「goo」で、スタッフが厳選した話題の検索キーワードを紹介する「キーワードセンター」をリニューアル ~四季を感じられる検索キーワードを曜日や時間別に紹介~

平成19年9月5日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社

「goo」で、スタッフが厳選した話題の検索キーワードを
紹介する「キーワードセンター」をリニューアル

~四季を感じられる検索キーワードを曜日や時間別に紹介~
「gooキーワードセンター」のURL:http://kwsearch.goo.ne.jp/

 NTTレゾナント株式会社 (*1、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才 博美)は、インターネットポータルサイト「goo」(*2)で提供中の、スタッフが厳選した検索キーワードをジャンル別に紹介する「gooキーワードセンター」について、本日、リニューアルを行い、より季節感あふれる旬の話題を検索できるキーワードの紹介を開始します。
従来のジャンル別の検索キーワードの紹介に加え、曜日、時間別にキーワードを紹介するほか、新着キーワードおよびキーワードに関連した言葉を「タグ」として検索した結果ごとのRSS配信を行います。
1.リニューアルの概要
(1)時間帯別キーワードの紹介
年代を問わず共通の話題である「四季」をテーマに、gooスタッフが独自の視点で選定した検索キーワードを、一日を9つに分けたそれぞれの時間帯に応じて紹介します。アクセスする曜日と時間帯により、紹介する検索キーワードが変わるので、ユーザのライフスタイルや生活シーンにマッチしたキーワードが探しやすくなります。具体的には以下のようなキーワードを掲載していきます。

【秋の時間帯別キーワードの一例】

・おはようタイム: 早朝にふさわしい季節を感じるキーワード
         例:「ススキ前線」、「モズ前線」など
・朝食タイム  :一日の始まりにふさわしい時季に応じたビジネストピックス
         例:「9月始まり手帳」「秋採用」など
・午  前    :朝の話題にふさわしい時季に応じた新着トピックス
         例:「マロニエゲート」など
・ランチタイム :屋外ランチ情報
         例:「お弁当」「デリ」「ケータリング」など
・午  後    :季節のファッションや流行情報
         例:「スイッチ服」「和柄スニーカー」など
・ティータイム :旬な味覚のおやつ情報
         例:「梨」「柿」などのスイーツ
・夕    方  :旬の素材を使ったレシピ情報
         例:「さんまの肝ソース」など
・夜       :お月見など夕食後のひと時を楽しむキーワード
         例:「豆名月」「一人お月見」など
・深    夜 :夜更かしする人のための趣味や癒しのためのキーワード
         例:「風呂本」や「秋色照明」など
(2)新着キーワードおよびタグ検索結果をRSS配信
ブログや各ニュースサイトの更新情報を自動的に読み込む各種RSS閲覧ソフト(RSSリーダー)を利用するインターネットユーザに対して、gooスタッフが厳選した最新のキーワードの配信を開始します。また、気になる言葉に関連する検索キーワードを表示するタグ検索結果ごとの配信も行います。これにより、過去に「注目ワード」や「検索で知るコトバ」コーナーで取り上げられたキーワードの中から、気になるジャンルに絞った検索キーワードの情報のみを選択し、利用することができます。
2.「gooキーワードセンター」について
(1)検索キーワードをジャンル別に紹介
「gooキーワードセンター」では、gooスタッフが独自の視点で厳選し、これまでに紹介した約9,000もの検索キーワードをジャンル別に紹介しています。個々の検索キーワードには関連するワードが「タグ」として表示され、各キーワードからさらに関連するキーワードを探すことも可能となっているほか、興味のあるジャンルから様々なキーワードを探し出すことができます。ニュースや検索キーワードランキングとあわせて、ブログの話題にしたり、新しい知識に出会うことのできるツールとして、ユーザの皆様に利用されています。
(2)「注目ワード」、「検索で知るコトバ」
gooスタッフが、日々の検索キーワードやインターネット上にある様々なウェブサイトから、今後トレンドとなりそうな検索キーワードやユニークなキーワードを厳選し、紹介するコーナーです。日々トレンドをウォッチするgooスタッフならではの視点から選ばれたキーワードを検索することで、通常の検索では発見できない新しい情報に出会うことができます。
3.今後の展開
NTTレゾナントでは、今後も「gooキーワードセンター」における掲載内容の充実および利便性の向上を図り、より多くのユーザに利用していただけるサービスの提供を図ってまいります。

以上

本件に関するお問合せ先
NTTレゾナント ポータル事業本部
E-mail:pr@nttr.co.jp
《 補足 》
(*1)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト「goo」や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。 NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する「goo」を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。
(*2)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
NTTレゾナントが運営する「goo」は、1か月あたり約3,800万ブラウザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。 サービスの中核である「検索サービス」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。 また、併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス(約 785万会員)」等の幅広いサービスも提供しています。 また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。
※2007年6月の弊社ログシステムより、「goo」へのアクセスデータから、当該期間中にアクセスされたユニークブラウザ数をカウントし算出。
ページTOP

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス