NTTコミュニケーションズグループにおける新たなソーシャル・ネットワーキング・サービスの提供開始について

平成19年10月11日

報道発表資料

NTTコミュニケーションズ株式会社
NTTレゾナント株式会社

NTTコミュニケーションズグループにおける
新たなソーシャル・ネットワーキング・サービスの提供開始について

 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)およびNTTレゾナント株式会社(以下NTTレゾナント)は、NTT ComグループのCGM(*1)サービス基盤となる、これまでにない新たなソーシャル・ネットワーキング・サービス「gooホーム」(URL:http://home.goo.ne.jp/)を本日より提供開始します。
1.目的
「gooホーム」は、NTT Comグループで展開する新たなソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下、SNS)です。「gooホーム」は通常のSNSと異なり、インターネット上で展開する各種ウェブサービスやコンテンツと連動する、開かれたCGMサービスです。
NTT Comグループは、「gooホーム」をインターネット上に存在するさまざまなCGMサービスの基盤として提供し、お客さまの情報発信・交換・蓄積を活性化していきます。
2.「gooホーム」の特徴
SNSは「人間関係(ソーシャル)を可視化する」という概念を顕在化したサービスですが、「gooホーム」内で結ばれた人間関係は、さまざまなサービスと連携して利用できます。「gooホーム」上のSNS機能だけではなく、ブログ記事を限定公開したり、「gooホーム」と同時に開始となるソーシャルブックマークサービス「gooブックマーク」を共有するほか、今後サービスで利用可能になります。なお、「gooホーム」は、「goo」上で提供する各種Webサービスの無料ID「goo ID」を登録すれば、誰でも無料で利用可能です。
3.「gooホーム」の主な機能
(1) “友達”に関するトピックスを一括チェック
「gooホーム」登録者は、ログイン後のトップページ「マイホーム」で、「gooホーム」での人間関係を表す“友達”として登録した人の最新ブログ投稿記事、参加コミュニティ投稿記事、投稿写真一覧などをチェックすることができます。(投稿写真のチェックには、「OCNフォトフレンド」(*2)を利用することができます。)

(2) 情報単位で“友達”を利用した公開範囲が設定可能
“友達”は、自分で好きなように最大10グループまで分類でき、どこまでの交友範囲に自分のブログ記事やプロフィール情報を公開するかを情報単位で細かく設定できます。
通常ブログの記事は全て公開されますが、「gooブログ」と「gooホーム」とあわせて利用すれば、「gooホーム」での“友達“のグループ設定に応じて、ブログ記事を公開することができます。

(3) 「gooブックマーク」との連携
「gooホーム」のサービス提供開始と同時に、お気に入りのサイトをネット上に保存でき、階層的な絞込検索ができる機能や投稿動画サムネイルの共有などを行うことができる「gooブックマーク」の提供を開始します。
「gooホーム」上では「gooブックマーク」で登録されたお気に入りのサイトについて意見・感想を投稿できるほか、「gooホーム」の“友達”関係がマイブックマークページに表示されるので、趣味嗜好を同じくする仲間を簡単に探すことができます。

(4) 自分の好きなサイトの更新情報が組み込み可能
「マイホーム」では、日常よく使われる「gooニュース」「goo天気」「gooテレビ番組ナビ」など「goo」が提供する各種情報のほか、一般のニュースサイトやブログなどで提供されているRSSフィード(*3)を自由に組み込むことができます。

(5) コミュニティの開設
「goo ホーム」登録者は、同じ趣味や興味関心を持つ人と交流できる「コミュニティ」を開設することができます。

4.今後の展開
「gooホーム」では、携帯電話からの利用や、設定したプロフィール情報を元に「gooホーム」登録者の訪問履歴がブログ上にも残せるような機能の展開などを予定しています。
また、NTT Comグループのインターネット接続サービス「OCN」や「ぷらら」を利用しているお客さまが、「gooホーム」を活用して、より一層ウェブサービスを楽しんでいただけるよう、サービスの拡充に努めます。
NTT Comグループでは今後もグループ一体となって、CGMを中心としたネットビジネスの推進により、個人のお客さまへの新しいライフスタイルの提案と法人のお客さまとの新しいビジネスモデルの創造に努めていきます。

*1 CGMとは、Consumer Generated Mediaの略称で、「消費者生成メディア」などと訳されます。インターネットなどを活用して、消費者が内容を生成していくもので、個人の情報発信をデータベース化、メディア化したWebサイト(ブログ、クチコミサイト、Q&Aコミュニティ、SNSなど)を指します。
*2 NTT Comが提供する、写真の公開・共有サービスです(登録・利用ともに無料)。OCNフォトフレンド:http://photofriend.jp/
*3 RSSフィードとは、Webサイトが更新情報などをRSS(RDF Site Summary/Rich Site Summary)形式のデータで提供することを指します。

以上

【本件に関するお問合せ先】
NTTコミュニケーションズ
経営企画部 広報室
E-mail:hodo-cp@ntt.com

NTTレゾナント ポータル事業本部
Tel: 03-5224-5500
E-mail:pr@nttr.co.jp

《 補足 》
【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト「goo」や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。 NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する「goo」を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。
【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
NTTレゾナントが運営する『goo』は、1か月あたり約3,800万ブラウザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。 サービスの中核である「検索サービス」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。 また、併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス(約 785万会員)」等の幅広いサービスも提供しています。 また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。
※2007年6月の弊社ログシステムより、『goo』へのアクセスデータから、当該期間中にアクセスされたユニークブラウザ数をカウントし算出。
ページTOP

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス