「goo」で、大学入試センター試験の解説講義を無料配信 ~代々木ゼミナールの人気講師陣が2007年度センター試験を分かりやすく解説~

平成19年1月22日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社

「goo」で、大学入試センター試験の解説講義を無料配信
~代々木ゼミナールの人気講師陣が2007年度センター試験を分かりやすく解説~
URL:http://bb.goo.ne.jp/special/yozemitv/

 NTTレゾナント株式会社(*1、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才 博美)は、インターネットポータルサイト「goo」(*2)で提供中の動画配信コーナー「gooブロードバンドナビ」内で提供中の「ブロードバンド代ゼミTVネット」において、平成19年1月23日(火)より、代々木ゼミナールの講師による2007年度センター試験解説講義の映像を無料でストリーミング配信します。
1. 2007年度センター試験本試験解説講義について
代々木ゼミナールの人気講師陣が、2007年度のセンター試験について、英語、数学Ⅰ・A、数学Ⅱ・B、現代文、古文、漢文の教科ごとに解答から解説まで詳しく丁寧に講義します。視聴は無料で、問題毎のオンデマンド配信となるため、講義を聞きたい箇所のみ、何度でも視聴することが可能です。
試験の答え合わせと解答方法の確認ができるのはもちろん、最も早い来年のセンター試験対策としてご利用していただくことも可能で、本年度の受験生だけでなく、来年度以降、大学受験を目指す人にも必見の内容となっています。
1月23日(火)に英語、現代文、古文の3教科を、24日(水)に漢文、数学Ⅰ・A、数学Ⅱ・Bの3教科を順次配信します。
また、2006年度には全国最大の412,978名の自己採点データを集計、分析するなど、センター試験の分析に関して定評がある代々木ゼミナールの人気講師陣によるセンター試験解説講義を動画で視聴できるのは、「goo」のみとなります。
2. ブロードバンド代ゼミTVネットについて
「goo」で提供中の「ブロードバンド代ゼミTVネット」は、代々木ゼミナールの人気講師の講座を、ユーザ(受験生)の自宅のパソコンにインターネットで有料配信するサービスです。オンデマンド配信により、通常の対面授業では不可能な「見たいときに何度でも繰り返し視聴すること」ができるのに加え、重要公式をテロップで表示するなど、動画ならではのビジュアルに訴える構成が多くのユーザから高い評価を得ています。また、サポート体制も充実しており、講義内容に関して分からない点があれば「ブロードバンド代ゼミTVネット」のフェロー(専門スタッフ)が質問にお答えします。
3. 動画視聴環境
価格:無料
配信帯域:300Kbps以上
CPU:PentiumⅢ 800MHz相当以上
メモリ:128MB以上
OS:Windows XP、Windows 2000
※Macintosh、その他のOSは対応していません
Webブラウザ:Microsoft Internet Explorer 6 以上
※JavaScript、ActiveXコントロールの設定をON に設定してください
プラグイン/プレーヤー(再生ソフトウェア):Windows Media Player 9以上
以上

【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント ポータル事業本部
E-mail:pr@nttr.co.jp

《 補足 》
(*1)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト『goo』や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。
NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する『goo』を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。

(*2)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
NTTレゾナントが運営する『goo』は、1か月あたり約3,410万ブラウザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。サービスの中核である「検索サービス」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス」等の幅広いサービスも提供し、これらのサービスをより便利に活用できる「gooID」の会員数は約750万にも達しています。また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。
※2006年10月の弊社ログシステムより、『goo』へのアクセスデータから、当該期間中にアクセスされたユニークブラウザ数をカウントし算出。

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス