「goo ブログ」でのブログ開設数が5万件を突破! ~合わせてユーザが自由にテーマを設定できる「テーマサロン」を近日中に開設~

平成16年10月7日

報道発表資料

NTTレゾナント株式会社

「goo ブログ」でのブログ開設数が5万件を突破!
~合わせてユーザが自由にテーマを設定できる「テーマサロン」を近日中に開設~
「goo ブログ」のURL:http://blog.goo.ne.jp/

 NTTレゾナント株式会社 (*1、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:資宗 克行)は、インターネットポータルサイト「goo」(*2)において、ブログ(*3)開設サービスのみならず、広く国内の最新ブログを検索できる、ブログポータル「goo ブログ」を本年3月より提供していますが、当初予想を大幅に超える早いペースでユーザ数が拡大し、本日、ブログの開設数が5万件を突破しました。
 NTTレゾナントではこれを受けて、ブログを通じたコミュニケーションのさらなる活性化を図る目的で、ご利用ユーザが自由にテーマを設定できる「テーマサロン」をリニューアルし、近日中に提供します。

1. 「goo ブログ」について

(1) 「goo ブログ」は、広く国内の最新のブログを検索できる機能に加え、モブログ(*4) 機能、トラックバック(*5)機能といった充実した編集機能を容易に扱うことができるブログ開設サービスを提供するなど、あらゆるブログユーザのニーズに応えるブログポータルです。
 新たにブログを開設するユーザに加え、開設したブログを広く知らせるための通知機能である ping(*6) を発信している積極的なユーザのブログを、ほぼリアルタイムにて全文検索が可能で、「goo」の集客力を背景に、常に豊富で新鮮なブログ情報のもとにあらゆるブログユーザが集い、活発にコミュニケーションできる場を提供しています。また、本年5月からは、カメラ付き携帯電話で読み取り可能な2次元バーコードである「QRコード」 (*7)の表示を開始し、携帯電話向けのサービス強化も図っています。
(2) また、本年10月4日に発表した、「goo」ワンストップ検索では、Web検索結果に加えて「goo」独自の5つの専門データベースからの情報を合わせて表示する利便性向上を図っていますが、検索結果表示内に「gooブログ」の中からキーワードに関連するブログを表示することで、ブログユーザのみならず、広く「goo」をご利用のユーザがブログを閲覧する機会を提供しています。
(3)これら充実したサービス内容を背景に、提供開始以来順調にユーザ数を伸ばしていますが、この度「goo ブログ」でのブログ開設者数が5万人を突破しました。

2. 「テーマサロン」の提供について

 「goo ブログ」では、これまで新規にブログを開設するユーザから「何をテーマに書けばいいのかわからない」といった声が寄せられる中、本年5月より、ブログユーザ同士が、共通のテーマを通じて一層のコミュニケーションを図れる場として、「goo ブログ」の編集スタッフが、生活の中の身近なテーマを設定し、そのテーマに沿ったトラックバックを募集する形式にて「テーマサロン」を運営してきました。
 この度、ブログ開設数5万件突破に合わせて、新しいテーマサロンを近日中に提供開始します。新たな「テーマサロン」は、”ユーザが自由にテーマを設定し、多彩な話題によりコミュニケーションを促進する”というコンセプトに基づいて提供します。

3. 「テーマサロン」の概要

 近日中にリニューアルして新たに提供する「テーマサロン」は、「goo ブログ」を開設しているユーザならどなたでも自由にテーマを設定し、トラックバックを募集することが可能で、「goo ブログ」に限らず、あらゆるブログユーザがトラックバックを送信できます。
 また、ユーザ毎に自分自身の興味や趣味に関するテーマを自由に設定できる機能を提供することで、これまで「テーマサロン」で設定されるテーマに興味がなく参加しにくかったユーザに対して、気軽に参加できる場を提供すると共に、ユーザ毎に設定される多彩なテーマにより、ユーザ同士が共通の話題でより一層コミュニケーションを醸成できる環境を提供します。
 なお、従来は幅広い人が参加しやすいよう、スポーツ関連や時事関連などの生活に関連した一般的なテーマを中心に「テーマサロン」を提供してきましたが、今後はユーザが独自にテーマを設定できるため、より”ニッチ”なテーマについて深い情報のやりとりが推進されると予測でき、これまで以上に多彩なコミュニケーションの展開が期待されます。
 NTTレゾナントでは、本サービスの導入により、ブログユーザ同士のコミュニケーションの活性化、および、ブログユーザが自分自身の興味に合うブログを見つけやすい環境の提供を目指します。

4. 今後の展開

 NTTレゾナントでは、本サービスの提供により、ユーザ間での口コミ情報を集積することにより、今後、マーケティングメディアとしてのブログの可能性を追求しつつ、ユーザに支持される利便性の高いサービスの提供を目指します。
以上
【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント ポータル事業本部
E-mail:pr@nttr.co.jp
《 補足 》
(*1)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
 NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト『goo』や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。
 NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する『goo』を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。
(*2)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
 NTTレゾナントが運営する『goo』は、1ヶ月あたり約1,370万人のユーザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。サービスの中核である「検索サービス」ではウェブページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。また、併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス(約430万会員)」等の幅広いサービスも提供しています。また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。
※2004年5月のNielsen//NetRatings「NetView AMS JP」における家庭からの視聴率30.0%、職場からの視聴率45.3%というデータをもとに、家庭、または職場からのインターネットユーザを約 7,546万人(NetRatings Japan「インターネット基礎調査」より)として『goo』のユニークユーザ数を算出。
(*3)【 ブログ 】
 「ウェブ(web)」と「ログ(log)」との合成語で、「ブログ(blog)」はその略語と言われています。ニュースや事件,趣味などに関し日記形式で自分の意見を書き込むインターネットのサイトやホームページの総称です。開設者が個人の意見を表明していくことを基本としている点や、閲覧者が自由に意見を書き込める点がこれまでの掲示板や個人日記サイトと異なり、個人ジャーナリズムとしても注目されています。その作成や管理を容易に行うことができる機能が一般化されたこともその人気の一因と言われ、1999 年頃からアメリカで広まりました。
(*4)【 モブログ 】
 「モバイル(mobile)」と「ブログ(blog)」の合成語で、カメラ付き携帯電話などで撮影した写真やコメントを、外出先からも容易に掲載できるブログを指します。
(*5)【 トラックバック 】
 任意のユーザのブログに、自分のブログの記事と自分のブログへのリンクを挿入できる機能です。これまでの個人ホームページ等と異なり、相手のBLOGに自分から記事投稿のみならずリンクの設定が容易にできることで、双方向性を持った情報発信が可能になります。
(*6)【 ping 】
 ブログの開設もしくは更新されたことを、任意のサイトに通知する機能です。
(*7)【 QRコード 】
 2次元コードの一種で、バーコードが一方向だけに情報を持っているのに対し、縦、横二方向に情報を持つことで、記録できる情報量を飛躍的に増加させたコードです。なお、QRコードは(株) デンソーウェーブの登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp