2007年4月「goo」月間キーワードランキングを発表 ~4月スタートの連続テレビドラマに関連したキーワードが多くランクイン~

平成19年5月9日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社

2007年4月「goo」月間キーワードランキングを発表
~4月スタートの連続テレビドラマに関連したキーワードが多くランクイン~
URL:http://ranking.goo.ne.jp/keyword/

 NTTレゾナント株式会社(*1、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才 博美)は、インターネットポータルサイト「goo」(*2)で提供中の、各種ランキングを紹介するコーナー「gooランキング」にて、2007年4月1日から4月30日までの「goo」で検索されたキーワードの検索回数に基づく「2007年4月 月間キーワードランキング」を発表します。
月間キーワードランキングでは、この1ヶ月の世相を振り返ることができる「急上昇キーワードランキング」のほか、「goo」スタッフが日々の検索キーワードから厳選し「注目ワード」として掲載したキーワードをクリックされた回数を基にランキング化した「注目キーワードランキング」を掲載します。
また、ランキング内の各キーワードをクリックすると、そのキーワードの1ヶ月間の検索回数推移グラフ、関連するニュース検索結果、「教えて!goo」のQ&A検索結果、ブログの検索結果が表示され、より深くそのキーワードについて知ることができます。
<2007年4月 急上昇キーワードランキングトップ10>
順位 キーワード コメント
1 植木等 3月27日に死去した日本を代表するコメディアン
2 森下悠里 最新DVDを発売したグラビアアイドル
3 浅尾美和 ビーチバレーの妖精と呼ばれる人気選手
4 統一地方選挙 全国で知事や県議などの選挙が行われた
5 yumi 男性タレントとの交際が話題になったフルート奏者
6 長澤まさみ 月9ドラマに主演。文庫の広告で山手線の中吊りをジャックした
7 JRA 春のG1重賞が行われ、タレントが万馬券を当てた
8 北斗の拳 キャラクターのラオウの葬儀が行われた
9 赤西仁 語学留学から帰国、芸能活動再開が話題に
10 石原さとみ 4月スタートのドラマに主演、始球式にも登場した
■ 総評
4月の急上昇ランキング1位は、「植木等」でした。3月27日に死去した昭和の一時代を象徴するコメディアンで、4月27日に執り行われた「植木等さん 夢をありがとう さよならの会」には、芸能界の知人をはじめ、多くのファンも参列しました。2位には、グラビアアイドルとして知られる「森下悠里」が最新DVD発売のニュースとともに急上昇しました。3位は、ビーチバレー国内ツアーを控え、写真集も話題のビーチバレー選手「浅尾美和」でした。ライバルチームの浦田聖子、鈴木洋美ペアの豹柄水着などのトピックスを相まって、再び注目が集まりました。4位は、「統一地方選挙」。東京都知事選では、外山恒一候補の政見放送が動画共有サイトで100万回を超えて視聴されるなど話題を呼んだほか、長崎市長選では、「伊藤一長」(38位)元長崎市長が選挙期間中に凶弾に倒れるなどの事件が波紋を呼びました。4位以下のキーワードの特徴としては、公式サイトで本編とは違ったミニドラマが楽しめる「裏バンビーノ」も話題の「バンビ~ノ!」(22位)をはじめとして、セクシーボイス担当の「大後寿々花」(30位)の演技にも注目の集まる「セクシーボイスアンドロボ」(23位)、スリリングな心理ゲームが楽しめる深夜ドラマの「ライアーゲーム」(26位)、時効となった事件の謎を解決する「時効警察」(31位)、昼ドラながら女子高生に人気が高いと言われる「砂時計」(35位)、女将ビギナー役を比嘉愛未が演じる「どんど晴れ」(49位)など、4月始まりの新作ドラマが数多く顔を揃えました。

4月を振り返るキーワードとしては、映画「真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章」の公開に合わせて、ラオウの死を悼む本格的な葬儀が行われた「北斗の拳」(8位)、「JRA」(7位)開催の春のGIレース皐月賞で、超万馬券を当てた「爆笑問題 田中」(12位)、そのほか、新たにオープンした集客施設として東は「新丸ビル」(42位)、西は「なんばパークス」(47位)などもランクインしました。

■ 集計期間:2007年4月1日~4月30日
■ 集計方法:「goo」で検索されたキーワードの検索回数に基づくランキングの中から、前月に比べ検索回数が特に増えたキーワードのみを対象にランキング化

※「2007年4月 急上昇キーワードランキングトップ50」はこちらをご覧下さい

<「gooランキング」について>
「gooランキング」では、「goo」の各コンテンツへのアクセスランキング、売れ筋ランキングのほか、「goo」で提供中の国内最大級のインターネットリサーチ・サービス「gooリサーチ」と連携して作成したオリジナルランキングなど、ポータルサイト最大級の幅広いジャンルのランキングを紹介しています。

以上

【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント ポータル事業本部
E-mail:pr@nttr.co.jp

《 補足 》
(*1)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト『goo』や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。
NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する『goo』を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。
(*2)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
NTTレゾナントが運営する『goo』は、1か月あたり約3,600万ブラウザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。サービスの中核である「検索サービス」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス」等の幅広いサービスも提供し、これらのサービスをより便利に活用できる「gooID」の会員数は約785万にも達しています。また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。
※2007年3月の弊社ログシステムより、『goo』へのアクセスデータから、当該期間中にアクセスされたユニークブラウザ数をカウントし算出。
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス