「goo」において6種類の検索機能を一画面内に配置可能な「goo複合検索」を提供開始

平成20年11月4日

お知らせ

NTTレゾナント株式会社

「goo」において6種類の検索機能を一画面内に配置可能な
「goo複合検索」を提供開始
URL:http://mix.search.goo.ne.jp/

 NTTレゾナント株式会社 (*1)本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中嶋 孝夫)は、本日より、インターネットポータルサイト「goo」(*2)において、画面内に「ウェブ検索」「辞書検索」「画像検索」「動画検索」「ブログ検索」「教えて!goo検索」の6種類の検索機能を自由に配置し、同時に検索、表示できる「goo複合検索」の提供を開始します。

1.背景
従来の検索結果やサイトデザインは、横幅よりも縦幅が長いページになるようデザインされてきました。そのため、大画面モニターやワイド画面を利用する際、モニターの一部分は活用していないまたは画面の半分は空きスペースといった状況が生まれました。
そのようなスペースを活用するべく、NTTレゾナントでは、2007年4月より「goo」上に開設した実験サイト「gooラボ」で提供している、次世代ユーザインターフェイスデザインに関する実証実験を行う「検索UIラボ」において、画面内に表示する検索機能を自由に配置できる「goo mix検索」を試験提供しておりました。本サービスは、「goo mix検索」をもとに、ユーザの利用状況やいただいた要望を元に機能改善を行い、「goo複合検索」として新たに提供するものです。

2.概要
従来のウェブ検索では、ニュース記事を読んで、気になる人名があった場合、その人の顔やプロフィール、評判などの情報を調べるために、まずニュース記事に記載の人名で「ウェブ検索」を行い、次に「画像検索」や「ブログ検索」などに切り替えるような手順が必要でした。
「goo複合検索」では、各種検索結果を一画面内に表示できるため、一度の検索によって「ウェブ検索」「画像検索」「ブログ検索」の検索結果を得ることが可能です。
また「goo複合検索」では、従来まで提供していたウェブ検索に比べ、ダイレクトな表示切替えを可能にするAjaxを活用することでよりカスタマイズ性を高めており、マルチデバイスに対応した「Opera」や、高速なJavaScriptエンジンを搭載した「Chrome」では、「goo」のウェブ検索を利用する際は、初期設定として「goo複合検索」の検索結果が表示されます。
(注)「複合検索」の結果画面の右上にある「goo検索(通常版)」のリンクをクリックすることで通常の「ウェブ検索」に変更することができます。

■動作確認済みシステム環境
【ブラウザ】
Internet Explorer6.0以降、Firefox 1.5.x以降、Safari 2.0.x以降
Opera9.5以降、Google Chrome 0.2.1以降

3.利用方法等
「goo ウェブ検索」(http://search.goo.ne.jp/)で任意のキーワードで検索⇒検索結果画面の右に表示される表示切替「複合検索」のリンクをクリック※以下のURLから直接ご利用頂くことも可能です。
URL:http://mix.search.goo.ne.jp/

【参考】
例:「富士山」の検索結果(全ての検索を追加した場合)
1104picture

以上

【本件に関するお問合せ先】
NTTレゾナント メディア事業部
E-mail:pr@nttr.co.jp

《 補足 》
(*1)【NTTレゾナント】http://www.nttr.co.jp/
NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト「goo」や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。
NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、国内最高レベルの検索機能を有する「goo」を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させるとともに、操作性に優れた高品質な双方向映像コミュニケーションサービスを先導的に開発・提供するなど、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。


(*2)【goo】http://www.goo.ne.jp/
NTTレゾナントが運営する「goo」は、1か月あたり約4,200万ブラウザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。サービスの中核である「検索サービス」ではWebページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。また、併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス(約 900万会員)」等の幅広いサービスも提供しています。また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。
※2008年9月の弊社ログシステムより、「goo」へのアクセスデータから、当該期間中にアクセスされたユニークブラウザ数をカウントし算出。

ページTOP

本件に関する報道機関からのお問合せ先
NTTレゾナント株式会社 広報担当:pr@nttr.co.jp

アーカイブ - gooサービス