「goo」をいつでも手軽に利用できるソフトウェアを機能拡充 ~ブラウザを立ち上げずに検索できるツールバーと、自分だけのTV番組表を表示するスクリーンセーバー~

平成16年12月21日

報道発表資料

NTTレゾナント株式会社

「goo」をいつでも手軽に利用できるソフトウェアを機能拡充
~ブラウザを立ち上げずに検索できるツールバーと、自分だけの
TV番組表を表示するスクリーンセーバー~
『goo スティック』         URLhttp://stick.goo.ne.jp/
『goo スクリーンセーバー』    URLhttp://screen.goo.ne.jp/

 NTTレゾナント株式会社 (*1、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:資宗 克行)は、インターネットポータルサイト「goo」(*2) において、本日より、ブラウザを立ち上げなくても検索できる「デスクバンド機能」などを追加したブラウザ常駐型のツールバーの新バージョン『gooスティックVer.5.0』および、自分だけのオリジナルTV番組表を表示させることができる情報プッシュ型スクリーンセーバーの新バージョン『goo スクリーンセーバーVer.2.0』を提供します。
 『gooスティックVer.5.0』および『goo スクリーンセーバーVer.2.0』は、パソコンを利用する様々なシーンで、手軽に、すばやく「goo」の検索機能やコンテンツの閲覧を可能にするソフトウェアです。なお、両サービスのご利用は無料です。

1.『gooスティックVer.5.0』について

 『gooスティックVer.5.0』は、平成12年6月にVer.1を提供開始して以来、多くのユーザに利用いただいているブラウザ常駐型のソフトウェアで、ウェブ検索、辞書検索など、「goo」の便利な検索機能を、ブラウザからすぐに利用できます。
 『goo スティックVer.5.0』では、ブラウザを立ち上げることなく、パソコンのデスクトップ上で「goo」の様々な検索機能を利用できるデスクバンド機能等、使いやすさを更に追求しました。
(1) 『gooスティックVer.5.0』で新たに追加した機能
◆デスクバンド機能
 ブラウザを立ち上げずにデスクトップ上にある検索ボックスから素早く様々な検索が可能です。
◆ポップアップブロック
 ブラウザを立ち上げた際、広告などユーザの意図とは関係なく開かれるウィンドウをブロックすることができます。不必要なページを表示しないことでユーザのストレスを軽減します。
◆スキン(*)機能
 インターネットエクスプローラのメニュー背景を好きなデザインにカスタマイズできる機能です。気分に合わせてオリジナルのデザインをお楽しみいただけます。
(*)スキン:パソコンのアプリケーション画面
◆ブログ投稿機能
 「ブログへ書く」ボタンを押すと、既でにログイン済みの「goo ブログ」ページへアクセスし、即座に投稿できます。
(2)システム必要条件
・OS:Windows 98 /Windows Me /Windows NT4.0
   Windows 2000 /Windows XP
・ブラウザ:Microsoft Internet Explorer 5.0SP2 以降
(3) 利用方法
「goo」のトップページから「ツールバー」をクリック(http://wwwgoo.ne.jp/)
 ⇒『goo スティックVer.5.0』のダウンロードページ(http://stick.goo.ne.jp/
  ⇒「ダウンロードする」ボタンをクリック
   ⇒『goo スティックVer.5.0』のインストーラーをダウンロード
      およびインストール

2. 『goo スクリーンセーバーVer.2.0』について

 『goo スクリーンセーバーVer.2.0』は、平成16年3月より提供開始している「goo」オリジナルの無料スクリーンセーバーで、ニュースや天気、占い、音楽・映画、レシピなど、「goo」で提供中の情報がプッシュ型で配信され、ブラウザを起動しなくても最新のトピックスを即座に一覧できるソフトウェアです。
 パソコンを起動させながらテレビを見る「ながら視聴」のような場合でも、「goo」からの最新情報が自動的に配信されトピックスを閲覧できるなど、昨今、増加している常時接続環境の下でご利用いただく際に最適な情報収集ツールとして提供します。特に主婦の方には毎日更新されているレシピ機能が、忙しいビジネスマンにはカレンダーやニュース速報機能が好評です。
 『goo スクリーンセーバーVer.2.0』では、常時パソコンを起動していること多いユーザの利用シーンに対応し、カレンダーや書き込んだメモをパソコンのデスクトップに表示できる「デスクボード」機能や、自分の好きなTV局の番組表を表示できるTV番組表機能を追加します。
(1)新たに追加した機能
◆デスクボード
 カレンダーや最新ニュースタイトルの表示、メモ機能、gooスクリーンセーバーの起動など便利な機能をデスクトップ上に表示する機能です。
◆TV番組表機能を追加
 スクリーンセーバー上に現時刻から翌日の明け方までのTV番組を表示できます。また、地域別にテレビ局を選択して表示させたり、番組のジャンルごとに表示の色を変えたりと、ユーザオリジナルのTV番組表を表示させることができます。
【選択可能なテレビ局】例:東京
地上波・アナログBS・BSデジタル(無料)・BSデジタル(有料)
【番組ジャンル】
ドラマ・映画・音楽・スポーツ・バラエティ・ニュース・くらし/趣味・アニメ/特捜
◆コンテンツをカスタマイズ
 『goo スクリーンセーバーVer.2.0』上に表示するコンテンツを選択できるようになりました。欲しい情報をより手軽に入手できます。
【コンテンツ内容】
ニュース・天気・占い・音楽・映画
(2)システム必要条件
ネットワーク:インターネットに接続可能な環境(常時接続推奨)
OS:Windows 98 SE/Windows ME/Windows 2000/Windows XP
CPU:Pentiumプロセッサ(Pentium III 500Mhz以上推奨)
メモリ:64MB以上
ハードディスク:空き容量が10MB以上
モニタ:1024×768ピクセル以上
(3) 利用方法
「goo」のトップページから「スクリーンセーバー」をクリック(http://www.goo.ne.jp/)
※『goo スクリーンセーバーVer.2.0』のダウンロードページ
URL:http://screen.goo.ne.jp/
  ⇒「ダウンロードする」ボタンをクリック
   ⇒『goo スクリーンセーバーVer.2.0』のインストーラーを
     ダウンロード/インストール

3. 今後の展開

 NTTレゾナントでは、今後も「goo」の様々なコンテンツの機能強化を図
り、より多くのユーザに利用していただけるサービス提供を目指します。
◆『goo スティック』の便利な機能
・アラート機能
 ユーザの設定にあわせて、ニュース速報や天気予報、プロ野球情報、「goo」からのお知らせなどの文字情報が、パソコンのデスクトップ上に自動表示されます。
・フレッツ・ボタン
 「フレッツ」ボタンをクリックするとフレッツ・アクセスサービスをご利用の方はフレッツご利用者専用サイト「フレッツ・スクウェア(※)」への直接アクセス、およびフレッツに関連する最新情報の入手が可能です。
※【フレッツ・スクウェア】
 フレッツ・アクセスサービス(Bフレッツ、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDN)ご利用のお客様向けにNTT東日本、NTT西日本がそれぞれ提供するサイト。フレッツ網上のサーバからコンテンツを配信するため、安定したスループットでブロードバンド体感コンテンツ等幅広いコンテンツをご利用いただけます。「フレッツ・スクウェア」に接続の際は、インターネットへの接続設定とは別に、「フレッツ・スクウェア」専用の接続設定が必要になります。
・サーチ機能
 「goo」の提供するウェブ検索をはじめ、「カテゴリー別(ディレクトリ)」
 「英和辞典」「和英辞典」「国語辞典」「最速ニュース」「画像」の各検索サービスが利用できます。
・天気予報 「goo天気」で提供中の情報から、最新のお天気情報が自動配信されます。
・ボタンのカスタマイズ機能
 任意のボタンをお好みに合わせて配置できます。
・マーカー機能
 現在表示しているページ上でキーワードをハイライト表示します。複数のワードにも対応し、違うマーカーの色でマーキングします。またキーワードがいくつあるかを数字で表示し、ページ内のキーワード表示部分に直接ジャンプすることもできます。
・右クリック検索機能
 ホームページ上に検索したい言葉があった場合、テキストを選択状態(ドラッグ)にしてマウスの右ボタンをクリックすると、「goo」の各検索機能で即座に検索できます。
・ネットワークモニター
 ブロードバンド環境で一番気になるパソコンの通信速度(ネットワーク転送量)がグラフィカルに表示されます。
◆『goo スクリーンセーバー』の便利な機能
・ティッカー(電子掲示板)
 画面上部の枠内に、国内外のニュース速報、「goo」からのお知らせなどの文字情報が配信されます。早送りボタンを押して先の記事を読むこともできます。
・ツール
 画面右側に各ユーザに応じた情報表示が可能な「ツール」コーナーを配し、カレンダーの日付をクリックするとその日の予定を記入できる簡易メモ機能付カレンダーや、あらかじめ登録された情報に基づいた天気予報、占いが表示されます。
 また、ホームページが閲覧できる環境であればどこでも電子メールを利用できる「gooフリーメール」や、金融機関等の明細書情報をインターネットで一括管理できる「goo通帳&明細」、携帯電話からも利用できる高機能なスケジュール管理サービス「gooカレンダー」など、「goo」の各サービスに直接アクセスできます。
・サーチ
 「goo」の提供する「英和辞典」「和英辞典」「国語辞典」
 「最速ニュース」「画像」、「ウェブ検索」の各検索サービスが利用できます。
・フレッツ情報
 回線種別をNTT東日本、NTT西日本のフレッツと登録したユーザには、フレッツご利用者専用サイト「フレッツ・スクウェア」の最新情報が表示され、直接アクセスすることが可能になります。
※「フレッツ・スクウェア」に接続の際は、インターネットへの接続設定とは別に、「フレッツ・スクウェア」専用の接続設定が必要になります。
・画面保護モード
 『gooスクリーンセーバー』を起動した状態で、パソコンを操作しない時間があらかじめ設定した時間数を経過すると、画面中央部のメインウィンドウが全面拡大され、表示される情報が自動的に切り替わります。
・各種設定
 画面右上のセッティングボタンを押してユーザ情報を登録いただくことで、ユーザ毎の情報配信が可能です。
以上
【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント ポータル事業本部
E-mail:pr@nttr.co.jp
《 補足 》
(*1)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
 NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト『goo』や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。
 NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する『goo』を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。
(*2)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
 NTTレゾナントが運営する『goo』は、1か月あたり約1,370万人のユーザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。
 サービスの中核である「検索サービス」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。また、併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス(約430万会員)」等の幅広いサービスも提供しています。また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。
※2004年5月のNielsen//NetRatings「NetView AMS JP」における家庭からの視聴率30.0%、職場からの視聴率45.3%というデータをもとに、家庭、または職場からのインターネットユーザを約 7,546万人(NetRatings Japan「インターネット基礎調査」より)としてgooのユニークユーザー数を算出。
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス