リスティング広告・ディレクトリ型検索エンジンの提供を事業とする合弁会社設立に関するおしらせ

平成17年11月7日

お知らせ

エキサイト株式会社
NTTレゾナント株式会社

リスティング広告・ディレクトリ型検索エンジンの提供を事業とする
合弁会社設立に関するおしらせ

 エキサイト株式会社(*1、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山村幸広、以下エキサイト)とインターネットポータルサイト「goo」(*2)を運営するNTTレゾナント株式会社 (*3、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:資宗 克行、以下NTTレゾナント)は、ディレクトリ型検索エンジンの提供及び検索連動型の広告販売を事業とする合弁会社を設立することに合意しました。

1.設立の目的

 検索連動型広告市場は、2007年にはインターネット広告市場の約23%のシェア(1,100億円)を占めるようになると考えられています(出所:野村 證券「Equity Research インターネット広告業界」)。この度の新会社設立により、検索連動型広告市場に参入することになり、大手ポータルサイトを運営する2社が提携することによって、この市場に新たな勢力を形成してゆきたい所存です。

2. 新会社概要

 新会社の主な収益源は、検索連動型広告です。検索連動型広告とは、ユーザーが検索エンジンを用いて「あるキーワードやカテゴリー別」に検索した結果に対して、そのキーワードやカテゴリーに関連の深い広告を表示することができ、インターネットならではの費用対効果の高い広告手法として定着しております。
 新会社では、ディレクトリ型検索エンジンを提供するとともに、検索連動型広告事業を行います。今後2社は、新会社のサービスを活用することで既存の事業に加え独自の事業展開を追加できる見込みです。
 このサービスは、エキサイトが運営するポータルサイト”エキサイト”及びエヌ・ティ・ティレゾナント株式会社が運営するポータルサイト”goo”での利用に限らず、インターネット接続事業者(ISP)が展開するポータルサイト等にも利用を呼び掛けて、幅広いユーザーへの広告露出を図る考えです。
 さらに新会社は、携帯電話ユーザー向けのサイトにもサービスを提供していく計画です。

3. 主な事業

◆検索連動型広告事業の収益モデル
 ユーザーが検索エンジンを用いて「あるキーワードやカテゴリー別」に検索した結果に対して、そのキーワードやカテゴリーに関連の深い広告を表示する広告サービスを提供します。広告クライアントは、表示された広告がユーザーによってクリックされてはじめて費用(料金)が発生します。ユーザーが検索に利用する分類(カテゴリー)や入力キーワードに連動して広告が表示されるため、ユーザーの関心に適合する確率が高まり効率的な広告展開が可能とされています。新会社は、ユーザーが検索に利用するポータルサイトにこのシステムを提供し、提供先のサイト運営事業者と当広告収益を配分します。
◆ディレクトリ型検索エンジンの提供
 新会社でのディレクトリ型検索エンジンは、「goo」が保有するカテゴリーデータベース(登録サイト数26万件/平成17年9月末現在)に基づくディレクトリ型検索エンジンを活用することで、速やかな事業開始ができます。今後、データベースの更新・保守及び運用をきめ細かく行うことでサービスの品質を高めてまいります。
参考)
インターネットポータルサイトがユーザーに提供する基本的な機能(無償)の一つにインターネットのウェブサイトを検索する機能があります。この検索機能には、コンピューターシステムが目的のサイトに誘導する”ロボット検索(Web検索)”と、人手によって分類・登録されたWebサイトの中から、目的のサイトを案内する”ディレクトリ(カテゴリー)検索”があり、この度の新会社は、後者のディレクトリ型検索エンジンの提供を行います。
■新会社の概要
会社名  未定
代表者  代表取締役社長 田村博巳(エキサイト株式会社 常務取締役<現任>)
設立    平成17年11月中旬(予定)
営業開始 平成17年11下旬(予定)
資本金  資本金75百万円 資本準備金75百万円
所在地  東京都
株主構成 エキサイト株式会社 66.6%
     エヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社 33.4%
事業内容
1)検索連動型広告事業
2)ディレクトリ型検索エンジン提供
3)有料カテゴリー(ディレクトリ)審査
■今後の見通し
当新会社の事業による当社収益に対する影響は、収益計画がまとまり次第、お知らせいたします。
以上
【本件に関するお問合わせ・取材等のお申込み先】
エキサイト株式会社 広報・PR担当
E-mail: press@excite.jp
NTTレゾナント株式会社 ポータル事業本部
E-mail: pr@nttr.co.jp
《 補足 》
(*1)【 エキサイト 】 http://www.excite.co.jp/
 (市場名:JASDAQ、 証券コード:3754 )
エキサイト株式会社が運営するインターネット情報サイト『エキサイト』は、検索サービスを軸にクオリティとオリジナリティの高いコンテンツ・サービスを多数提供しています。
 女性向けサイトNo.1の「Woman.excite」、エンターテインメント分野では総合音楽サイト「エキサイトミュージック」と音楽ダウンロードサービスの「エキサイトミュージックストア」、人気オンラインゲームを続々提供する「Game.excite」、公式モバイルサイトの「熱烈アニソン魂」や「カフェメロ」、ショッピングなどのECサイト、「ブログ」「翻訳」「携帯ホームページ」などの高機能ツールもいち早く提供しております。
 近年は、ハイクオリティなウェブマガジン「エキサイトイズム」「ガルボ」などが広く認知されています。さらにブロードバンドサービス「BB.excite」では、ADSLや光ファイバーを業界最安値の月額525円から提供。ブロードバンド向けコンテンツも充実させ、ブロードバンドカフェなどリアルな場での展開も拡大しています。
(*2)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
 NTTレゾナントが運営する『goo』は、1か月あたり約2,840万ブラウザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。サービスの中核である「検
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス