オープンソース分散システム『Hadoop』の解析資料を公開

平成20年8月25日

お知らせ

オープンソース分散システム『Hadoop』
の解析資料を公開

 株式会社 Preferred Infrastructure(*1、本社:東京都文京区、代表取締役:西川徹、以下 Preferred Infrastructure)は、NTTレゾナント株式会社(*2、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中嶋孝夫、以下NTTレゾナント)と共同で行った、オープンソース分散システム『Hadoop』に関する調査、及び解析資料を広く公開します。
『Hadoop』はGoogle Inc.(本社:米国カルフォルニア州、CEO:エリック Eシュミット)の大規模データ処理基盤技術として論文等で公開されている「Google File System」と「MapReduce」のオープンソースクローンで、大規模データの処理基盤ソフトウェアとして注目を集めています。Preferred InfrastructureとNTTレゾナントは共同で『Hadoop』の実用性評価プロジェクトを行い、その成果として本資料を公開します。
本調査は『Hadoop』の実用性の評価を目的とし、実施しました。
(1)「Google File System」と「MapReduce」の論文を比較対象とした『Hadoop』の機能の調査。
(2)ソースコード解析による『Hadoop』の実装方式の調査。
(3)実験による『Hadoop』の基本性能の調査。
上記の調査の結果、『Hadoop』は「Google File System」の論文で言及されている主要な機能を備え、性能面を考慮した実装方式を採用しており、検証実験でも良好な性能を示したことから、『Hadoop』の実用性は十分にあることが分かりました。
一方で、主に信頼性に関する機能については同論文で言及されている機能の一部を備えておらず、信頼性には課題を残していることが分かりました。
オープンソース分散システムの利用検討は、大規模なデータ処理を低コストで実現するための一つの手段として、企業にとっても重要な選択肢であると考えています。
今回の調査資料公開は、『Hadoop』を利用してサービスを構築する際の有益な資料として多くの方に役立てていただくことを目的としています。資料は、自由に配布いただくことが可能で、セミナーなどにご利用いただくことができます。
※調査資料の入手方法
下記URLにてダウンロード可能です。
http://preferred.jp/pub/hadoop.html

以上

【本件に関するお問合せ先】
株式会社 Preferred Infrastructure
E-mail:info@preferred.jp
URL:http://preferred.jp/

NTTレゾナント株式会社
メディア事業部
E-mail:pr@nttr.co.jp

《 補足 》

(*1)【株式会社 Preferred Infrastructure 】http://preferred.jp
2006年3月設立。
大規模全文検索エンジン『Sedue』、連想検索エンジン『Reflexa』、関連記事抽出エンジン『Hotate』など、検索・推薦技術や大規模分散技術を研究開発・実用化しています。また、モバイル向けアドネットワーク『UbiMatch』の運営も今年度より開始。独自技術のライセンス販売・独自サービス展開ともに力を入れております。


(*2)【 NTTレゾナント 】http://www.nttr.co.jp/
NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト「goo」や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。 NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する「goo」を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。

ページTOP

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス