「goo ピンクリボンキャンペーン2006特集」の開設について ~"ハローキティ"のブログテンプレート提供や
乳がんに関する意識調査も実施~

平成18年9月29日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社

「goo ピンクリボンキャンペーン2006特集」の開設について
~”ハローキティ”のブログテンプレート提供や乳がんに関する意識調査も実施~
URL:http://pinkribbon.goo.ne.jp/

 NTTレゾナント株式会社 (*1、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才 博美)は、インターネットポータルサイト「goo」(*2)において、本日より平成18年10月31日までの期間、乳がんに関する正しい知識の普及と、早期発見、早期診断、早期治療の大切さを幅広い立場の方々に伝える「goo ピンクリボンキャンペーン2006特集」を提供します。

1. 概要

 「goo ピンクリボンキャンペーン2006特集」は、日本人女性の30人に1人以上が罹患しながらも関心が低い「乳がん」について、その意識を高める運動である「ピンクリボンフェスティバル2006」(主催:ピンクリボンフェスティバル運営委員会、後援:厚生労働省、社団法人日本看護協会、東京都)に協力する形で展開するものです。乳がんに関する正しい知識の普及と、早期発見、早期診断、早期治療の大切さを、女性だけでなく広く男性の方々にも認識してもらうため、マンモグラフィー検診の受診可能な病院の紹介や昨年2万人を超える回答者数を集めた「乳がんに関する意識調査」を今年も実施いたします。また、昨年好評を頂いた「ピンクリボンフェスティバル」の大使である「ハローキティ」が登場する「gooブログ」オリジナルテンプレートの提供などを通じて、幅広い立場の方々に「乳がん」の早期発見の大切さを伝えていきます。

2. 「goo ピンクリボンキャンペーン2006特集」の内容

(1) 昨年に引き続き「乳がんに関する意識調査」を実施
 国内最大級のインターネットアンケート・サービス「gooリサーチ」を通じて昨年二万人を超える回答数を集めた、乳がんに関する意識調査アンケートを今年も実施し、女性の乳がんに対する知識・認識・経験の実態と課題、経年変化を探ります。調査結果は10月中旬を目途に本特集内で公開の予定です。
(2) ピンクリボンキティぬいぐるみ(寄付金付き)の販売
 今年もハローキティが「ピンクリボンフェスティバル大使」となります。株式会社サンリオから発売される2006年バージョンのピンクリボンキティのぬいぐるみ(3種類)を「gooショッピング」にて販売いたします。ぬいぐるみ販売の売上金の一部は日本対がん協会の「ほほえみ基金」へ寄付します。
(3) 「goo」オリジナルのブログテンプレートを提供
 「ピンクリボン」を身近に感じていただけるように、昨年好評だったピンクリボンフェスティバル大使である「ハローキティ」がデザインされた「gooブログ」オリジナルのピンクリボン・テンプレートや、ブラウザ常駐型のツールバー「gooスティック」のピンクリボンデザインスキン(ブラウザの背景)を無料で提供します。
(4) マンモグラフィー設置病院の検索機能を提供
 マンモグラフィー検診の受診を希望されている方に、マンモグラフィーのある全国約554件の病院の中から最寄りの病院を紹介します。
(5) ユーザ同士のコミュニケーションをサポート
 ユーザ同士が質問と回答をやり取りするQ&Aサイト「教えて!goo」と連携し、「教えて!goo」に掲載された乳がんに関する代表的な質問と回答をピックアップして紹介します。
(6) 乳がんに関する基礎知識を提供
 乳がんについての正しい知識を身につけて、早期発見の機会を失わないように、自己診断の方法や他の検診内容など、早期発見に結びつく情報を提供します。
(7) 乳がん事情に詳しい島田菜緒子先生のお話を紹介
 アメリカのブレストヘルスセンターでの研修経験を活かし、放射線科診断医として、日々乳がんの診療と啓発活動、女性医療の実現に取り組まれている島田菜穂子先生のお話を紹介します。
(8) 「スマイルウォーク」を紹介
 「ピンクリボンフェスティバル2006」の一環で開催される「スマイルウォーク」について紹介します。
以上
【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント ポータル事業本部
E-mail:pr@nttr.co.jp
《 補足 》
(*1)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
 NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト『goo』や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。
 NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する『goo』を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。
(*2)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
 NTTレゾナントが運営する『goo』は、1か月あたり約3,190万ブラウザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。サービスの中核である「検索サービス」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。また、併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス(約 612万会員)」等の幅広いサービスも提供しています。また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。※2006年8月の弊社ログシステムより、『goo』へのアクセスデータから、当該期間中にアクセスされたユニークブラウザ数をカウントし算出。
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp