「ウォークスルービデオシステム」において街頭の映像を 口コミ情報として地図上で共有できる機能を提供開始

平成19年11月14日

報道発表資料

NTTレゾナント株式会社

「ウォークスルービデオシステム」において街頭の映像を
口コミ情報として地図上で共有できる機能を提供開始

URL:http://map.labs.goo.ne.jp/walkthrough/

 NTTレゾナント株式会社 (*1、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才 博美)は、インターネットポータルサイト「goo」(*2) 上に開設した実験サイト「gooラボ」(http://labs.goo.ne.jp/)において実証実験中の、地図と動画の連動によりドライブ感覚を疑似体験できるサービス「ウォークスルービデオシステム」において、街頭の映像を口コミ情報として地図上で共有できる機能の提供を開始します。
散策中に出会ったふとした風景、あまり知られていない気になるお店、季節感のあるお店のディスプレイなど、街頭は気になる風景で溢れています。これまで、日常持ち歩いている携帯電話やデジタルカメラを用いて撮影した街頭の画像や映像は、動画共有サイトなどで共有されていましたが、この度の機能提供により、地図上の位置と対応付けて投稿し、ユーザ間で画像や映像を共有することが可能となります。
さらに、「ウォークスルービデオシステム」の特徴である、地図上で指し示す位置をアイコンが自動で移動する表示とあわせて、アイコンの付近の投稿情報が自動的に表示されます。地図上のエリアを幅広く回遊して、見過ごされがちな場所への投稿も閲覧できるようになり、仮想的に街やお店などの様子を把握することが可能です。
1.「ウォークスルービデオシステム」について
「ウォークスルービデオシステム」は、車で移動しながらビデオカメラで撮影した街頭の映像と地図を連動させることで、実際にその場を車両で走行しているような仮想体験を可能にするサービスです。平成19年4月10日の公開以来、対応エリアの拡大やスポット情報の表示機能の追加などサービスの拡充を行ってきました。
この度の機能提供により、口コミ情報との連携による新たな地図サービスの可能性を探ります。
2.提供する機能の概要
この度提供する機能は、以下のとおりです。提供する機能については、「東京(銀座~新橋)」、「京都府中京区」、「米国ニューヨーク州ニューヨーク ミッドタウン」の各エリアに導入します。

(1)地図上の任意の地点に関する口コミ情報を投稿可能
地図上の任意の地点をマウスでダブルクリックすると、その地点に関係する情報を投稿することができます。あわせて「グルメ」、「トラベル・観光」、「スポーツ・エンタメ」、「ショッピング」、「教育・育児」、「住まい」、「ビジネス」などのジャンルのほか、タイトルやお店の公式ページなどの記事に関連するURL、画像または外部映像サイトにある映像ページのURLを投稿することが可能です。外部映像サイトとしては、NTTのサイバーソリューション研究所で開発され「gooラボ」で実証実験中の「携帯動画共有実験」(*3)(http://labs.goo.ne.jp/mobi/)や「ClipLife」(http://cliplife.jp/)などを対象としており、映像ページへのURLを指定して地図上に対応付けることができます。
また、投稿された情報に対して、感想などのコメントを投稿することもできます。自分が投稿した情報を一覧で表示して、投稿済みの情報やコメントの編集や削除を行うこともできます。
なお、情報やコメントの投稿機能は、「goo」で提供する各種Webサービスの無料ID「goo ID」があれば、誰でも利用可能です。

(2)地図上の投稿情報の検索・表示
地図上で現在位置を示すカーソルの移動にあわせて、現在位置周辺に投稿された口コミがあることを示すアイコンが表示されます。また、「goo地図」において提供中のブログパーツを貼り付けた「gooブログ」の記事も口コミ情報として、地図上にアイコンで表示されます。アイコンに対してマウス操作を行うことにより、地図上の吹き出し内に登録された情報が表示されます。また、ジャンルや任意のキーワードによる絞り込みを行うことで、目的に沿った情報だけを地図上に表示できます。

3.利用方法
「goo」トップページから「gooラボ」をクリック
⇒「gooラボ」トップページから「ウォークスルービデオシステム」をクリック
4.今後の展開
本実証実験については、東京で開催される「Web 2.0 EXPO Tokyo 2007」(平成19年11月15日、16日)に出展します。
NTTレゾナントでは、本実証実験の成果とユーザからのご意見を踏まえ、今後のサービスの展開について検討してまいります。
以上

【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント ポータル事業本部
E-mail:pr@nttr.co.jp

《 補足 》

(*1)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト「goo」や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。 NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する「goo」を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します

(*2)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
NTTレゾナントが運営する「goo」は、1か月あたり約3,800万ブラウザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。 サービスの中核である「検索サービス」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。 ま

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス