「gooニュース」で、30代男性がターゲットのコンテンツ「ボクナリ(ベータ版)」を提供開始 ~「30代男性による30代男性のためのメディア」をコンセプトに、
ライフスタイルに関するオリジナルコンテンツを多数紹介~

平成20年5月7日

報道発表資料

NTTレゾナント株式会社

「gooニュース」で、30代男性がターゲットのコンテンツ
「ボクナリ(ベータ版)」を提供開始

~「30代男性による30代男性のためのメディア」をコンセプトに、
ライフスタイルに関するオリジナルコンテンツを多数紹介~
「gooニュース」URL:http://news.goo.ne.jp/

 NTTレゾナント株式会社 (*1、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才 博美)は、インターネットポータルサイト「goo」(*2)で提供中のニュースサービス「gooニュース」において、「30代男性による30代男性のためのメディア」をコンセプトに、同世代の男性が感じている仕事やライフスタイルに対する価値観や将来の人生キャリアプランに役立つ情報などを幅広く紹介するコンテンツ「ボクナリ(ベータ版)」を本日より提供開始します。
また、今後はユーザ同士やコラムニストが直接コミュニケーション取れる場を提供する予定です。

1.「ボクナリ(ベータ版)」の概要
現代の30代は、1990年代のバブル崩壊により“就職難”という大きな影響を受け、企業の業績低迷によるリストラや会社存続の危機に直面したことで「ロストジェネレーション」と呼ばれてきました。しかしながら、自らベンチャー企業を立ち上げる起業家も多く存在し、また、会社への執着心が薄れることで趣味やプライベート、家族との時間を優先的に考える傾向も上の世代に比べ強いといえます。
「ボクナリ(ベータ版)」は、大きく変化する社会の中で、前向きに自分らしく生きる、新たな価値観を持った30代男性をターゲットにしています。仕事、結婚、子育てなど様々な人生の選択がある30代は自分の色が出始める時期です。同世代の様々なライフスタイル、コラムを共有することで、将来の人生設計を構築していく上でヒントとなる情報を紹介します。
コラムニストはすべて30代で、ターゲットユーザと同じ目線でライフスタイルに関する情報を様々な視点から語ります。

<提供するコンテンツについて(平成20年5月7日現在)>
・ネット小説:栗栖准教授のMBA進化論
本コンテンツは、経営戦略、マーケティングなど、30代が直面する課題を物語の中に組み込んで紹介するネット小説です。
主人公は、1972年生まれで同級生の新進気鋭の経営学者栗栖駿平多(くりすしゅんぺいた)とソフトウェア会社の新米課長の久遠慎一郎(くどうしんいちろう)です。ふたりが様々な問題に直面しながらも学び、解決していくストーリーとなっています。
また、本小説の内容をもとに、ユーザと本小説の執筆・編集者がディスカッションできるイベント「大手町ビジネススクール」を定期的に実施する予定です。

・僕らの島生活
「離島」に生きる30代を訪問し、取材するコラムです。
日本には本土を除く島が約400島あります。海に囲まれた限られたコミュニティで培われる独自性は、都会に住む人間からすると魅力感じるものです。そこに住む30代のライフスタイルを紹介します。
さらに、「島」、「30代」、「インターネット」をキーワードに、島に関する情報も紹介します。

・週刊ボクナリニュース
日々膨大なニュースを読み込んでいる「gooニュース」の編集者が独自の観点から、「ボクナリ」世代におすすめのニュースを毎週1回お届けします。

<今後追加するコンテンツ>
・終点に行きたい
毎日の通勤電車で何気なく見かけている終点の駅名…いったいどんなところなのか気になったことはありませんか。そんな日常と非日常が出会う街・終点に出かけて、面白い場所を見つけて紹介します。

・乙女男子研究所
「カワイイもの」、「オイシイもの」、「ファンシーなもの」が大好きな「乙女男子(おとめだんし)」が増えている!?従来の「男らしさ」に縛られない新しい男性のライフスタイルを社会・文化と絡めながら探求していきます。

・PRの現場から
書店に行けば専門書が並び、それを専門とする会社も存在する「PR」ですが、実体はよく分からない…。そんな「PR」のリアルな姿を現役PRパーソンが現場の体験も交え、レポートします。

・週末Cafeを作ろう
30代の男性サラリーマンが、鎌倉にある古い家を改装して作った週末だけ開店する「週末Cafe」について、開店までの作る苦労や運営の面白さを描く、現在進行形コラムです。また、カフェの魅力でもある紅茶やケーキについても紹介します。

・雨のち晴れ、時々オートバイ
妻と猫2匹と暮らす30代男性が、少ない休日とお小遣いをやりくりしてオートバイで各地に出没し、そこで感じた気持ちやバイクライフの楽しみ方を紹介します。

2.アクセス方法
「goo」トップページ(http://www.goo.ne.jp/)から「ニュース」をクリック

以上

【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント ポータル事業本部
E-mail:pr@nttr.co.jp

《 補足 》

(*1)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト「goo」や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。 NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する「goo」を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。

(*2)【 goo 】http://www.goo.ne.jp/
NTTレゾナントが運営する「goo」は、1か月あたり約4,000万ブラウザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。 サービスの中核である「検索サービス」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サ

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス