「goo」で地図と動画連動させた「ウォークスルービデオシステム」の実証実験を開始

平成19年4月10日

報道発表資料

NTTレゾナント株式会社

「goo」で地図と動画連動させた
「ウォークスルービデオシステム」の実証実験を開始

『gooラボ』のURL::http://map.labs.goo.ne.jp/walkthrough/

 NTTレゾナント株式会社 (*1、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才博美)は、インターネットポータルサイト「goo」(*2)上に開設した実験サイト「gooラボ」(http://labs.goo.ne.jp/)において、本日より、任意の地点を車両で移動しながらビデオカメラで撮影した街頭の映像と地図を連動させることで、実際にその場を車両で走行しているような仮想体験を可能にし、周辺情報も併せて提供する「ウォークスルービデオシステム」の実証実験を開始します。
1. 背景
インターネット上の地図サービスと連動した地域情報へのニーズが高まる一方で、平面的な情報からは街並みや景色まで把握することは難しいという課題があります。
「goo」では、平成18年4月より、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸の計約2,000駅の出口付近の写真画像を地図上で閲覧できる機能を提供するなど、地図上で提供する情報の拡充を図ってきました。
この度の実験では、ビデオカメラで撮影した街頭の映像をスクロール可能な地図上で連動させながら表示することで、現地の様子をより分かりやすく提供します。
2. 実験の概要
対象となるエリアを車両で移動しながら撮影したビデオカメラの映像を、「goo地図」上で地図と連動させながら表示します。
(1) 地図と動画を連動させて表示
前後左右4方向を撮影するビデオカメラを搭載した車両で移動しながら撮影した対象エリアの風景の映像に位置情報を付与することで、移動する車両から見える前方ならびに左右の動画の位置を地図上に表示します。動画上の風景の移動と共に、地図上で指し示す位置も自動的に動き、手動で逆進表示させることも可能です。また、動画の上部に、動画の開始地点から次の交差点までの距離を表示し、動画内ではバスガイドの案内風のコメントを文章で表示します。<対象エリア(提供開始時)>
・新橋駅銀座口前付近
・数寄屋橋付近
・銀座一丁目付近
・銀座四丁目付近
※対象エリアは東京を中心に順次全国に拡大する予定です。

(2) 「gooブログ」や画像検索サービスとの連携
各映像の場所名をもとに、関連するブログ記事と画像の検索結果を表示します。

3. 技術的特徴
地図や周辺情報の表示に関してはAjax技術を利用し、動的な表示を実現しています。インターネット上で地図と動画を連携させて表示する場合、コンピューターグラフィックスにより、立体の表面を微小な多角形の集合で表現する三次元ポリゴンにより、加工、表示する場合が一般的ですが、実際に撮影した映像とオンライン地図とを連携させ、直感的に分かりやすい地図サービスを実現しています。
また、映像や地図画面内にその地点に関連する情報を表示することができるため、関連情報の充実や広告表示も実現可能です。このような撮影された映像と地図を連携させる取り組みは、ポータルサイトで初となります。
4. 利用方法
※「goo」トップページからの利用方法
→「gooラボ」をクリック
→「ウォークスルービデオシステム」をクリック
→「出発点」に表示される候補の中から任意の地点名をクリック
5. 今後の展開
本実証実験については、米国ニューヨーク州ニューヨークで開催される「Search Engine STRATEGIES 2007 CONFERENCE&EXPO」(2007年4月10日~13日、展示は12日まで)に出展します。
「goo」では、本実証実験の対象となるエリアを順次拡大し、地図と連動した情報提供の拡大を図ってまいります。また、本トライアルサービスの成果とユーザからのご意見を踏まえ、今後のサービス展開の可能性について検討してまいります。
以上

【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント ポータル事業本部
E-mail:pr@nttr.co.jp

《 補足 》
(*1)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト「goo」や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。
NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する「goo」を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。
(*2)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
NTTレゾナントが運営する『goo』は、1か月あたり約3,600万ブラウザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。サービスの中核である「検索サービス」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス」等の幅広いサービスも提供し、これらのサービスをより便利に活用できる「gooID」の会員数は約785万にも達しています。また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。
※2007年3月の弊社ログシステムより、『goo』へのアクセスデータから、当該期間中にアクセスされたユニークブラウザ数をカウントし算出。
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス