2006年「キッズgoo」検索キーワード年間ランキング発表! ~子どもの目で見た今年一年の関心事が一目で分かるランキング~

平成18年12月26日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社

2006年「キッズgoo」検索キーワード年間ランキング発表!
~子どもの目で見た今年一年の関心事が一目で分かるランキング~
URL:http://kids.goo.ne.jp/event/newyear/ranking/

 NTTレゾナント株式会社(*1、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才 博美)は、本日、インターネットポータルサイト「goo」(*2)において提供中の国内No.1子ども向けポータルサイト「キッズgoo」にて、今年1年間「キッズgoo」で検索されたキーワードの検索回数に基づくランキングを発表します。
本ランキングは、ユーザから高い評価を得ている「キッズgoo」の検索サービスにて検索されたキーワードを年間集計しランキングとして発表するもので、今年一年の子どもたちのインターネット利用動向が反映されたデータと言えます。
1. 2006年「キッズgoo」年間キーワードランキング総評
(1) 教育現場における利用が浸透
2006年のキッズgooの検索キーワードでは、昨年に続き、小学校用の教科書に掲載されている「盲導犬(21位)」、「昔の道具(17位)」などの学習用語のキーワードが、ランキング上位50位のうち8割以上を占めており、「調べ学習」でのインターネットの利用が浸透していることがうかがえます。
(2) 時事的な話題を検索する傾向が強まる
定番の学習用語以外に、今年6月に開催されたサッカーワールドカップに関連して「イタリア(50位)」「フランス(41位)」や、惑星から除外されたことが話題となった「冥王星(2426位)」など、芸能関連以外でも、時事的な話題に関して調べる傾向が強まっています。
(3) 的確なキーワードで目的の情報を効率的に検索
昨年までは同じ項目について検索する際も、子どもによって異なる表記方法、キーワードで検索する傾向が強かったものが、2006年は多くの子ども達が同じキーワードを使って検索する傾向が強まっています。例えば、「米」を調べる際に昨年までは「こめ」「お米」「okome」など様々なキーワードで検索していたのが、今年はほとんどの子ども達が「米」または「お米」で検索しています。
また、2006年は「ハーネス(3751位)」や「ハピーウォーカー(1993位)」といった毎年多く検索される学習用語「盲導犬(21位)」に関連するキーワードの検索回数が増加しており、検索結果を得るために、子ども達が工夫して様々なキーワードを使って検索するようになっていることがうかがえます。
これらの点から、インターネットを利用した「調べ学習」など、学校教育の現場での努力により、子ども達は徐々にインターネットでの検索に慣れ、より効果的なキーワードで、効率よく目的の情報を手に入れることができるようになってきていると推測できます。
2. 「にんきのことばランキングトップ50」概要
今年1年間「キッズgoo」で検索されたキーワードの検索回数に基づくランキングトップ50位を紹介するものです。
<トップ50位:注目ワード>
・「沖縄(14位)」、「北海道(18位)」
今年の学習関連ワードでもっとも目立ったのが「沖縄」(14位)と「北海道」(18位)でした。小学校の社会科で沖縄と北海道を比較して学習する項目があることから、それぞれの地域について気候や歴史、文化などについて多くの子ども達が調べています。
・「リサイクル」(4位)
昨年に引き続き、多くの環境に関連するキーワードが上位にランクインしています。2006年の環境関連キーワードの傾向としては、異常気象の原因とも言われている「地球温暖化(7位)」や、「酸性雨(36位)」など地球規模の環境問題に関するキーワードに関心が集まっています。
・「ポケモン」(30位)
「ポケモン」が、アニメの新シリーズ「ポケットモンスター ダイヤモンド&パール」が放映開始された影響で、再び検索回数が増加しており、アニメの中で唯一トップ50位以内にランクインしています。
<トップ50位以外の注目ワード>
・「冥王星」(2426位)
太陽系の惑星から除外されたことが話題となった「冥王星」が急上昇しています。理科の授業にも影響が出ると思われるニュースに大きな関心が集まりました。
・「浅田真央」(2433位)
今年、注目を集めたフィギュアスケートの「浅田真央」選手が多く検索されています。同世代が世界で活躍する姿に大きな関心を持っていることがうかがえます。
・「ロナウジーニョ」(1426位)
ワールドカップが開催された2006年、スポーツ選手の中では、CMにも出演するなどメディアでの露出頻度も高かった「ロナウジーニョ」が最も人気を集めました。
3. その他のランキング
【夏休み自由研究ランキング】
本ランキングは、「キッズgoo」夏休み特集(本年7月18日~9月4日)内で紹介した「夏休みの自由研究」コンテンツ内での閲覧回数を集計したものです。
本特集は「作ってみよう」「調べてみよう」「観察してみよう」の3つのカテゴリに分かれており、もっとも閲覧数が多かったカテゴリは「観察してみよう」でした。また、全71テーマの中で最も人気があった研究テーマは「氷と塩(しお)でシャーベットをつくろう!」でした。2006年は特に理科に関するテーマのものが人気でした。【環境ワードランキング】
去年までは「ごみ」や「リサイクル」など、身のまわりの環境問題について多く調べられていた傾向がありましたが、今年は「オゾン層の破壊」や「海面上昇」など、地球規模の環境問題へ関心が集まりました。【エンタメワードきゅうじょうしょう】
本コーナーは、「ゲーム」「アニメ」「テレビドラマ」「芸能人」の4つのジャンルで、昨年に比べ大きく順位を上げたキーワードを紹介します。
・「ゲーム」
ゲームでは、「ニンテンドーDS」の「おいでよ どうぶつの森(109位)」が、他のゲームより圧倒的な人気を誇っていました。
・「アニメ」
今年10周年を向かえ、新シリーズ「ポケットモンスター ダイヤモンド&パール」がスタートした「ポケモン(30位)」がアニメの中では唯一「にんきのことばランキング」のトップ50位以内にランクインしたほか、映画化されて話題となった「デスノート(230
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp