高機能のウェブメールサービス「gooメールアドバンス」を法人向けに提供開始

平成18年12月12日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社

高機能のウェブメールサービス「gooメールアドバンス」
を法人向けに提供開始

 NTTレゾナント株式会社(*1、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才 博美)は、インターネットポータルサイト「goo」(*2)にて、2ギガバイトの大容量で携帯電話からも利用できる高機能ウェブメールサービス「gooメールアドバンス」を、法人向けにASP提供するサービス「gooメールアドバンス for ビジネス」を提供開始します。
1. 背景
Eメールの利用が拡大する一方で、迷惑メール、フィッシング詐欺などによる被害も増加傾向にあり、メールシステムを構築、運用する際のセキュリティ対策にかかるコストは年々増加していると言えます。
NTTレゾナントでは平成10年より個人ユーザ向けに、PC用の無料ウェブメールサービスを提供開始し、平成16年からは、大容量2GBのメールボックス容量が利用できるのに加え、ウイルス検知・駆除機能及び迷惑メール対策機能などを標準装備している高機能の有料ウェブメールサービス「gooメールアドバンス」を提供しており、ユーザから高い評価を得ています。この度、こうしたウェブメールサービス運営の経験、ノウハウを活かし、メールシステムを独自に構築、運用する必要がなく、簡単に低コストで高機能のメールが使用できるサービスとして、これまで個人ユーザ向けに提供していた「gooメールアドバンス」の企業向けサービスを提供開始します。
2. 「gooメールアドバンス for ビジネス」について
<サービスの特徴>
(1) メールアドレスのカスタマイズが可能
「gooメールアドバンス for ビジネス」をご利用いただくユーザには「*****@XXXX.goo.jp」というアドレスが付与され、「*****」の部分は各ユーザの好きな文字列で設定することができます。また、「XXXX」の部分は各企業毎に自由に設定することが可能です。また、すでにドメインを保持している企業に対しては、「@」以下の部分をお持ちのドメインでご利用いただくこともできます。

(2) 自動的にウイルス検知・駆除を実行
メールの受信、送信時に最新のウイルスに対応したウイルスチェック、駆除を自動的に実行するので、特別なソフトウェアのインストールなどが不要で、安心してメールを利用することができます。

(3) 充実の迷惑メール対策
しつこい迷惑メールや、不要なメールを受け取らないようにすることができる迷惑メールフィルタや受信拒否機能が装備されているので、快適にメールを利用することができます。

(4) POP/IMAPインターフェースの提供、他アドレスへの自動転送が可能
ブラウザからのウェブメールとしての利用だけではなく、Microsoft OutlookRなど普段お使いのメールソフトでPOP(*3)やIMAP(*4)を利用してのメール送受信ができます。

(5) 携帯電話からの利用も可能
携帯電話からの利用に対応しているので、いつでも好きな場所でメールの受信、送信が可能です。また、新着通知アドレスとして携帯電話のメールアドレスを登録しておくことで、そのメールアドレスからメールが届いた際に、新着通知メールを携帯電話のメールで受信することができ、大事なメールが届いた時にすぐ閲覧することができます。

(6) ウェブ画面のカスタマイズが可能
ウェブ上でご利用いただく際の利用画面に会社ロゴマークを掲載するなどのカスタマイズが可能です。

(7) ウェブ上で簡単に各メールアドレスの管理が可能
お申し込みいただいた法人毎に管理用のウェブページが用意され、メール管理者の方は、ウェブ上でアカウント名、パスワードの確認や、各メールボックスの利用停止、再開などの設定を簡単に行うことができます。

<価格>
価格はウェブ画面のカスタマイズ、メールアドレスのドメイン部分のカスタマイズ、メールボックス容量、利用アカウント数などに応じて、個別にご相談させていただきます。

・価格の一例
初期費用:525,000円(税込)から
月額利用料:110,250円(税込)から
※250アカウントで、メールボックス容量が100MB/1アカウント、画面デザインのカスタマイズを行った場合

<お問い合わせ先>
下記のURLよりお問い合わせ下さい。
URL:https://biz.mail.goo.ne.jp/cgi-bin/form/contact.cgi

3. サービスの運用について
「gooメールアドバンス for ビジネス」は、365日、24時間体制でシステムの監視を行い、システムに障害が発生した場合には、技術スタッフが速やかに復旧作業を実施するので、安心してご利用いただけます。
4. 想定される利用事例
・チェーン展開する店舗等で、複数人でパソコンを共同利用するようなIT環境の企業
・営業、アウトソーシング、人材派遣など、社員が社外で業務に携わることが多い企業や関連部署
・メール管理担当者を配置することが難しい企業
・ウイルスチェックや迷惑メール対策を専門事業者にアウトソースすることで確実に実施したい企業
5. 今後の展開
NTTレゾナントでは今後も、法人ユーザからのニーズに対しても積極的に対応し、ウェブメールサービスにおいてより便利・快適に有料サービスをご利用いただけるよう利便性の向上を図ってまいります。

※Microsoft OutlookRはMicrosoftRの登録商標です。

以上

【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント ポータル事業本部
E-mail:pr@nttr.co.jp

《 補足 》
(*1)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト『goo』や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。
NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する『goo』を、ブロードバンド時代をリー
ドするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。

(*2)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
NTTレゾナントが運営する『goo』は、1か月あたり約3,410万ブラウザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。サービスの中核である「検索サービス」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス」等の幅広いサービスも提供し、これらのサービスをより便利に活用できる「gooID」の会員数は約750万にも達しています。また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。
※2006年10月の弊社ログシステムより、『goo』へのアクセスデータから、当該期間中にアクセスされたユニークブラウザ数をカウントし算出。

(*3)【 POP 】(Post Office Protocol)
電子メールをサーバから受信するためのプロトコルです。電子メールの送信プロトコルであるSMTPと共に利用されます。

(*4)【 IMAP 】Internet Message Access Protocol
電子メールをサーバからメールを受信するためのプロトコルです。POPと異なり、タイトルや発信者を確認してから受信するかどうかを決めることができます。

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp