ブログやサイトの訪問者のアクセス解析ができる「gooあしあと」の提供開始について ~「gooホーム」との連携でより便利に、楽しくコミュニケーションが可能に~

平成19年12月20日

報道発表資料

NTTレゾナント株式会社

ブログやサイトの訪問者のアクセス解析ができる
「gooあしあと」の提供開始について

~「gooホーム」との連携でより便利に、楽しくコミュニケーションが可能に~
URL:http://ashiato.goo.ne.jp/

 NTTレゾナント株式会社(*1、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才 博美)はインターネットポータルサイト「goo」(*2)において、本日、ユーザのブログやサイト上で、他のユーザの訪問履歴を取得・表示し、同時にアクセス解析を行うことが可能な「gooあしあと」の提供を開始します。
「gooあしあと」を利用することで、同じ趣味や興味を持った他のユーザとの「つながり」が可視化され、ブログやサイトの運営者と閲覧ユーザの間に、今までにない楽しく便利なコミュニケーションの場を提供します。
1.概要
「gooあしあと」は、「あしあとウィジェット」(*3)を自分のブログやサイトに貼り付けることで、ブログやサイトのアクセス状況や、アクセス数の多いページ、閲覧したユーザの興味ジャンルなどの情報を収集し、解析することができます。収集・解析した情報の一部は「公開あしあとページ」として公開され、誰でも閲覧できるため、そのブログやサイトの閲覧ユーザも、他にどんなユーザが閲覧しているのか、アクセス数が多い人気のページはどれなのかといったことが、簡単にわかるようになります。
また、「goo」で提供しているSNSサービス「goo ホーム」と連動させることで、ブログの運営者や閲覧ユーザが「gooホーム」で公開している画像アイコンやニックネーム、友達リスト、参加コミュニティといった情報も「公開あしあとページ」で利用することができます。
なお、「gooあしあと」は、「goo」上で提供する各種Webサービスの無料ID「goo ID」に登録すれば、誰でも利用可能です。
2.主な機能
(1)ブログやサイトでアクセス履歴を取得可能な「あしあとウィジェット」
「あしあとウィジェット」を自分のブログやサイトに貼り付けることによって、アクセス履歴が取得可能となり、「あしあとウィジェット」上でブログやサイトの閲覧ユーザを確認できるようになります。また「あしあとウィジェット」上で他のユーザからの評価を受けたり、簡易なアンケートを行える「1票あしあと」機能も提供します。
なお、「あしあとウィジェット」は「goo」で提供中の「gooブログ」以外のブログサービスやサイトにおいても利用可能で、最大で3つのブログやサイトへ貼り付けることができます。

(2)柔軟なカスタマイズが可能
「あしあとウィジェット」は4種類のテンプレートが用意されており、それぞれのテンプレートは、貼り付けるブログやサイトに合わせて色やアイコンサイズ、表示幅などの柔軟なカスタマイズが可能です。

(3)公開あしあとページ
「あしあとウィジェット」により取得したブログやサイトへのアクセス履歴を公開・共有できる「公開あしあとページ」を提供します。ブログやサイトの閲覧ユーザは、同じ趣味や興味をもった他の閲覧ユーザを、「公開あしあとページ」を通じて探すことができるため、ユーザ同士のつながりを広げることができます。
また、ブログやサイトの概要説明や、アクセス数の多い人気記事を表示することができ、ブログやサイトを紹介する場としても利用が可能です。

(4)ブログやサイトのアクセス解析が可能な「あしあと解析」
「あしあとウィジェット」を貼り付けたブログやサイトのアクセス解析が可能な「あしあと解析」を提供します。一般的なアクセス解析に加え、「gooあしあと」の利用ユーザに対象を絞った解析や、「gooあしあと」の利用ユーザが「あしあとウィジェット」をブログやサイトに貼り付ける際に設定したジャンルを加えた解析が可能になります。
また、閲覧したユーザがブログやサイト上のリンクについて、クリックした数を取得・集計できるようになります。取得したクリック数は、各ユーザのブログやサイト上の当該リンクに、マウスを重ねると現れるポップアップの中に表示されます。

(5)「gooホーム」との連携
「gooあしあと」とあわせて「gooホーム」に登録すると、「gooホーム」で登録した画像アイコンやニックネーム、友達リスト、参加コミュニティ、ひとことなどの情報が「gooあしあと」で利用できるようになります。
また、気になるサイトの「あしあとウィジェット」からマウス操作だけで「gooブックマーク」に簡単に登録できます。

3.アクセス方法
「goo」トップページ(http://www.goo.ne.jp)から「あしあと」をクリック
※以下のURLから直接アクセスすることも可能です。
URL:http://ashiato.goo.ne.jp/
4.「gooホーム」について
「gooホーム」は本年10月11日より、NTTコミュニケーションズグループにおける新たなCGM(*4)サービス基盤として提供を開始したSNSサービスです。「goo ID」に登録すれば、誰でも利用可能で、“友達”の最新ブログ記事や参加コミュニティ投稿記事などをチェックすることができるほか、「gooブログ」のブログ記事を「gooホーム」での“友達”に限定公開したり、ソーシャルブックマークサービス「gooブックマーク」をユーザ間で共有できます。
以上

【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント株式会社 ポータル事業本部
E-mail:pr@nttr.co.jp

(*1)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト「goo」や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。 NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する「goo」を、ブロードバンド時代をリードするポータル
サイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。

(*2)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
NTTレゾナントが運営する「goo」は、1か月あたり約3,800万ブラウザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。 サービスの中核である「検索サービス」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。 また、併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス(約 785万会員)」等の幅広いサービスも提供しています。 また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。
※2007年6月の弊社ログシステムより、「goo」へのアクセスデータから、当該期間中にアクセスされたユニークブラウザ数をカウントし算出。

(*3)【 ウィジェット 】
ウェブサイトやパソコンのデスクトップ上に配置することのできる簡易なアプリケーション。

(*4)【 CGM 】
CGMとは、Consumer Generated Mediaの略称で、「消費者生成メディア」などと訳されます。インターネットなどを活用して、消費者が内容を生成していくもので、個人の情報発信をデータベース化、メディア化したWebサイト(ブログ、クチコミサイト、Q&Aコミュニティ、SNSなど)を指します。

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス