に表示可能にしました。
 また、これまで「goo」では、「gooニュース」の一部において、任意に設定したキーワードがニュース記事中に含まれる記事を「関連ニュース」として自動表示していましたが、本実験では、上記同様に記事全文の中から抽出されたキーワードにより検索し、関連記事を表示するため、ユーザはより広範な関連記事を迅速に閲覧可能になります。

2. 実験項目

(1)「あなただけのお薦めニュース」実験サービス
 「goo 2004アテネ五輪特集」において、ユーザがクリックして閲覧した記事の全文に含まれる単語をもとに、最新のニュース記事データベースから、該当する単語を含む利用者の関心があ りそうな他のニュース記事の見出しを抽出して個別に表示する、パーソナライズ表示についての実験サービスです。
(2)「関連記事」実験サービス
 「goo」上で閲覧中の記事内容をもとに、最新のニュース記事データベースから、これに関連する他の記事を抽出し表示します。

3. 実験スケジュール等

実験期間:平成16年7月1日より平成16年11月1日
 ただし、「goo 2004アテネ五輪特集」での実験サービス提供については、同特集の開設期間である平成16年7月1日より平成16年9月30日までの間とします。
「goo 2004アテネ五輪特集」URL:http://athens2004.goo.ne.jp/
「gooニュース」URL:http://news.goo.ne.jp/

4. 実験サービスの利用方法

 「goo 2004アテネ五輪特集」トップページに、「あなただけのお薦めニュース」を表示する(または表示しない)」ためのボタンを配置します。また、「goo ニュース」の記事ページに「関連記事」を表示する(または表示しない)ためのボタンを配置します。ユーザは各ボタンをクリックしていただくことで、実験サービスの利用および中止が可能です。

5. 実験の目的と役割

・NTT:「高効率類似文書検索エンジン」の商用サービス環境における有効性および有用性の検証
・NTTレゾナント:「goo」の情報検索を中心とした各種機能のビジネス性やユーザニーズへの有効性および有用性の評価

6. 「高効率類似文書検索エンジン」について

 本検索エンジンの特徴は、大容量かつ頻繁に更新されるデータを対象として、より多数の検索要求の同時処理を可能とした点であり、従来より2.8倍(NTT技術比)の高い検索処理能力を実現いたしました。この結果、従来の1/3程度のサーバ能力で同等の検索サービスを提供することが可能となり、運用コストの大幅な削減を可能といたしました。本検索エンジンは、以下の2つの方式により構成されています。
(1)DEMPAインデックス方式
 従来、キーワードによる検索を行う場合、インデックス情報にある記事の文書番号から、データベース上にランダムに格納されている記事情報を抽出し、検索結果を表示しているため、1検索あたり高い処理能力が必要とされ、設備への負担がかかっていました。これを解決するため、キーワードに関連したデータを局所的(一定個所にまとめて)に格納するDEMPA(Double Ended Management for Posting Array)インデックス方式の開発により、検索対象の文書量が膨大になっても高い検索処理能力を実現しました。
(2)更新バッファ管理方式
 収集してきたデータを局所的に格納・削除するにあたっては、データ格納場所の空き容量の状態により、複雑な更新処理が必要となりますが、データサイズにあわせて格納容量を再割り当てする更新バッファ管理方式を開発したことで,劣化のない更新処理を実現しました。

7. 「goo 2004アテネ五輪特集」について

 8月13日より開催されるアテネオリンピック大会について、全競技、全日本選手と主要海外選手の動向に関するニュースや競技日程、写真、結果をはじめ、スポーツ総合誌「Number」が編集するスポーツ情報サイト「gooスポーツ」の読み応えあるオリジナルコラムなど、オリンピックの感動を余すことなくお伝えします。

8. 今後の予定

 NTTでは、ブロードバンド時代におけるポータルサイトの付加価値をさらに高めるために、インターネット検索サービスの更なる高機能化のための研究・開発を進めていきます。また、NTTレゾナントでは、本実験で得られたデータをもとに、「goo」でのサービス化も視野に入れビジネス性の検討を図る予定です。
以上
《本件に関する問合せ先》
NTTサイバーコミュニケーション総合研究所
企画部広報担当
E-mail:ckoho@lab.ntt.co.jp
NTTレゾナント ポータル事業本部
E-mail:pr@nttr.co.jp
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp