「goo ビジネスEX」のリニューアルについて ~ビジネスに役立つ最新のプレスリリースをいち早く紹介するほか、IT用語辞典などの新コンテンツを拡充~

平成18年6月1日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社

「goo ビジネスEX」のリニューアルについて
~ビジネスに役立つ最新のプレスリリースをいち早く紹介するほか、
IT用語辞典などの新コンテンツを拡充~
URL:http://bizex.goo.ne.jp/

 NTTレゾナント株式会社 (*1、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:資宗 克行)は、インターネットポータルサイト「goo」(*2) で提供中のビジネスパーソン向けの特集サイト「gooビジネスEX(エクゼクティブ)」において、約4000社におよぶ企業等から毎日発信されるプレスリリースや、豊富な情報量でユーザから高い支持を得ているIT用語のオンライン辞典「e-words」のデータを利用した約7600語におよぶIT用語辞典などの新しいコンテンツを追加します。さらに、「決断」というテーマで、現在のビジネスシーンの第一線で活躍する方々へインタビューを実施し、成功のヒントを探るコラム「EXコラム」の連載を開始します。

1. 追加コンテンツの概要

(1) プレスリリース
 ニュースコーナーのカテゴリーに新しく「プレスリリース」のカテゴリーを追加し、日本及び海外企業約4000社のプレスリリースから、ビジネスシーンで役立つものをピックアップし、一早く紹介します。
<情報提供元(サービス開始時)>
・Japan’s Corporate News社
(2) IT用語辞典
 IT用語辞典として多くのユーザから高い支持を得ている「e-Words」のデータを利用し、約7600語のIT用語について検索することができる辞書サービスを提供します。
 また、新しく辞書に追加された最新用語を随時紹介し、IT業界の最新の話題についてより深い知識を得ることができます。
<情報提供元(サービス開始時)>
株式会社インセプト
(3) 「EXコラム」
 インタビュー形式の「gooビジネスEX」オリジナルのコラム、「EXコラム」を月2回提供します。「EXコラム」では、毎回「決断」をテーマに、現在のビジネスシーンの第1線で活躍する方々にインタビューを実施し、成功のヒントを探ります。
第1回のゲスト:山崎元(経済評論家、楽天証券経済研究所客員研究員、株式会社マイベンチマーク代表)

2. 「goo ビジネスEX」について

 「goo」が提供する各種サービスから、ビジネスパーソンにとって不可欠な情報やツールを利用シーン別に提供する、ビジネスパーソンのサービスニーズに一元的に対応した特集サイトです。ビジネスに役立つニュースやコラム、ランキングから、各種ツール、出張に役立つ地図や路線検索などが、すべて利用できます。

3. アクセス方法

「goo」トップページ(http://www.goo.ne.jp/) から「ビジネスEX」をクリック
※以下のURLにて直接ご覧いただくことも可能です。
URL:http://bizex.goo.ne.jp/

4. 今後の予定

 今後、ビジネス関連情報だけではなくファッションやエンターテイメント関連情報などの休日にも役立つ情報やコンテンツを追加していく予定であるほか、プレスリリースやIT用語辞典などの情報をさらに充実させていくなど、ビジネスシーンに役立つサイトとして更なる利便性向上を図ります。
以上
【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント ポータル事業本部
E-mail:pr@nttr.co.jp
《 補足 》
(*1)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
 NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト『goo』や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。
 NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する『goo』を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。
(*2)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
 NTTレゾナントが運営する『goo』は、1か月あたり約3,020万ブラウザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。サービスの中核である「検索サービス」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。また、併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス(約 612万会員)」等の幅広いサービスも提供しています。また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。※2006年3月の弊社ログシステムより、『goo』へのアクセスデータから、当該期間中にアクセスされたユニークブラウザ数をカウントし算出。
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス