「goo RSSリーダー(アプリ版)」の高機能版を提供開始 ~気になるWebページをそのまま整理、保存できるなどの機能強化を実施~

平成19年5月30日

報道発表資料

NTTレゾナント株式会社

「goo RSSリーダー(アプリ版)」の高機能版を提供開始
~気になるWebページをそのまま整理、保存できるなどの機能強化を実施~

 NTTレゾナント株式会社 (以下、NTTレゾナント*1、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才 博美)は、ブログやニュースサイトの最新記事見出しや概要をはじめ登録したキーワードに関する情報を自動収集し、一覧できる「goo RSSリーダー(アプリ版)」について、任意のWebページをフォルダ別にそのまま整理、保存し、記事の整理・管理が簡単にできる等の「アドバンス機能」を備えた高機能版(有料)の提供を開始します。
この度提供する「アドバンス機能」は、「goo RSSリーダー(アプリ版)」(無料)に、あらかじめ購入したシリアルキーを入力することで利用可能で、提供中の最新ブログ記事収集機能に加え、簡単に記事の保存、整理ができる機能や、未読記事をまとめてタブに表示する機能等の利用が可能になります。これらの機能により、最新記事を素早くまとめ読みをするための機能に加え、必要なWebページをフォルダ別にそのまま整理、保存することが可能になるため、情報をより効果的かつ効率的に活用できるようになります。
また、「goo RSSリーダー(アプリ版)」のバージョンアップ(ver.3.5)も行い、キーワードを登録すると関連する最新のブログ記事を自動収集する機能の対象拡大を図り、ニュース等のRSSフィード(*2)や「教えて!goo」のQ&A情報からも情報収集できます。加えて、RSSフィードをワンクリックで登録する事ができる「フィード登録ボタン」や、記事見出しを電光掲示板のように表示するニュースティッカー上での既読・未読表示も追加し、操作性の向上を図ります。
1.背景
最新記事見出しや概要などを自動的に配信できるRSSフィードは、Internet Explorer 7などのブラウザにも標準装備されている今最も注目されている情報配信形式で、今後ますます認知、利用が拡大することが予想されます。
これを受けてNTTレゾナントでは、2004年よりRSSフィードの取得、購読ができるソフトウェア「goo RSSリーダー」を提供し、これまでにウェブ版も含め122万ユーザ(2007年4月末現在)から利用されるなど人気のサービスとなっています。また、「goo(*3)」の各コンテンツにおいて積極的にRSSフィードの配信を行っているほか、誰でも手軽にRSSフィードを使って情報発信できる「goo フィードメーカー※」を提供するなど、RSSフィードを活用したサービスの強化を図っています。
この度、RSSフィードを活用したサービス強化の一環として、「アドバンス機能」を備えた高機能版(有料)の提供開始と、「goo RSSリーダー(アプリ版)」(無料)のバージョンアップによる機能強化も併せて行い、ユーザニーズに応えると共に、利便性の向上を図ります。

※2009年4月9日にサービス名称を「goo RSS作成」に改称いたしました。

2.概要
(1)高機能版(有料)として提供する「アドバンス機能」の主なものは以下のとおりです。
a.スクラップ保存機能
収集した情報(HTMLや画像)をワンクリックで簡単にご自分のパソコンに保存することができます。情報は重要度に応じて色分けが可能で、自分でフォルダを作って管理することができます。
b.新着お知らせ機能
登録したRSSフィードの新着記事の見出しがデスクトップ上にポップアップ表示されます。
c.未読記事まとめ読み機能
まだ読んでいないブログやニュース記事(未読記事)を、ワンクリックで最大64件までまとめてタブブラウザに表示し、タブを切り替えるだけで次々と記事を閲覧することができます。
d.マーカー機能
登録したキーワードに関して自動収集した記事を表示する際、キーワードを分かりやすくマーカー表示する機能です。これにより関心の高い情報が探しやすくなります。
e.「ブログライター」の強化
「gooブログ」に即座に記事投稿できる「ブログライター」について、「gooブログ」以外のブログサービスにも対応します。対応するブログは、以下のとおりです。
・「gooブログ」「ブログ人」「ココログ」「Seesaa」「NetLaputa」

f.広告非表示機能
画面下に表示されるスポンサーリンク(広告)を非表示にすることができます。

(2) この度ver.3.5にバージョンアップする「goo RSSリーダー(アプリ版)」(無料)に追加する新たな機能は、以下のとおりです。なお、これら機能は高機能版(有料)でも利用可能です。
a.検索機能の強化
登録したキーワードに関連した記事を自動収集する機能の対象を、「gooブログ」だけでなく、RSSフィードに対応したニュースサイトや「教えて!goo」のQ&A情報にも拡大します。
また、画面中央の検索窓からはニュースサイトのRSSフィードに対象を絞ったニュース記事検索も可能です。

b.フィード登録ボタン
RSSフィードをワンクリックで登録することができます。

c.ニュースティッカー機能の強化
記事見出しを電光掲示板のように表示するニュースティッカーについて、流れる記事の未読・既読を文字色等で区別して表示することができるようになります。

3.利用方法・動作環境
<利用方法>
○「goo RSSリーダー(アプリ版)」(無料)
下記ページより、「goo RSSリーダー(アプリ版)」をダウンロードし、インストールして利用できます。
URL:http://reader.goo.ne.jp/

○「アドバンス機能」を備えた高機能版(有料)
下記ページより、シリアルキー(税込1,980円)をご購入いただいた後、上記URLでインストールした「goo RSSリーダー(アプリ版)」へシリアルキーを登録いただくと利用できます。
URL:http://reader.goo.ne.jp/ap/version3.5.html

※シリアルキーのご購入に際してはgooIDの取得と「gooらくらく決済」への登録が必要となります。詳しくは以下を参照ください。
URL:https://profile.mail.goo.ne.jp/func/Regist

<動作環境>
OS:Microsoft Windows Vista/XP/2000
(98/Meは動作未保証、Macは未対応、Vistaの動作環境は各Vista OSが

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス