『goo』で、ペ・ヨンジュン初主演テレビドラマ「愛の挨拶」を他社に先駆け全話先行配信開始

平成16年11月5日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社

『goo』で、ペ・ヨンジュン初主演テレビドラマ
「愛の挨拶」を他社に先駆け全話先行配信開始
URL:http://bb.goo.ne.jp/special/brokore/aisatsu/

 インターネットポータルサイト「goo」(*1)を提供するNTTレゾナント株式会社 (*2、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:資宗 克行)は、本日より、1994年韓国でテレビ放映され大ヒットした、ペ・ヨンジュン主演のドラマシリーズ「愛の挨拶」(製作:KBS/1994年)全25話を、他社に先駆けインターネット配信します。

1. 「愛の挨拶」について

 本ドラマは、「韓流」ブームの立役者であるペ・ヨンジュンの記念すべき初主演作品です。ペ・ヨンジュンは、1994年放映の本作品で「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督と出会い、演技の基礎を学ぶことになります。ペ・ヨンジュンの役者人生のスタートを切った記念碑的作品であり、後に日本で大ヒットとなるユン・ソクホ監督の「冬のソナタ」に通じる内容となっています。
 インターネットで本作品を全話配信するは初の取り組みであり、本作品の日本語字幕版を他社に先駆けて配信を行うものです。
<ストーリー>
 小さい頃からずっと一緒だった幼なじみのヨンミン(ペ・ヨンジュン)とヘイン(ソン・ヒョナ)は、大学という新しい世界に飛び込んだ好奇心いっぱいの新入生。その周囲にはヨンミンとひとつ屋根の下で暮らす正直者のポングァン(キム・ギョンウン)と愉快なヒドン(クォン・オジュン)、ヘインと同居するキュートなお澄ましさんのミナ(イ・ウィジョン)、クールなジョンナム(キム・ジホ)といった気のいい仲間たちがいた。
 ヨンミンは以前からヘインに想いを寄せていたが、大学に入ってからはすれ違いが続いていた。さらに同じ学科の先輩ジフンが現れ、急速にヘインと親しくなっていく。そんな2人の姿にヨンミンの不安は募るばかりだった。
 一方、キャンパスでは期末テストで皆落ち着かない。そのテストがひと段落しても学生たちの悩みは尽きることがなかった。ヒドンはジョンウンに男らしい魅力を感じないと言われ、ポングァンは故郷から会いにきた幼なじみに冷たくあたったことで、それぞれ落ち込んでしまう。クラスや研究会での騒動も絶えなかった。ヨンミンたちは次々に起こる問題を乗り越え・・・。
<キャスト>
・ペ・ヨンジュン:(主な出演作品:『冬のソナタ』『ホテリアー』『初恋』)
・キム・ヒョンジュン:(主な出演作品:『レディ・ゴー!』『ガラスの靴』『日差しに向かって』)
・ソン・ヒョナ:(元ミス・コリア)
・ユン・ソナ[友情出演]:(主な出演作品:『愛の群像』『木更津キャッアイ日本シリーズ』)
 ほか
<スタッフ>
監督:ユン・ソクホ(主な監督作品『冬のソナタ』『秋の童話』、チョン・キサン ほか

2. アクセス方法等

<アクセス方法>
「goo」トップページ(http://www.goo.ne.jp/) から「韓国ドラマ」をクリック
  ⇒「愛の挨拶」をクリック
※以下のURLにて直接ご覧いただくことも可能です。
URL:http://bb.goo.ne.jp/special/brokore/aisatsu/
<提供価格>
料金: 315円(税込)/7日間視聴可能
・第1話のみ無料でご覧頂くことができます。
<配信スケジュール>
平成16年11月5日より第10話までの配信を開始し、以降11月中に全話(25話)配信します。
<動画視聴条件>
配信帯域:500kbps、1.5Mbps
OS:Windows 98 Me、2000、XP(Macintosh、その他のOSは対応していません。)
ブラウザ:Microsoft Internet Explorer 5.01sp2以上
 ※JavaScript、ActiveXコントロールの設定をON に設定してください。
プラグイン:Windows Media Player バージョン9以上
通信回線:ADSL・光ファイバーなど下り600kbps以上
以上
【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント ポータル事業本部
E-mail:pr@nttr.co.jp
《 補足 》
(*1)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
 NTTレゾナントが運営する『goo』は、1ヶ月あたり約1,370万人のユーザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。
 サービスの中核である「検索サービス」ではウェブページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。また、併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス(約430万会員)」等の幅広いサービスも提供しています。また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。
※2004年5月のNielsen//NetRatings「NetView AMS JP」における家庭からの視聴率30.0%、職場からの視聴率45.3%というデータをもとに、家庭、または職場からのインターネットユーザを約 7,546万人(NetRatings Japan「インターネット基礎調査」より)としてgooのユニークユーザー数を算出。
(*2)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
 NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト『goo』や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。
 NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する『goo』を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス