「goo」で「無料ゲーム検索」を提供開始

平成18年8月11日

報道発表資料

NTTレゾナント株式会社

「goo」で「無料ゲーム検索」を提供開始
URL:http://labs.goo.ne.jp/vertical/freegame/

 NTTレゾナント株式会社 (*1、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才 博美)は、インターネットポータルサイト「goo」(*2) 上に開設した実験サイト「gooラボ」(http://labs.goo.ne.jp/)において、本日より、「無料ゲーム検索」のトライアルサービスを提供開始します。
 なお、無料ゲームに特化して複数のサイトを横断的に検索するサービスは、大手国内ポータルサイトでは初の取り組みとなります。

1.背景

 「ゲーム」や「無料ゲーム」などの検索キーワードは、「goo」ウェブ検索においても常に良く検索されるキーワードの一つで、ユーザニーズの高いジャンルです。しかしながらこれらの情報を得るには、ウェブ検索全体の検索対象の拡大に伴い、数多くのウェブ検索結果の中から情報を絞り込む必要が生じています。
 これに対し、ブログやニュースなど特定ジャンルに対する検索については、必要な情報をより早く捜し出すことができるように検索精度を高めており、ウェブ上の情報を自動的に取得して必要な情報を解析し、分かりやすく整理して提示するといったサービスの充実に取り組んでいます。「goo」では、このような分野毎に特化した専門検索サービスを、「バーティカル検索」と位置づけ、今回その取り組みの一環として、新たに「無料ゲーム検索」のトライアルサービスを提供開始するものです。

2.「無料ゲーム検索」の概要

 「無料ゲーム検索」では、ゲームジャンルに特化したサイトのみを検索対象にすることによって、通常のウェブ検索結果のようなサイトタイトルやURLといった情報のみならず、該当するゲームのジャンル、タイトル、作者、更新日時などの詳細情報についても項目ごとに表示されます。これらはジャンル、作者、利用種別といった項目で絞り込むとも可能で、より簡単に目的の情報を探し出すことができます。
 検索対象は、「gooゲーム」で提供中の「ちょいゲー」(URL:http://game.goo.ne.jp/choi/) をはじめとした、Flashゲームや、PCにダウンロードして利用することの出来る無料ゲームを提供するサイトとしています。またリンク集などと異なり、最新の情報が随時自動的に検索結果に反映されることから常に新鮮な情報を入手でき、さまざまなサイト、ページ、ジャンルにまたがったゲームを一つの検索結果内で一覧できます。
(1) 検索対象について
 約1万件の無料ゲームについてサムネイル画像、ジャンル、作者などの情報を検索することができます。サイトタイトル、若しくはサムネイル画像をクリックすることにより、該当するゲームが掲載されているサイトへ移動することができます。
(2) 検索方法
 ウェブ(オンライン上で利用可能なゲーム)・ダウンロードなど利用方法別の他に、「RPG」や「シミュレーション」等のジャンルを選択するだけでも検索対象を絞り込みことが可能なので、ゲームの正式名称が分からない場合でも簡単に情報を探し出すことができます。また、キーワードを入力して検索することも可能です。
 なお、主要なジャンルは一覧表示し、ゲームタイトルが多く含まれるジャンルについては、ジャンル名を大きな文字で表示することにより、ジャンルごとに含まれるゲームタイトル数の大小を直感的に把握することが可能です。
 また、検索結果ページはRSSに対応しており、「goo RSSリーダー」等を利用することで検索条件に当てはまる最新の無料ゲームの検索結果を手に入れることができます。
(3) ウェブ検索との連動
 今回の「無料ゲーム検索」のトライアルサービス開始にあわせ、「goo」ウェブ検索サービスとの連動も行います。具体的には、「goo」で「無料ゲーム」や「無料 RPG」を検索すると、「gooサービスとの一致」として検索結果の上部に「無料ゲーム検索」の検索結果ページへのリンクを表示します。

3.今後の展開

 NTTレゾナントでは、本トライアルサービスの成果とユーザからのご意見を踏まえ、今後のサービス展開の可能性について検討してまいります。また検索ニーズの高い他の分野についても、特定ジャンルに関する専門検索への積極的な取り組みを推進することで、「goo」の検索機能強化を図ってまいります。
以上
【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント ポータル事業本部
E-mail:pr@nttr.co.jp
《 補足 》
(*1)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
 NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト「goo」や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。
 NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する「goo」を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。
(*2)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
 NTTレゾナントが運営する『goo』は、1か月あたり約3,190万ブラウザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。サービスの中核である「検索サービス」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。また、併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス(約 612万会員)」等の幅広いサービスも提供しています。また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス