「goo RSSリーダー(アプリ版)」へのブログ投稿機能等の追加について ~高機能な無償RSSリーダーのブログユーザ向け機能を拡充~

平成17年11月24日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社

「goo RSSリーダー(アプリ版)」への
ブログ投稿機能等の追加について
~高機能な無償RSSリーダーのブログユーザ向け機能を拡充~
URL:http://reader.goo.ne.jp/

 NTTレゾナント株式会社(*1、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:資宗 克行)は、あらかじめ設定したブログやニュースサイトの最新記事見出しや概要を自動収集し、一覧できる高機能な無償ソフトウェア「goo RSSリーダー(アプリ版)」に新機能を追加したバージョン(ver.2.5)を、インターネットポータルサイト「goo」(*2)において、本日より提供します。
 この度の機能追加では、「gooブログ」への投稿や過去に投稿した記事をワンクリックで取得し、修正して再投稿するなどの操作を簡単にできるようになります。また、投稿した記事はパソコンに保存可能なので、ネットワークの状況等により記事を正常に投稿できなかった場合でも、保存しておいた原稿から再度投稿が可能になるなど、「gooブログ」の利便性が更に向上します。
 これらの新機能は、既に「goo RSSリーダー(アプリ版)」をご利用の場合、起動時に自動で追加されますので再インストール等の操作は不要です。
 なお、「gooブログ」でのXML-RPC API(*3)による記事投稿への対応も併せて行い、この度追加した記事投稿機能のような仕組みを、他のソフトウェアやWebサイトでも導入可能になります。

1. 機能追加の概要

(1) 「gooブログ」への投稿および記事保存機能
 「gooブログ」で開設したブログに、「goo RSSリーダー(アプリ版)」から簡単に投稿できます。また、過去に「gooブログ」へ投稿した記事をワンクリックで取得(直近の記事を最大50件まで)できるので、それら一覧の参照や過去の記事の再編集、削除も可能です。
 また、投稿記事はパソコン内に保存できるためいつでも記事の編集が可能で、記事を正常に投稿できなかった場合でも再投稿するなどの対応が可能になります。
(2) 簡単で便利な編集機能
 ブログ記事の投稿画面は、「gooブログ」の投稿画面とほぼ同様にすることで「gooブログ」ユーザが違和感なく使えるように配慮するとともに、以下の便利な編集機能も備えています。
a. 画像編集機能
 マウスのドラッグ&ドロップで記事中に画像ファイルを挿入できます
b. 辞書検索機能
 分からない言葉を「goo辞書」ですぐに調べることができる検索機能を備えています
c. 検索結果リンク機能
 記事中の言葉を「goo」のウェブ検索結果に自動的にリンクさせることができます
d. レイアウト変更機能
 記事一覧画面と投稿画面のレイアウトを自在に変更できます
(3) ブラウザとしても使える操作インタフェース
 ワンクリックで、RSSリーダー画面とブラウザ画面とを簡単に切り替えることができます。更に「goo RSSリーダー(アプリ版)」画面上部のメニューに「ブックマーク」を追加し、URLアドレス入力欄に過去入力したURLをプルダウン表示して選べるようにするなど、日常利用するブラウザとしても違和感がないように改良しました。
(4) 起動時の複数ホームページ表示機能
 「goo RSSリーダー(アプリ版)」はWebページの内容を表示するブラウザ画面をタブ形式で複数表示することができますが、今回の機能追加により、予め指定した複数のホームページを「goo RSSリーダー(アプリ版)」の起動時にタブ形式で同時に開くことが可能になります。また同時に開くことができるWebページの設定は、Webページの URLの他、RSSのページのURLも指定できますので、起動時にWebページとRSSページを同時に複数表示させることも可能です。

2. 新機能の利用方法

 「goo RSSリーダー(アプリ版)」をご利用中の方は、起動時に自動更新するので再インストールの必要はありません。初めてご利用の方は「goo RSSリーダー(アプリ版)」トップページ(http://reader.goo.ne.jp/)右側にあるダウンロードボタンを押して「goo RSSリーダー(アプリ版)」をインストールすることでご利用になれます。

3. 「goo RSSリーダー」について

 NTTレゾナントでは、RSS利用ニーズにいち早く対応し、平成16年9月より、高機能でありながら利用初心者にも簡単にご利用いただける新着更新通知ソフト『goo RSSリーダー(アプリ版)』を無料で提供し、現在45万件のダウンロードを記録しています。本ソフトウェアには、既に「goo」でRSS対応済みのコーナー(http://reader.goo.ne.jp/rss.html)の最新記事や更新情報が閲覧できると共に、RSSに対応している任意のサイトの最新情報を一覧できます。
 本年10月からはパソコンのブラウザから利用できるウェブ版と、ウェブ版と連動し携帯電話から利用できるケータイ版の提供も開始し、今後はケータイ版、ウェブ版、アプリ版それぞれに登録したサイトや記事を連動させるシンクロ機能を搭載するなど、FMCI(*4、Fixed Mobile Convergence)の観点から、よりシームレスに使い分けることができる新たな利便性の提案にも取り組んでまいります。

4. 今後の展開

 NTTレゾナントでは、「goo」のRSS対応の更なる推進を図り、「goo RSSリーダー」の利用拡大と併せ、「goo」の利用機会拡大を図ります。また、「gooブログ」以外の他のブログにも投稿できるよう機能追加していく予定です。
以上
【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント ポータル事業本部
E-mail:pr@nttr.co.jp
《 補足 》
(*1)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
 NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト『goo』や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。
 NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する『goo』を、ブロードバンド時
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス