「goo」で、大ヒット韓国ドラマ「カムバック!スネさん」を他社に先駆け全話配信開始 ~主演は「宮」の恵政宮役で圧巻の演技を披露したシム・ヘジンと、
「銭の戦争」のヒロイン役で大ブレイクしたパク・ジニ~

平成20年4月25日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社

「goo」で、大ヒット韓国ドラマ「カムバック!スネさん」を
他社に先駆け全話配信開始
~主演は「宮」の恵政宮役で圧巻の演技を披露したシム・ヘジンと、
「銭の戦争」のヒロイン役で大ブレイクしたパク・ジニ~
URL:http://bb.goo.ne.jp/special/brokore/sune/

 NTTレゾナント株式会社 (*1、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才 博美)は、インターネットポータルサイト「goo」(*2)で提供中の、「gooブロードバンドナビ」において、「カムバック!スネさん」(製作:2006年 SBS、提供:株式会社インタラクティブメディアミックス(*3))全16話を他社に先駆け配信開始します。

1. 「カムバック!スネさん」について
2006年に韓国で最高視聴率28%を記録した大ヒットドラマです。男女の魂が入れ替わるといった内容は、韓国で大ブームを巻き起こしました。韓国を代表する演技派女優シム・ヘジンと、「銭の戦争」で大ブレイクを果たしたパク・ジニが、世代もタイプも正反対のふたりの女性を演じ、地上最強のジェットコースターラブコメディを誕生させました。

(1) ストーリー
スネ(シム・ヘジン)は結婚10年目の40代、すっかり韓国の典型的な主婦となって生活していた。ある日、スネの前に若くて綺麗で自信に満ちあふれた女性チョウン(パク・ジニ)が現れ、夫イルソク(ユン・ダフン)との離婚を求めてきた。訳がわからないスネは事実を確認するとチョウンの車に乗り込むのだが、ちょうどその時、夫からチョウンへのラブコールが。怒りが爆発したスネは車内でチョウンと大乱闘になり、事故を起こしてしまう。そして病院に運ばれた2 人はやがて恋敵と魂が入れ替ったという衝撃の事実を知ることになる。パニックに陥った2人は何とか魂を戻そうといろいろ試してみるがうまくいかない。入れ替わった2人はイルソクの愛を受けられるのだろうか?2人は新しい人生に戸惑いながらも自分の魂を戻すため奮闘を続けるのだが・・・。

(2) キャスト
■シム・ヘジン
1966年1月16日生
<出演作品>
・ドラマ
2006年 SBS「カムバック!スネさん」
2006年MBC「宮」
2005年SBS「その女」
・映画
2006年「国境の南側」
2003年「アカシア」

■パク・ジニ(チョウン役)
1978年1月8日生
<出演作品>
・ドラマ
2007年SBS 「銭の戦争」
2006年SBS 「カムバック!スネさん」
2002年MBC 「あなたを分かってから」
・映画
2007年 「女官」
2007年 「出会いの広場」
2005年 「ラブトーク」
2005年 「恋愛術士」
2003年 「星」

■ユン・ダフン(イルソク役)
1964年12月30日生
<出演作品>
・ドラマ
2006年 SBS 「カムバック!スネさん」
2005年 MBC「結婚しましょう」
・映画
2003年 「銀粧刀」

■イ・ジェファン
1976年12月26日生
<出演作品>
・ドラマ
2006年 SBS 「カムバック!スネさん」
2005年 SBS 「その夏の台風」
2005年 SBS 「ダイヤモンドの涙」

(3) スタッフ
監督:ハン・ジョンファン
脚本:チェ・スンシク

(4) 提供価格等
各話 315円(税込)/7日間視聴可能
2008年4月25日(金)に第1話~第16話(最終話)を一斉配信

※第1話のみ無料でご覧頂くことができます。

2. アクセス方法等
<アクセス方法>
「gooトップページ」(http://www.goo.ne.jp/)から「アジア韓国ドラマ」
http://bb.goo.ne.jp/special/korea/)をクリックし、「カムバック!スネさん」をクリック

※以下のURLにて直接ご覧いただくことも可能です。
URL:http://bb.goo.ne.jp/special/brokore/sune/

<動画視聴条件>
配信帯域:500kbps、1.5Mbps
OS:Windows 2000、Windows XP以降(Macintosh、その他のOSは対応していません。)
ブラウザ:Microsoft Internet Explorer 6.0以上
※JavaScript、ActiveXコントロールの設定をON に設定してください。
パソコン:
CPU Pentium III 800MHz相当以上(推奨:Pentium 4 2GHz相当以上)
メモリ 256MB以上(推奨:512MB以上)
画面解像度 800×600ドット以上(推奨:1024×768ドット以上)
※「推奨:~」は主に1Mbps以上の動画視聴に必要な環境です。

以上

【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント ポータル事業本部
E-mail:pr@nttr.co.jp

《 補足 》

(*1)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト「goo」や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。 NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する「goo」を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。

(*2)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
NTTレゾナントが運営する「goo」は、1か月あたり約4,000万ブラウザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。 サービスの中核である「検索サービス」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。 また、併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス(約 785万会員)」等の幅広いサービスも提供しています。 また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。
※2008年1月の弊社ログシステムより、「goo」へのアクセスデータ

 

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス