2008年2月「goo」月間キーワードランキングを発表 ~脳内メーカーの生みの親うそこメーカーとgooとのコラボ企画が話題に~

平成20年3月14日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社

2008年2月「goo」月間キーワードランキングを発表
~脳内メーカーの生みの親うそこメーカーとgooとのコラボ企画が話題に~
URL:http://ranking.goo.ne.jp/keyword/

 NTTレゾナント株式会社(*1、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才 博美)は、インターネットポータルサイト「goo」(*2)で提供中の、各種ランキングを紹介するコーナー「gooランキング」にて、2008年2月1日から2月29日までの「goo」で検索されたキーワードの検索回数に基づく「2008年2月 月間キーワードランキング」を発表します。
月間キーワードランキングでは、この1ヶ月の世相を振り返ることができる「急上昇キーワードランキング」のほか、「goo」スタッフが日々の検索キーワードから厳選し「注目ワード」として掲載したキーワードをクリックされた回数を基にランキング化した「注目キーワードランキング」を掲載します。
ランキング内の各キーワードをクリックすると、そのキーワードの1ヶ月間の検索回数推移グラフ、関連するニュース検索結果、「教えて!goo」のQ&A検索結果、ブログの検索結果が表示され、より深くそのキーワードについて知ることができます。
<2008年2月 急上昇キーワードランキングトップ10>
順位 キーワード コメント
1 確定申告 申告時期を控え、前月2位からのランクアップ
2 倖田來未 ラジオの深夜番組での発言を受け急上昇
3 脳検メーカー うそこメーカーとgooとのコラボ企画
4 L CHANGE THE WORLD 2月9日より全国ロードショーの話題作
5 おおにしこうじ 漫才を辞め画家に転身
6 東京マラソン 2007年から新たなスポーツイベントに
7 花粉症 スギ花粉の開花時期
8 エディソン・チャン 香港スターの写真流出
9 イージス艦 漁船「清徳丸」との海難事故
10 大乱闘スマッシュブラザーズX 大人気のゲームタイトル
総評
2月の急上昇ランキング1位は、「確定申告」。2月18日からの申告時期を控え、前月2位からのランクアップ。2位は、「倖田來未」。1月30日放送のラジオの深夜番組「オールナイトニッポン」での「羊水発言」を受けて検索回数が急上昇。2月7日に謝罪VTRが放送されたフジテレビのニュース番組「スーパーニュース」(50位)もランクインしています。 3位は、「脳検メーカー」。脳内メーカーの生みの親うそこメーカーとgooとのコラボ企画が話題になりました。
2月に話題となった主な事件事故、トピックスとしては、漁船「清徳丸」の乗組員2名の行方不明者を出す海難事故で回避義務の過失が疑われている「イージス艦」(9位)、サイパンに渡航中に身柄を拘束された三浦和義氏とその争点となっている「ロス疑惑」(12位)、東芝による突然の撤退表明でブルーレイ(46位)との「次世代DVD規格戦争」に終止符が打たれた「HD-DVD」(33位)が急上昇しています。
その他、2月を代表するキーワードとしては、2007年から新たなスポーツイベントとなった「東京マラソン」(6位)、スギ花粉の開花時期と重なる「花粉症」、2月、3月と続くイベントとして「バレンタイン」(15位)、「ホワイトデー」(30位)がランクインしました。・集計期間:2008年2月1日~2月29日
・集計方法:「goo」で検索されたキーワードの検索回数に基づくランキングの中から、前月に比べ検索回数が特に増えたキーワードのみを対象にランキング化。
※「2008年2月 月間キーワードランキングトップ50」はこちらをご覧下さい
<「gooランキング」について>
「gooランキング」では、「goo」の各コンテンツへのアクセスランキング、売れ筋ランキングのほか、「goo」で提供中の国内最大級のインターネットリサーチ・サービス「gooリサーチ」と連携して作成したオリジナルランキングなど、ポータルサイト最大級の幅広いジャンルのランキングを紹介しています。
以上
【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント ポータル事業本部
E-mail:pr@nttr.co.jp《 補足 》

(*1)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト「goo」や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。 NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する「goo」を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します

(*2)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
NTTレゾナントが運営する「goo」は、1か月あたり約4,000万ブラウザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。 サービスの中核である「検索サービス」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。 また、併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス(約 785万会員)」等の幅広いサービスも提供しています。 また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。
※2008年1月の弊社ログシステムより、「goo」へのアクセスデータから、当該期間中にアクセスされたユニークブラウザ数をカウントし算出。
本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス