「goo」で、H-IIAロケット9号機による運輸多目的衛星新2号(MTSAT-2)の打ち上げ模様をライブ配信 ~迫力のロケット打ち上げ模様を生中継~

平成18年2月16日

報道発表資料

NTTレゾナント株式会社

「goo」で、H-IIAロケット9号機による
運輸多目的衛星新2号(MTSAT-2)の打ち上げ模様をライブ配信
~迫力のロケット打ち上げ模様を生中継~
URL:http://jaxa.eco.goo.ne.jp/live2.html

 NTTレゾナント株式会社 (*1、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:資宗 克行)は、ポータルサイト「goo」(*2)において、H-IIAロケット9号機の打ち上げ模様をライブ中継します。
 H-IIAロケット9号機は、国土交通省航空局・気象庁の衛星「運輸多目的衛星新2号(MTSAT-2)」を搭載し、株式会社ロケットシステム(*3、RSC)からの委託を受けた独立行政法人 宇宙航空研究開発機構(*4、以下、JAXA:ジャクサ)が、平成18年2月18日(土)に種子島宇宙センターから打ち上げる予定です。
 「goo」では、累計で1万件以上のアクセスがあるなど、非常に好評だった2006年1月の陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)を搭載したH-IIAロケット8号機打ち上げ映像の配信に引き続き、臨場感あふれる迫力の映像をライブ配信します。
 なお、今回のライブ中継にあたっては、NTTコミュニケーションズ株式会社およびCRNフォーラム(*5)の協力を得て、配信を行います。

1.H-IIAロケット9号機打ち上げ模様ライブ中継について

・配信帯域:300kbps
・配信日程:2006年2月18日(土)15:26~16:44(予定)
・配信方式:Windows Media Player
・料金:無料
・URL:http://jaxa.eco.goo.ne.jp/live2.html
※配信日程は打ち上げの準備状況や天候などにより翌日以降に延期となる場合があります。

2.運輸多目的衛星新2号(MTSAT-2)について

 MTSAT-2は、航空管制機能と気象観測機能を併せ持ち、2005年2月に打ち上げられた運輸多目的衛星新1号(MTSAT-1R:「ひまわり6号」)と同様、地上約36,000kmの赤道上空で静止衛星として活躍する予定です。
 国土交通省航空局が運用する航空ミッションでは、最新の通信システムと監視機能により、アジア太平洋地域における航空交通量拡大と安全性の向上を図ると同時に、MTSAT-1Rとの2機体制を築くことで、より確実な航空交通の管理体制を実現します。
 また、気象庁が運用する気象ミッションでは、MTSAT-1R運用終了後引き続いて、気象、地震のデータ収集、配信をすみやかに開始します。
以上
【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント ポータル事業本部
E-mail:pr@nttr.co.jp
《 補足 》
(*1)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
 NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト『goo』や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。
 NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する『goo』を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。
(*2)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
 NTTレゾナントが運営する『goo』は、1か月あたり約3,020万ブラウザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。サービスの中核である「検索サービス」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。また、併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス(約 612万会員)」等の幅広いサービスも提供しています。また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。
※2005年10月の弊社ログシステムより、『goo』へのアクセスデータから、当該期間中にアクセスされたユニークブラウザ数をカウントし算出。
(*3)【株式会社ロケットシステム】http://www.rocketsystem.co.jp/
 株式会社ロケットシステムは、「日本で最初の商業打上げサービス会社」として日本の宇宙関連企業等75社の出資により、1990年7月に設立されました。以来、必要とされる技術やリソース、射場設備や価格などの多様なファクターをお客様のニーズに応える形でまとめ上げ、商業打上げサービスを展開しています。
 また、H-IIAロケットの製造を担当するメーカと一体となっての製造管理・品質管理を通じて、お客様の衛星を所定軌道へ輸送するシステム全体の十分な信頼性を確保しています。
(*4)【 独立行政法人宇宙航空研究開発機構「JAXA(ジャクサ)」 】http://www.jaxa.jp/
 2003年10月1日、宇宙や惑星の研究を担う「宇宙科学研究所(ISAS)」、次世代の航空宇宙技術の研究開発を担う「航空宇宙技術研究所(NAL)」、H-IIAロケット等大型ロケットや人工衛星、国際宇宙ステーションの開発を担う「宇宙開発事業団(NASDA)」の3機関が統合して発足。
 それまで独自のアプローチで未知なる宇宙や空へ挑んできた各機関が結束し、基礎研究から開発・利用に至るまで一貫して行える体制を整備。日本の宇宙航空分野における知識・技術・経験を結集することで新たなエネルギーを生み出し、国と社会の安全を確保し、国民のくらしに貢献する役割を担っている。
 JAXAは、宇宙航空のもつ大きな可能性を追求し、人類のために役立てるよう、宇宙航空開発の歴史に新たなページを開いていく。
(*5)【 CRNフォーラム 】http://www.crnf.net/
 Contents Routing Network Forum インターネットコンテンツ配信事業者が連携して、広範囲のユーザにブロードバンド・コンテンツを配信する技術の研究と実証実験を行う非営利
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス