新潟県中越地震に関する『goo』の対応について(第3報)

平成16年10月28日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社

新潟県中越地震に関する『goo』の対応について(第3報)
~ペ・ヨンジュン主演ドラマ配信の収益金を
新潟県中越地震義援金として寄贈するチャリティーを実施~
URL:http://www.goo.ne.jp/

 インターネットポータルサイト「goo」(*1)を提供するNTTレゾナント株式会社 (*2、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:資宗 克行)は、この度の「新潟県中越地震」発生に際し、「goo」において以下のような対応を行っております。

1. チャリティーの実施について

 「goo」では、新潟県中越地震で被災された皆様の早期復興を祈念し、韓国の放送局および株式会社インタラクティブメディアミックス(以下、IMX、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:孫 一亨)の協力のもと、『goo新潟県中越地震義援金チャリティー』を実施します。
 チャリティーは、被災者に向けてお見舞いのコメントも送られているペ・ヨンジュン氏出演のドラマ『ホテリアー』および『若者のひなた』の韓国オリジナル版の有料動画を視聴いただく形で実施します。それぞれ第2話~5話を視聴いただいた方からの収益の全額を、新潟県中越地震の義援金として新潟県災害対策本部などを通じて被災者の皆様へ寄贈します。
(1) チャリティーの概要
 本チャリティーは、チャリティーコンテンツとして提供するぺ・ヨンジュン氏主演ドラマを視聴いただいた方からの収益の全額を、新潟県中越地震の義援金として新潟県災害対策本部などを通じて被害者の皆様へ寄贈するものです。
■運営体制
 主催:NTTレゾナント
 協力:IMX
 コンテンツ提供:KBSi、iMBC
■チャリティー実施期間:平成16年10月28日~11月26日(予定)
■対象コンテンツ
 『ホテリアー』第2話~第5話
  ※チャリティーとしての視聴期間:平成16年10月28日~11月26日(予定)
 『若者のひなた』第2話~第5話
  ※チャリティーとしての視聴期間:平成16年11月1日~11月26日(予定)
■チャリティーコンテンツ視聴料金
 『ホテリアー』 262円(1話視聴)
 『若者のひなた』 315円(1話視聴)
(2) チャリティー参加(視聴)方法
■アクセス方法
 ⇒「goo」トップページ(http://www.goo.ne.jp/)から「韓国ドラマ」をクリック
  ⇒「アジアに広がる韓流特集」から「ホテリアー」または
  「若者のひなた」をクリック
  ⇒各ページから「動画視聴」をクリックし動画購入ページから
  「購入する」をクリック
  ⇒「gooらくらく決済」(*3)のID、パスワードを入力し参加(視聴)。
 ※以下のURLにて直接ご覧いただくことも可能です。
 ・「ホテリアー」URL:http://bb.goo.ne.jp/special/brokore/hotelier/index.html
 ・「若者のひなた」URL:http://bb.goo.ne.jp/special/brokore/sunshine/index.html
 ※「若者のひなた」のチャリティーコンテンツ視聴は11月1日からとなります。
 ※有料コンテンツの視聴は「gooらくらく決済」への登録が必要となります。
 (登録料無料)
「gooらくらく決済」への登録方法は、下記をご覧ください。
URL:http://profile.mail.goo.ne.jp/func/premium
■動画視聴条件
 ・OS:Windows 98 Me、2000、XP
(Macintosh、その他のOSは対応していません。)
 ・ブラウザ:Microsoft Internet Explorer 5.01sp2以上
  ※JavaScript、ActiveXコントロールの設定をON に設定してください。
 ・プラグイン:Windows Media Player バージョン9以上
 ・通信回線:ADSL・光ファイバーなど下り600kbps以上
(3) ペ・ヨンジュンさんのコメント
 「新潟にいらっしゃる方々のご苦労は、本当にたいへんなことと思いますが、どうかお力を落とさず、出来る限り早く復興できることを心から祈っています。」
(ペ・ヨンジュン日本公式サイトより)
以上
【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント ポータル事業本部
E-mail:pr@nttr.co.jp
《 補足 》
(*1)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
 NTTレゾナントが運営する『goo』は、1ヶ月あたり約1,370万人のユーザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。
 サービスの中核である「検索サービス」ではウェブページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。また、併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス(約430万会員)」等の幅広いサービスも提供しています。また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。
※2004年5月のNielsen//NetRatings「NetView AMS JP」における家庭からの視聴率30.0%、職場からの視聴率45.3%というデータをもとに、家庭、または職場からのインターネットユーザを約 7,546万人(NetRatings Japan「インターネット基礎調査」より)としてgooのユニークユーザー数を算出。
(*2)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
 NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト『goo』や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。
 NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する『goo』を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。
(*3)【 gooらくらく決済 】http://profile.mail.goo.ne.jp/func/premium
 「goo」で提供する会員サービスをご利用いただくために必要な「gooID」を利用し、商品やコンテンツの購入ができる決済手段を提供するサービスです。お支払いは「gooらくらく決済」のお申し込みの際にご登録頂いたクレジットカード払いとなります。
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp