「goo」で、投資初心者向け投資情報の提供を開始 ~毎日更新で、投資に役立つ経済情報を分かりやすい解説付きで提供~

平成19年1月10日

報道発表資料

NTTレゾナント株式会社
株式会社フィスコ

「goo」で、投資初心者向け投資情報の提供を開始
~毎日更新で、投資に役立つ経済情報を分かりやすい解説付きで提供~
URL:http://money.goo.ne.jp/investment/

 NTTレゾナント株式会社(*1、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才 博美)と株式会社フィスコ(*2、本社:東京都千代田区、代表取締役:三木 茂)は、インターネットポータルサイト「goo」(*3)で提供中の金融関連情報サイト「gooマネー」において、日々の投資に役立つ経済ニュースを投資初心者にも分かりやすく毎日更新(土・日・祝日は除く)にて解説する「はじめての投資ニュース解説」を、提供開始します。
1. 背景
インターネットリサーチ「gooリサーチ」が発表した「株式および株式投資信託に関する調査結果」(平成18年2月9日発表)によると、今後の株式・証券投資に対して、全体の約7割が投資意向を示しているのに対し、全体の6割以上の人が投資未経験者であると回答しており、株式市場活況にもかかわらず、まだ投資に関しての経験がない初心者が多いという状況がうかがえます。また、金融関連情報の入手方法については、新聞に次いでインターネットポータルサイトからの情報入手に期待が集まっています。
こうした状況の中、NTTレゾナントでは、ユーザのニーズに対応し「gooマネー」において、無料でフィナンシャルプランナーに質問できるサービスなど、投資に関する詳しい知識がない方にも役に立つサービスを提供しています。今回、投資初心者のためのコンテンツを強化し、金融関連講座の提供などで高い評価と信頼を得ている株式会社フィスコの協力を得て、投資初心者向けの経済ニュース解説記事を提供開始します。
2. 「はじめての投資ニュース解説」について
「はじめての投資ニュース解説」は、株式会社フィスコが運営する金融関連の教育講座「フィスコ・ファイナンシャル・カレッジ」のスタッフが日々のニュースの中から投資に関連するものを選び、初心者にも分かりやすく解説します。
毎日更新で、最新の経済ニュースを分かりやすい解説と共に読むことができるほか、そのニュースを投資にどう活かせばいいのかといった投資の基本についても学ぶことが可能です。
3. 「gooマネー」について
「gooマネー」は、豊富な金融関連情報と読み物としても楽しんでいただけるコラムも充実した金融情報サイトです。投資初心者にも分かりやすい画面設計で、詳しい知識がなくても目的の情報に簡単にたどり着くことができるほか、各種金融サービスに関する資料請求などの申し込みも可能です。
4. 今後の展開
「gooマネー」では今後もユーザニーズに積極的に対応し、投資初心者向けのコンテンツをさらに拡充していく予定です。
以上

【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント ポータル事業本部
E-mail:pr@nttr.co.jp
株式会社 フィスコ 広報室
E-mail:adminir@fisico.co.jp

《 補足 》
(*1)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト「goo」や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。
NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する「goo」を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。

(*2)【 株式会社フィスコ 】
株式会社フィスコは、国内でも数少ない独立系の金融市場調査機関として、専門性が高くバイアスの無い独自のリサーチサービスを提供しています。
株式、通貨、債券・金利の各市場に関する調査レポートやコメントは、証券会社、銀行、機関投資家などのプロフェッショナルに広く利用されています。また、インターネットのポータルサイトやオンライン証券会社への情報提供のほか、会員制情報サービス「クラブフィスコ」を通じて、個人投資家のための良質な金融サービスの提供に努めています。

(*3)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
NTTレゾナントが運営する『goo』は、1か月あたり約3,410万ブラウザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。サービスの中核である「検索サービス」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス」等の幅広いサービスも提供し、これらのサービスをより便利に活用できる「gooID」の会員数は約750万にも達しています。また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。
※2006年10月の弊社ログシステムより、『goo』へのアクセスデータから、当該期間中にアクセスされたユニークブラウザ数をカウントし算出。

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス